また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

ヤマトリカブト(やまとりかぶと)

最終更新:2022-09-03 11:05 - jj1xgo
基本情報
キンポウゲ科トリカブト属の一種。関東地方西部と中部地方東部に多い。花柄の毛の種類はミヤマトリカブトと同じ屈毛だが、ヤマトリカブトは林内や低山草地に分布している。

鮮やかな青紫色のカブト形の花を付けるが、日本三大有毒植物の一つとされるほど毒が強いので、遠巻きに鑑賞するだけにすべきである。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

トリカブト(鳥兜・草鳥頭、学名:)は、キンポウゲ科トリカブト属の総称である。有毒植物の一種として知られる。スミレと同じ「菫」と漢字で表記することもある。ニリンソウ、ゲンノショウコ、ヨモギ、モミジガサなどと外見が似ているため誤食事故に注意を要する。
ドクウツギやドクゼリと並んで日本三大有毒植物の一つとされ、トリカブトの仲間は日本には約30種が自生している。沢筋などの比較的湿気の多い場所を好む。トリカブトの名の由来は、花が古来の衣装である鳥兜・烏帽子に似ているからとも、鶏の鶏冠(とさか)に似ているからとも言われる。英名の "" は「僧侶のフード(かぶりもの)」の意味。
多くは多年草である。草丈は80 -120センチメートルほどある。葉は深く3裂から5裂して、夏から秋に紫色のほか、白、黄色、ピンク色などの花を咲かせる。茎葉を傷つけても、特別な臭いや汁液が出るわけではない。
塊根を乾燥させたものは漢方薬や毒として用いられ、烏頭(うず)または附子(生薬名は「ぶし」、毒に使うときは「ぶす」)と呼ばれる。本来、「附子」は球根の周りに付いている「子ども」の部分。中央部の「親」の部分は「烏頭(うず)」、子球のないものを「天雄(てんゆう)」と呼んでいたが、現在は附子以外のことばはほとんど用いられていない。俗に不美人のことを「ブス」というが、これはトリカブトの中毒で神経に障害が起き、顔の表情がおかしくなったのを指すという説もある。

山の植物の用語

アオノツガザクラ アカメガシワ アカモノ アキノキリンソウ アケビ アケボノシュスラン アケボノソウ アサマフウロ アズマイチゲ アズマレイジンソウ アセビ イカリソウ イタヤカエデ イチヤクソウ イナトウヒレン イヌシデ イヌセンブリ イブキジャコウソウ イロハモミジ イワインチン イワウチワ イワウメ イワオウギ イワカガミ イワギキョウ イワザクラ イワシモツケ イワシャジン イワツメグサ イワヒゲ イワブクロ イワベンケイ ウサギギク ウスバサイシン ウスユキソウ ウツボグサ ウメバチソウ ウラシマツツジ ウラジロナナカマド ウルシ ウルップソウ エーデルワイス エゾウスユキソウ エゾコザクラ エゾシオガマ エゾノレイジンソウ エゾムラサキ エゾリンドウ エンシュウハグマ エンレイソウ オオサクラソウ オオシラビソ オオヒラウスユキソウ オオレイジンソウ オカトラノオ 翁草 オクトリカブト オサバグサ オゼソウ オタカラコウ オヤマノエンドウ オヤマリンドウ オンタデ カシワバハグマ カタクリ カッコソウ カツラ カメバヒキオコシ カライトソウ カラマツ カラマツソウ カリガネソウ キイチゴ キオン キタザワブシ キタダケソウ キタダケトリカブト キツネノカミソリ キツリフネ キハダ キバナシャクナゲ キバナハナネコノメ キンラン ギンラン ギンリョウソウ クガイソウ クサイチゴ クマイチゴ クマザサ クモマスミレ クモマグサ クモマナズナ クリンソウ クルマユリ クロベ クロマメノキ クロヤツシロラン クロユリ クワガタソウ グンナイフウロ ケヤキ ゲンノショウコ コイワカガミ 高山植物 コウシンソウ コウヤボウキ コウリンカ コオニユリ コケモモ コシノコバイモ コバイケイソウ コバノコゴメグサ コマクサ ゴゼンタチバナ サギソウ サクラソウ ササバギンラン ササユリ サザンカ サラサドウダン サラシナショウマ サワギク サワグルミ サワラ サンカヨウ 座禅草 シオジ シナノオトギリ シナノキ シナノキンバイ シモツケソウ シモバシラ シャクナゲ シュロソウ ショウジョウバカマ 白樺 シラタマノキ シラネアオイ シラネセンキュウ シラネニンジン シラヒゲソウ シラビソ シロウマアカバナ シロウマアサツキ シロウマタンポポ シロウマリンドウ シロバナウツボグサ シロバナヘビイチゴ シロヤシオ ジュウニヒトエ スギ ズダヤクシュ 節分草 センジュガンピ センノキ センブリ ゼンマイ ソバナ タカネグンナイフウロ タカネセンブリ タカネツメクサ タカネトリカブト タカネナデシコ タカネナナカマド タカネバラ タカネマツムシソウ タカネマンテマ タカネヤハズハハコ タテヤマウツボグサ タテヤマチングルマ タテヤマリンドウ タニウツギ タマガワホトトギス タマゴタケ タムラソウ タラノキ ダケカンバ チゴユリ チシマアマナ チシマギキョウ チシマフウロ チズゴケ チチブコウ チョウジギク チョウノスケソウ チングルマ ツガザクラ ツクモグサ ツタウルシ ツバキ ツマトリソウ ツユクサ ツリガネニンジン ツリフネソウ ツルニンジン ツルリンドウ テガタチドリ トウヤクリンドウ トチノキ トモエソウ トリアシショウマ トリカブト ナガバモミジイチゴ ナデシコ ナナカマド ナワシロイチゴ ナンタイブシ ナンブトウウチソウ ニガイチゴ ニガナ ニッコウキスゲ ニョホウチドリ ニリンソウ ネコノメソウ ネジバナ ハイマツ ハクサンイチゲ ハクサンコザクラ ハクサンシャクナゲ ハクサンタイゲキ ハクサンチドリ ハクサントリカブト ハクサンフウロ ハクバブシ ハシリドコロ ハッポウウスユキソウ ハッポウタカネセンブリ ハナイカリ ハナネコノメ ハヤチネウスユキソウ バイカオウレン バイカツツジ バイケイソウ バライチゴ バンダイクワガタ ヒカリゴケ ヒキオコシ ヒツジグサ ヒトツバカエデ ヒトリシズカ ヒナザクラ ヒノキ ヒメウスユキソウ ヒメコザクラ ヒメサユリ ヒメフウロ ふきのとう フクジュソウ フシグロセンノウ フジアザミ フタリシズカ フユイチゴ ブナ ヘビイチゴ ホウオウシャジン ホオノキ ホソバツメクサ ホソバトリカブト ホソバヒナウスユキソウ ホタルブクロ ホテイラン 舞茸 マイヅルソウ マツムシソウ マムシグサ マルバダケブキ ミズナラ 水芭蕉 ミソガワソウ ミゾホオズキ ミツガシワ ミツバ ミツバオウレン ミツバツツジ ミツバフウロ ミツマタ ミネウスユキソウ ミネカエデ ミネズオウ ミヤマアキノキリンソウ ミヤマアケボノソウ ミヤマアズマギク ミヤマウスユキソウ ミヤマウズラ ミヤマオダマキ ミヤマキリシマ ミヤマキンバイ ミヤマキンポウゲ ミヤマクワガタ ミヤマコゴメグサ ミヤマシオガマ ミヤマシャジン ミヤマタンポポ ミヤマダイコンソウ ミヤマダイモンジソウ ミヤマトリカブト ミヤマハンショウヅル ミヤマバイケイソウ ミヤマホツツジ ミヤマママコナ ミヤママンネングサ ミヤマムラサキ ミョウコウトリカブト ムラサキセンブリ メグスリノキ モミ モミジ モミジイチゴ モミジカラマツ ヤツガタケタンポポ ヤツタカネアザミ ヤドリギ ヤナギラン ヤマウルシ ヤマザクラ ヤマジノホトトギス ヤマトリカブト ヤマハハコ ヤマブキ ヤマブキショウマ ヤマブキソウ ヤマホトトギス ヤマユリ ヤマルリソウ ユキノシタ ユキワリソウ ヨゴレネコノメソウ ヨツバシオガマ リュウキンカ リンドウ リンネソウ ルリソウ レイジンソウ レンゲショウマ ワスレナグサ ワタスゲ ワラビ ワレモコウ

「ヤマトリカブト」 に関連する記録(最新3件)

富士・御坂
  35    2 
2023年09月27日(日帰り)
日光・那須・筑波
  45   37  2 
2023年09月25日(日帰り)
甲信越
  16    11 
マツ, その他2人
2023年09月24日(日帰り)
ページの先頭へ