また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

タマゴタケ(たまごたけ)

最終更新:2019-09-16 04:34 - syncra
基本情報
テングタケ科のキノコの一種

テングタケ科の中では数少ない美味な食用菌である。
強い毒性のベニテングタケとよく似ているが、ベニテングタケのヒダや軸は白色で、タマゴタケのヒダや軸は黄褐色である。
ベニテングタケは赤いカサに白い斑点が特徴的だが、この白い模様は雨で流れ落ちていることもあるため、斑点が無くても注意が必要。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

タマゴタケ卵茸Amanita caesareoides)は、ハラタケ目テングタケ科テングタケ属のテングタケ亜属タマゴタケ節に分類されるキノコの一種。従来の学名はA. hemibapha (Berk.& Br.) Sacc.だったが、近年の遺伝子レベルでの研究により変更された。ただし、遺伝子解析及び胞子の分析から、日本産のタマゴタケには外見上見分けがつかない未記載の隠蔽種(:w:Species complex参照)が存在することが判明している。狭義のタマゴタケは亜寒帯に生息し、隠蔽種は温帯に生息する。

山の植物の用語

アオノツガザクラ アキノキリンソウ アケビ アズマイチゲ アセビ イカリソウ イタヤカエデ イナトウヒレン イヌシデ イロハモミジ イワインチン イワウチワ イワカガミ イワツメグサ イワベンケイ ウサギギク ウスユキソウ ウメバチソウ ウルップソウ オカトラノオ 翁草 オサバグサ オンタデ カシワバハグマ カタクリ カッコソウ カツラ カラマツ カラマツソウ キオン キタダケソウ キツリフネ キバナシャクナゲ キンラン ギンラン ギンリョウソウ クガイソウ クモマグサ クリ クリンソウ クロベ クロヤツシロラン クロユリ クワガタソウ ケヤキ ゲンノショウコ コウリンカ コオニユリ コケモモ コバノコゴメグサ コマクサ ゴゼンタチバナ ササバギンラン ササユリ サザンカ サラサドウダン サワグルミ サワラ 座禅草 シオジ シナノキ シナノキンバイ シャクナゲ シュロソウ 白樺 シラタマノキ シラネアオイ シラビソ シロバナヘビイチゴ ジュウニヒトエ スギ ズダヤクシュ 節分草 センノキ 千振 ソバナ タカネナデシコ タニウツギ タマガワホトトギス タマゴタケ タラノキ ダケカンバ チゴユリ チチブコウ チングルマ ツガザクラ ツクモグサ ツバキ ツユクサ ツリガネニンジン ツリフネソウ ツルリンドウ トウヤクリンドウ トチノキ トモエソウ トリカブト ナデシコ ナナカマド ニガナ ニョホウチドリ ネコノメソウ ハイマツ ハクサンイチゲ ハクサンチドリ ハクサンフウロ ハシリドコロ ハナイカリ ハナネコノメ バイカオウレン バイケイソウ ヒトツバカエデ ヒトリシズカ ヒノキ ふきのとう フクジュソウ フシグロセンノウ フジアザミ フタリシズカ ブナ ホオノキ ホタルブクロ マイヅルソウ マツムシソウ マムシグサ マルバダケブキ ミズナラ ミツガシワ ミツバツツジ ミツマタ(三椏) ミネズオウ ミヤマキリシマ ミヤマキンポウゲ ミヤマシャジン ミヤマダイコンソウ ミヤマバイケイソウ ミヤマママコナ モミ モミジ ヤツタカネアザミ ヤドリギ ヤナギラン ヤマザクラ ヤマジノホトトギス ヤマトリカブト ヤマブキ ヤマブキソウ ヤマホトトギス ヤマユリ ヤマルリソウ ヨゴレネコノメソウ ヨツバシオガマ リンドウ レンゲショウマ

「タマゴタケ」 に関連する記録(最新3件)

葛城高原・二上山
  43    24 
2021年05月09日(日帰り)
奥秩父
  43    15 
2021年01月31日(日帰り)
関東
  33    10 
2021年01月17日(日帰り)
ページの先頭へ