また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

ニガナ(にがな)

最終更新:2015-10-11 16:22 - gutenmrgen
基本情報
キク科の多年草

花名の由来は、茎の白汁の苦味が強いことから。
以下の変種もお山でお馴染みである。
タカネニガナ、クモマニガナ、シロバナニガナ、ハナニガナ(オオバナニガナ)

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ニガナ(苦菜、黄瓜菜、学名:Ixeris dentata)は、キク科の多年草である。
路傍・田畑・山野に普通で環境により多形を示し、日本全土、東アジアの温帯〜亜熱帯に分布する。高さ約40〜70cmで、茎は上部が枝分れし白汁を有し、苦味が多く、和名の由来にもなっている。根出葉は柄が長く、茎葉は基部が茎を抱き、下のものほど細長い。
5〜7月に、黄色の5弁花に見える舌状花を5〜7個もつ頭花を散状に開く。雄蕊は筒状に合着し、先が二つに分かれた雌蕊を抱く。
沖縄料理で野菜として利用する「ニガナ」(ンジャナ)はホソバワダンという別種である。
調理法は汁物やかき揚げ、葉を細かく千切りにし、島豆腐とピーナッツで白和えにするのが一般的である。現在は苦味の少なく栽培されたものが市場に多く出回っているが、海辺で自生しているンジャナは苦味が強い。 沖縄県では昔、風邪で熱があるときはタイユ(鮒)と一緒に煮込み、煎じ薬として食べた(ターイユシンジー)。
沖縄民謡の童歌であるウーマクーカマデーの4番と5番ではンジャナバーとタイユが歌詞として出てくる。

山の植物の用語

アオノツガザクラ アキノキリンソウ アケビ アズマイチゲ アセビ イカリソウ イタヤカエデ イナトウヒレン イヌシデ イロハモミジ イワインチン イワウチワ イワカガミ イワツメグサ イワベンケイ ウサギギク ウスユキソウ ウメバチソウ ウルップソウ オカトラノオ 翁草 オサバグサ オンタデ カシワバハグマ カタクリ カッコソウ カツラ カラマツ カラマツソウ キオン キタダケソウ キツリフネ キバナシャクナゲ キンラン ギンラン ギンリョウソウ クガイソウ クモマグサ クリ クリンソウ クロベ クロヤツシロラン クロユリ クワガタソウ ケヤキ ゲンノショウコ コウリンカ コオニユリ コケモモ コバノコゴメグサ コマクサ ゴゼンタチバナ ササバギンラン ササユリ サザンカ サラサドウダン サワグルミ サワラ 座禅草 シオジ シナノキ シナノキンバイ シャクナゲ シュロソウ 白樺 シラタマノキ シラネアオイ シラビソ シロバナヘビイチゴ ジュウニヒトエ スギ ズダヤクシュ 節分草 センノキ 千振 ソバナ タカネナデシコ タニウツギ タマガワホトトギス タマゴタケ タラノキ ダケカンバ チゴユリ チチブコウ チングルマ ツガザクラ ツクモグサ ツバキ ツユクサ ツリガネニンジン ツリフネソウ ツルリンドウ トウヤクリンドウ トチノキ トモエソウ トリカブト ナデシコ ナナカマド ニガナ ニョホウチドリ ネコノメソウ ハイマツ ハクサンイチゲ ハクサンチドリ ハクサンフウロ ハシリドコロ ハナイカリ ハナネコノメ バイカオウレン バイケイソウ ヒトツバカエデ ヒトリシズカ ヒノキ ふきのとう フクジュソウ フシグロセンノウ フジアザミ フタリシズカ ブナ ホオノキ ホタルブクロ マイヅルソウ マツムシソウ マムシグサ マルバダケブキ ミズナラ ミツガシワ ミツバツツジ ミツマタ(三椏) ミネズオウ ミヤマキリシマ ミヤマキンポウゲ ミヤマシャジン ミヤマダイコンソウ ミヤマバイケイソウ ミヤマママコナ モミ モミジ ヤツタカネアザミ ヤドリギ ヤナギラン ヤマザクラ ヤマジノホトトギス ヤマトリカブト ヤマブキ ヤマブキソウ ヤマホトトギス ヤマユリ ヤマルリソウ ヨゴレネコノメソウ ヨツバシオガマ リンドウ レンゲショウマ

「ニガナ」 に関連する記録(最新3件)

赤城・榛名・荒船
  51    16 
2021年05月06日(日帰り)
金剛山・岩湧山
  55    10 
2021年05月06日(日帰り)
ページの先頭へ