また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2297 全員に公開 沢登り丹沢

神ノ川水系 矢駄沢

日程 2006年11月09日(木) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

11/09(木)
 東神奈川22:15=JR相模線原当麻駅=R413=0:30神ノ川林道ゲート前(泊)
11/10(金)
 6:00起床
 7:15発
 7:20矢駄沢橋(入渓)
 7:47F1−10m大滝
 7:50F2−10m滝
 7:53F3−2段10m滝
 8:00F4−15mナメ滝
 8:10二俣1(右俣がガレの堰堤になっている所。少し偵察して左俣へ)
 8:23F5−5m滝
 8:37二俣2(大こうげ沢出合)
 8:42林道
 9:00F6−二条15m滝
 10:40大こうげ(登山道 遡行終了)11:15
 11:21熊笹ノ峰手前分岐点(矢駄尾根下山口)
 12:10林道横断点
 12:44神ノ川林道(矢駄尾根終了点)
 12:51神ノ川林道ゲート=入浴(青根/ふれあいの湯)
コース状況/
危険箇所等
■矢駄沢
  ・遡行グレード:1級(個人的体感グレード)
■登山計画書ポスト
  ・神ノ川ヒユッテに施錠なしのポストあり。
   入山前に義務上提出し、管理人さん不在であったため
   下山後回収した。
ファイル 2297.xls 計画書 (更新時刻:2010/07/28 08:54)
過去天気図(気象庁) 2006年11月の天気図 [pdf]

写真

神ノ川林道ゲート前を出発
2006年11月10日 19:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神ノ川林道ゲート前を出発
入渓後4つの堰堤を乗り越したあとの4m滝
2006年11月10日 19:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入渓後4つの堰堤を乗り越したあとの4m滝
また高い堰堤が出てきた
2006年11月10日 19:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また高い堰堤が出てきた
F1−10m大滝。すぐ上にかかるF2と共に左(右岸)から簡単に巻ける。
2006年11月10日 19:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F1−10m大滝。すぐ上にかかるF2と共に左(右岸)から簡単に巻ける。
F2−10m滝(左から巻く)
2006年11月10日 19:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2−10m滝(左から巻く)
F3−2段10m滝も適当に登れる
2006年11月10日 19:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3−2段10m滝も適当に登れる
F3をへつるOさん
2006年11月10日 19:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3をへつるOさん
F4−15mナメ滝。なかなかきれいだ。
2006年11月10日 19:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F4−15mナメ滝。なかなかきれいだ。
最初の二俣。右俣はこのようにガレと堰堤。ここは左俣へ進む。
2006年11月10日 19:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の二俣。右俣はこのようにガレと堰堤。ここは左俣へ進む。
最初の二俣を左へ
2006年11月10日 19:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の二俣を左へ
すぐにある倒木のかかった滝
2006年11月10日 19:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにある倒木のかかった滝
F5−7m
2006年11月10日 19:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F5−7m
なかなか開けたよい沢だ
2006年11月10日 19:26撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか開けたよい沢だ
大こうげ沢との二俣。左俣へ進む。
2006年11月10日 19:26撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大こうげ沢との二俣。左俣へ進む。
犬越路へ続く林道を2本横切る
2006年11月10日 19:26撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬越路へ続く林道を2本横切る
2条15m滝。夏ならば水流直登といきたいところだが今回は右壁を登る(卦蕁
2006年11月10日 19:26撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2条15m滝。夏ならば水流直登といきたいところだが今回は右壁を登る(卦蕁
F7ルンゼ内滝
2006年11月10日 19:26撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F7ルンゼ内滝
最後は長いガレを登る
2006年11月10日 19:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は長いガレを登る
檜洞丸と犬越路の中間、大こうげ付近登山道に到着
2006年11月10日 19:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸と犬越路の中間、大こうげ付近登山道に到着
大こうげ東側にある矢駄尾根との分岐点
2006年11月10日 19:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大こうげ東側にある矢駄尾根との分岐点
稜線上から富士山が見えた
2006年11月10日 19:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上から富士山が見えた
矢駄尾根を下る
2006年11月10日 19:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢駄尾根を下る
ゲートに戻る
2006年11月10日 19:24撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートに戻る

感想/記録
by kamog

昨日の事故で軽いむち打ち状態のため
少しでも痛みを感じたら打ち切るつもりで予定通り遡行。
先週のミクボ沢に続き神ノ川水系第2弾といったところ。

神ノ川林道ゲート前に加害者保険会社が手配したレンタカーを置き
ゲートから5分の矢駄沢へ入る。
4つほど続く堰堤は左岸(右側)から巻き
小さな釜を持った滝は適当にへつって越す。
しばらく歩けばF1−10m(遡行本によると12m)。
すぐ上にもF2が見えるがほぼ垂直の滝で直登は無理そう。
今日は濡れたくないので右岸(左側)階段状の岩場を2つまとめて巻いた。
続く2段10m滝は右岸バンドをへつりながら登り
少し行けばなかなか美しい15mナメ滝。

その後、記録図には出ていない二俣っぽくなった場所にでる。
右俣は大きな堰堤とガレだが一応偵察してみると
さらに奥まで幾つかの木製堰堤が続いており
この二俣は左俣へ歩を進めた。
倒木のかかった滝は左右どちらも巻ける。

そして大こうげ沢との二俣。
大こうげ沢は堰堤が幾重にも掛かっている。
ここも左俣へ行けば、堰堤の上に新しい林道橋が横切る。
新道、旧道2本の林道を越えると樹林の中に小滝が見える。
いずれも容易に越せば、2条(右側の水流は細いが)15m滝。
本来ならば水流通しに登れるのであろうが
やはり濡れたくないので、右壁を慎重にフリーで登った。
この滝が結局この沢の中で一番難しく感じた。
初心者がいればロープを出す所であろう。

ルンゼ状と開けたゴーロ帯が続き
沢は早くも水涸れとなった。
あとはルンゼ状のガレを我慢して忠実に登ると
檜洞丸と犬越路のちょうど中間点、大こうげと呼ばれる1500m辺りの
登山道にひょっこりと飛び出して遡行終了。
下りは一般道である矢駄尾根をゆっくり下ってきた。
訪問者数:2835人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ