また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2357908 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

八ヶ峰 バリエーション周回

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年05月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
知見登山口の駐車地 今日は下山時で3台
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間25分
休憩
9分
合計
4時間34分
S八原登山口08:0508:59知井坂分岐09:0809:29八ヶ峰12:39八原登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

写真

知見集落の最後が登山口
2020年05月24日 08:06撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知見集落の最後が登山口
こちらの道は帰りに使うことになりました
2020年05月24日 08:06撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの道は帰りに使うことになりました
登山口はこの左です
2020年05月24日 08:06撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口はこの左です
ワラビがまだありました
2020年05月24日 08:09撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワラビがまだありました
3
ウラベニガサ
2020年05月24日 08:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラベニガサ
1
老菌なので裏が紅かどうか…
2020年05月24日 08:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
老菌なので裏が紅かどうか…
1
ギンリョウソウ
2020年05月24日 08:15撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
1
途中にスキー場跡があり、そこまでは広い登山道。
2020年05月24日 08:20撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にスキー場跡があり、そこまでは広い登山道。
マメホコリ
2020年05月24日 08:29撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マメホコリ
4
マツオウジ
2020年05月24日 08:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マツオウジ
1
ツガサルノコシカケ
2020年05月24日 08:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツガサルノコシカケ
2
らしいです
2020年05月24日 08:37撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
らしいです
ショウゲンジ?
2020年05月24日 08:38撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウゲンジ?
2
ツバがあります
2020年05月24日 08:38撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバがあります
1
新緑が美しい
2020年05月24日 08:39撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が美しい
この辺りがスキー場跡地
2020年05月24日 08:42撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りがスキー場跡地
ヒトクチタケ
2020年05月24日 08:45撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒトクチタケ
ブナノモリツエタケ?
2020年05月24日 09:27撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナノモリツエタケ?
1
八ヶ峰山頂
2020年05月24日 09:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ峰山頂
3
五波峠方面に向かいます
2020年05月24日 09:47撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五波峠方面に向かいます
池がありました
2020年05月24日 10:02撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池がありました
ショウロの仲間?
2020年05月24日 10:24撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウロの仲間?
1
キララタケ?
シワナシキオキナタケ?
2020年05月24日 10:44撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キララタケ?
シワナシキオキナタケ?
1
マムシがいました。隠れてます。
2020年05月24日 11:46撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシがいました。隠れてます。
ハイイロナメアシタケ?
2020年05月24日 11:49撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイイロナメアシタケ?
1
鉄塔のところあたりからは作業道が使えました
2020年05月24日 12:22撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔のところあたりからは作業道が使えました
あの一番奥の鉄塔のところから回ってきました
2020年05月24日 12:23撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの一番奥の鉄塔のところから回ってきました
1
ここに下りてきます
2020年05月24日 12:30撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに下りてきます
下りたら渡渉が待ってました
2020年05月24日 12:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りたら渡渉が待ってました
1
取り付き点に目印は無く
2020年05月24日 12:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付き点に目印は無く

感想/記録

今日は都道府県を跨がないでかつヒルがいないであろう京都の北、八ヶ峰に行ってきました。実は初めて登るこの山、登山道は分かりやすく歩きやすいルートでした。山頂には9:30に着いてこれでは早すぎるので、五波峠登山口方面に歩き、そこからバリエーションルートを経由して最後は鉄塔保守の作業道経由で戻ってきました。
下山時に初めて行く不確かなルートを歩くのはタブーです。なので難しければまた元に戻る覚悟で進みました。もっともロープやハーネスなど登攀道具も持って行ってましたから懸垂下降して着地するのは可能でその覚悟はしていましたが。

このコロナの間、「生と死の分岐点」(山と渓谷社刊)をまた読み返してました。分厚い本なのでまだ読み終えてませんが、改めて振り返るにはいい機会でした。
私はいつもヘルメットを被っていて、これが低山を歩いていると「ヘルメット?沢登りですか?」と聞かれます。ヘルメットを被る理由は上記の本にも書いてあるのですが、人間の頭蓋骨というのは4〜7mmくらいの厚さしかなく、これは大きさの比率では卵と同じくらいらしいです。つまり卵を強く当てる、あるいは鋭利なものが当たると簡単に殻が割れますが、それと人間の頭蓋骨は同じ程度の強度しかないと考えたからです。
実際、私がかつて遭難者の捜索のお手伝いをしていたとき、何人もの遭難死された事件を目にしてきましたが、道迷いした挙句、あるいはバランスを崩しての滑落で頭部を負傷して命を落とされるパターンがほとんどです。いずれももしヘルメットを被っていれば助かっていた可能性が高くなっていたでしょう。

そういうことが頭に入っていると、ヘルメットなしで歩くのはとても不安です。また同行者がヘルメットなしですと、もしここでバランスを崩して滑落したらどこで頭を打つか?と考えてしまいます。
そういうことはほぼ100%杞憂に終わるのですが、その0.01%か分かりませんが杞憂に終わらないことがあります。
コロナの時は「遭難したら捜索する人や医療機関の人たちに迷惑がかかる」ということで登山は自粛になっていたのですが、そもそも遭難するのは絶対にやってはいけないことなのです。もし遭難したら救助してもらおう、なんてことは幸運なだけで、実際には救助の甲斐なく命を落とす、あるいは捜索しても見つからない、ということもとても多いのです。
解除になって登山に戻っても、やはり遭難は絶対に起こさない、そのような危険からは距離を置く、ということを強く意識しないとと改めて思っています。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:188人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ