また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2387541 全員に公開 ハイキング 葛城高原・二上山

七合目から尾根を登り今日も道迷いで帰路は鳶塚

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月09日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
自転車
道の駅ふたかみパーク當麻に駐輪
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間47分
休憩
26分
合計
3時間13分
S道の駅ふたかみパーク當麻13:3814:20目標位置15:17四叉路15:45ながめ坂15:5816:08鳶塚16:2116:50道の駅ふたかみパーク當麻16:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
道の駅 加守神社 目標位置 尾根道 四叉路 ながめ-雄岳R合流 ながめ坂 鳶塚 道の駅
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

#01 登山口柵
本日は暑い。築山から道の駅の手前の南大阪線の高架に行くまで、普通は自転車をこぎつづけて横断側道を押し自転車するのだが、今日は三回もその前で押し自転車した。
2020年06月09日 13:54撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#01 登山口柵
本日は暑い。築山から道の駅の手前の南大阪線の高架に行くまで、普通は自転車をこぎつづけて横断側道を押し自転車するのだが、今日は三回もその前で押し自転車した。
1
#02 目標位置
2020年06月09日 14:03撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#02 目標位置
1
#03 目標位置
雄岳七合目まで、何回立ち止まり休憩したことだろう?
2020年06月09日 14:20撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#03 目標位置
雄岳七合目まで、何回立ち止まり休憩したことだろう?
1
#04 雄岳七合目から尾根道へ行く。奥には道が有りそうだが入口は竹藪。
ここでは無かった?
2020年06月09日 14:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#04 雄岳七合目から尾根道へ行く。奥には道が有りそうだが入口は竹藪。
ここでは無かった?
1
#05 途中の尾根道
明確な道は無い
2020年06月09日 14:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#05 途中の尾根道
明確な道は無い
1
#06 ちょっと道らしい
余り印が無い
2020年06月09日 14:46撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#06 ちょっと道らしい
余り印が無い
1
#07 やっと道らしき道に出会った
が地獄の始まりだった。やはりここがどうも分岐で、GPSではMono-さんは下の道からここへ登り、hihin2さんは上へ登ったような気がする。下の方に道が有るようなので下りたが、下りるのが大変なことが分かり、一旦登って休憩していたら、また下に道が有るようなで下りたけど、やはり無理だと分かり、再度登り切った。
2020年06月09日 14:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#07 やっと道らしき道に出会った
が地獄の始まりだった。やはりここがどうも分岐で、GPSではMono-さんは下の道からここへ登り、hihin2さんは上へ登ったような気がする。下の方に道が有るようなので下りたが、下りるのが大変なことが分かり、一旦登って休憩していたら、また下に道が有るようなで下りたけど、やはり無理だと分かり、再度登り切った。
1
#08 悪戦苦闘の末、道が有った。やはり道迷いは登るのが正解か?ポールの先ゴムを外しても危険で、若い木にしがみついて登った。
2020年06月09日 15:13撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#08 悪戦苦闘の末、道が有った。やはり道迷いは登るのが正解か?ポールの先ゴムを外しても危険で、若い木にしがみついて登った。
1
#09 道が有り、その道を行くと、木を横に並べてある。行くなの印か?でもそこを通り過ぎると、見た風景の四叉路だ。前回ここから逆に行った時も道迷いしたが、今回はもう少し下の処で道迷いした。
2020年06月09日 15:15撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#09 道が有り、その道を行くと、木を横に並べてある。行くなの印か?でもそこを通り過ぎると、見た風景の四叉路だ。前回ここから逆に行った時も道迷いしたが、今回はもう少し下の処で道迷いした。
1
#10 ここが七合目の道へ行くだったの?まだもう一回検証しないと断定出来ない。
振り返ると行くなと木で塞いでいるとしか思えない
2020年06月09日 15:16撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#10 ここが七合目の道へ行くだったの?まだもう一回検証しないと断定出来ない。
振り返ると行くなと木で塞いでいるとしか思えない
1
#11 四叉路の分岐だ
前日は木の後ろを登り失敗した。今日はその右の木を並べている所へ道迷いの末に出た。
2020年06月09日 15:17撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#11 四叉路の分岐だ
前日は木の後ろを登り失敗した。今日はその右の木を並べている所へ道迷いの末に出た。
1
#12 場所を変えて四叉路の分岐
2020年06月09日 15:19撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#12 場所を変えて四叉路の分岐
1
#13 木が横たわっているのが、道迷いから這い上がってきた道です。
2020年06月09日 15:22撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#13 木が横たわっているのが、道迷いから這い上がってきた道です。
1
#14 ながめ坂方向の道です
2020年06月09日 15:22撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#14 ながめ坂方向の道です
1
#15 下方向です。道のようにも見える?
瀧大神方面?
2020年06月09日 15:24撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#15 下方向です。道のようにも見える?
瀧大神方面?
1
#16 ながめさ-雄岳ルートが下に見える
2020年06月09日 15:36撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#16 ながめさ-雄岳ルートが下に見える
1
#17 四叉路へ行く道です
2020年06月09日 15:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#17 四叉路へ行く道です
1
#18 右は鳶塚方面です
2020年06月09日 15:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#18 右は鳶塚方面です
1
#19 鳶塚山頂前の大岩
2020年06月09日 16:11撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#19 鳶塚山頂前の大岩
1
#20 鳶塚山頂
2020年06月09日 16:13撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#20 鳶塚山頂
2
#21 三叉路です
瀧大神行きも含めたら四叉路
2020年06月09日 16:26撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#21 三叉路です
瀧大神行きも含めたら四叉路
1
#22 ふるさと公園の噴水です
2020年06月09日 16:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
#22 ふるさと公園の噴水です
2

感想/記録

前回6/7に大岩分岐と鳶塚分岐の中間の枝道から目標位置へ行くつもりが、四叉路からのコースをミスした為に道迷いをした為に、今回は同じコースだが逆を行った。hihin2さんのGPSをスマホに設定しようとしていたら、明日から雨ということで、急遽出かけたので、完全に準備不足でした。しかもヤマレコは設定していたにもかかわらず、途中から動作し始めました。同時進行のYAMAPとスーパー地形は正常に動作しています。最近ヤマレコの記録はバグっていることが時々見かけます。
四叉路から目標位置へのコースは2通りあるようでオレンジ道は上のコースでmono-さんは下のコースです。前回6/7はオレンジ道のさらに上のコースを行き道迷いの末に戻ろうとして上に登り事なきを得ました。今回はオレンジ道の下を行ったみたいで、道迷いの末に2回ほど上下して最終的には上に登り道が有り、そこには木が山済みにされていました。結局どの道が正解かもう一度確かめないと中途半端で終わります。でも結果として目的は達成したので満足しています。
取り敢えずこれまでで公開します。今日は疲れました。
後カシミールで私のGPS軌跡とhihin2さんやmono-さんの軌跡と見比べて復習します。
追記
6/10からやはり雨が降り始めました。これから山行が梅雨明けまで行けなくなるの思うと拍手された方の山行を見たく見ていたら、higaeri-naraさんのニックネームに興味を持ち山行を見ましたら、有りました。20/03/29の二上山・大岩&洞窟ですが、祐泉寺-岩屋峠ルートへ下った山行で興味津々でしたが、こちらのレコ(20/03/07二上山 三大奇跡の最後の一つの洞窟冒険の夢が叶う)を参考にしたとのことで、私の山行を参考にされたみたいで、うれしい限りです。梅雨明け後にこのルートを冒険したいと思います。
追記2
#15の枝道は20/06/03の#16の分岐道に繋がり、さらに進むとmono-さんが七合目に行かれた下の道のようです。GPS軌跡を確認して分かりました。雄岳・出会い広場の西側には3つの道が有りますが、ここにも並行した道が有るようです。探検の材料が増えました。まず易しいそうな上の道を確認して、下の道も確認したい。ただ冒険が好きなmono-さんの道なので初心者には無理かも?
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:125人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2020/1/21
投稿数: 4
2020/6/10 13:45
 七合目からの尾根を登るついて
尾根を登り切った場所は多分私の7枚目の写真で弥周さんの10枚目の写真と同じです。私も最後は枝をくぐり抜けてそこで休憩しましたから
多少のズレがあるとしても4交叉分岐点のすぐ近くでした。
やはり下るのは危険と判断されてふさがれているのかも?
私もキツイ登りだったことだけは覚えています。
登録日: 2019/2/19
投稿数: 82
2020/6/10 17:54
 コメントありがとうございます。
#08の右(東)の斜面を下往2上往3していて、やっとたどり着いたら枝木を並べてあって、道が違うのかなと思っていましたが、合っていたんですね。次回は#08の道を通るように下りるか登るか再度確認しようと思います。下りるのは危険を伴うので再度七合目からの出発かな?なお今回のルートはヤマレコのオレンジ道ルートですが、その下のmono-さんルートが有り今回の道迷いの原因になりました。
なお話は変わって最近まで二上山の目当ては滝塔窟でしたが、一応目的を達成したので次は何にしようかと思っていたら、Thunder_birdさんとmono-さんの四叉路通過コースと水神-大津皇子陵裏コースが、特にmono-さんの動画を見て刺激を受けました。そしてhihin2さんの山行を知り、これからの目当てはhihin2さんの山行の模倣です。七合目-四叉路コースの解明・水神-大津皇子陵裏コース・あと20/0404の「東尾根でなく沢跡を登って鉄の階段付近へ」とさとやまのすくねさんの14/08/05二上山新道発見で最後は鉄の階段よりちょっと下りた所に上がってくるコースと比較しながら行くコースを参考に、今年は冒険しようと思います。
でも一歩間違えば今回も前回も遭難事故にもつながりかねない経験をしたので準備万端で冒険しようと思います。その前にhihin2さんのGPS軌跡をスマホでも見えるようにして冒険しようと思います。丁度今日から梅雨入りしたようで、梅雨入りの時間を利用して地図を完成させ冒険しようと思います。またアドバイスよろしくお願いします。
追記
hihin2さんのプロフィールを拝見させてもらうと、jastoldさんにも劣らず元気で活動されているんですね!私は七十になる前に畝傍山の動画とさとやまのすくねさんのブログを見て始めましたが、最近は二上山の虜になってしまいました。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

GPS 枝道 道迷い 先ゴム 高原 山行 梅雨
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ