また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2396913 全員に公開 ハイキング 霊仙・伊吹・藤原

梅雨の晴れ間に伊吹北尾根

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年06月17日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国見峠路肩の空き地
滋賀県側は舗装されているが林道で、狭く落石も有り
岐阜県側は広い道で、走り易かった
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
22分
合計
4時間27分
S国見峠08:1709:10国見岳09:1409:47大禿山09:5510:26御座峰10:3010:59大禿山11:33国見岳12:19鉈ヶ岩屋12:2512:44国見峠12:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天空の遊歩道のイメージ
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

滋賀県側から狭い林道走行で国見峠到着
2020年06月17日 08:14撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滋賀県側から狭い林道走行で国見峠到着
林道脇の空き地、正面に伊吹山
2020年06月17日 08:17撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇の空き地、正面に伊吹山
1
国見岳登山口
2020年06月17日 08:17撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳登山口
この案内板が有ると安心
2020年06月17日 08:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この案内板が有ると安心
初夏の花咲く季節
2020年06月17日 08:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初夏の花咲く季節
1
最初に向かう国見岳
2020年06月17日 08:25撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に向かう国見岳
1
鉈ヶ岩屋分岐、帰りに寄ってみよう
2020年06月17日 08:33撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉈ヶ岩屋分岐、帰りに寄ってみよう
春日の集落
2020年06月17日 09:02撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春日の集落
1
国見岳到着
2020年06月17日 09:09撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳到着
1
伊吹山方面
2020年06月17日 09:10撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山方面
2
北アルプス遠望
2020年06月17日 09:12撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス遠望
4
次に行く大禿山
2020年06月17日 09:34撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に行く大禿山
1
大禿山到着、国見岳を振り返る
2020年06月17日 09:47撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大禿山到着、国見岳を振り返る
2
次に行く御座峰
2020年06月17日 09:48撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に行く御座峰
2
伊吹山頂上のレストハウスが見えた
2020年06月17日 09:51撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山頂上のレストハウスが見えた
1
御座峰へと続く天空の遊歩道
2020年06月17日 10:07撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御座峰へと続く天空の遊歩道
1
御座峰到着
2020年06月17日 10:21撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御座峰到着
1
御座峰から下って大禿山に登り返し
2020年06月17日 10:36撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御座峰から下って大禿山に登り返し
1
梅雨の晴れ間、気持ちの良い青空
2020年06月17日 10:43撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅雨の晴れ間、気持ちの良い青空
1
大禿山から一旦下って、また登り返して国見岳へ
2020年06月17日 10:57撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大禿山から一旦下って、また登り返して国見岳へ
2
鉈ヶ岩屋を見に行こう
2020年06月17日 12:16撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉈ヶ岩屋を見に行こう
登山道から少し外れた所に岩屋
2020年06月17日 12:17撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道から少し外れた所に岩屋
国見峠に帰着
2020年06月17日 12:43撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見峠に帰着

感想/記録

梅雨の晴れ間に、以前から行きたかった伊吹北尾根に、出かけました。
春の花の時期に行きたいと思っていましたが、自粛で行く機会を失していて、花はほとんど終わっていました。
快晴で、比較的涼しい天気だったので、遠くは北アルプスまで見通せて、誰もいない天空の尾根道を、国見峠から御座峰まで気持ちよく歩けました。帰りに国見岳で一組のご夫婦にお会いしただけでした。
最後に、行きにパスした鉈ヶ岩屋も見にいきましたが、急な坂を下ったところにあって、また登り返すのが疲れました。
今回は、花の季節から外れていたので、御座峰から先は来春の楽しみに取っておこうと思っています。



お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:378人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/21
投稿数: 97
2020/6/18 15:39
 花はなくとも眺望よし
伊吹北尾根ですね。
確か私が行ったのは5月下旬だったと思いますがその時も若干花の最盛期を過ぎていました。
今回はコロナに邪魔されたために花がたくさん見られなかったのは残念。でも晴天のもとで展望に恵まれてよかったと思いますよ。なかなか槍ヶ岳までは見えませんからね。
私の時は国見峠まで車が入れず下から鉈ヶ岩屋経由で登りました。あそこは確かに急登でした。
登録日: 2012/4/7
投稿数: 61
2020/6/18 19:42
 Re: 花はなくとも眺望よし
Motaさん、春の花は終わっていましたが、すっきり晴れた青空の下、展望を楽しみながら歩けました。国見峠からと国見スキー場からとでは、登りのきつさは全然違うと思います。Motaさんの山行記では岩屋も紹介されていたので、自分も行ってみました。あの急坂を楽々登られたのは凄いと思いました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 梅雨
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ