また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 240146 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走妙高・戸隠・雨飾

雨飾山(雨飾山荘泊)

日程 2012年10月27日(土) [日帰り]
メンバー
 CEI
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
in長野道安曇野インターチェンジ2時間
out北陸道糸魚川インターチェンジ50分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

0920雨飾山荘
0945難所のぞき
1035一ぷく処
1120中の池
1210笹平分岐
1240雨飾山頂1250
1305笹平で休憩1325
1330笹平分岐
1410中の池
1450一ぷく処
1530難所のぞき
1600雨飾山荘
過去天気図(気象庁) 2012年10月の天気図 [pdf]

写真

雨飾山荘の登山口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨飾山荘の登山口。
1
登山口の近くの紅葉はもう少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の近くの紅葉はもう少し。
1
難所のぞき。ここから薬師尾根。神難所沢を見られるようになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難所のぞき。ここから薬師尾根。神難所沢を見られるようになります。
だんだん紅葉が深く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん紅葉が深く。
3
山頂方面は少し雲がかかってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面は少し雲がかかってます。
アルミのハシゴ場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルミのハシゴ場。
鬼ヶ面山(左側)、鋸岳(右側)。鉱度倉沢側。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ面山(左側)、鋸岳(右側)。鉱度倉沢側。
2
糸魚川市街から日本海。右端は駒ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
糸魚川市街から日本海。右端は駒ヶ岳。
3
登山道修復用のゴムの階段ステップ材。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道修復用のゴムの階段ステップ材。
1
笹平からの雨飾山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹平からの雨飾山頂。
雨飾山北峰。石仏群があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨飾山北峰。石仏群があります。
雨飾山頂(双耳峰の南峰)。こちらに山名標。焼山は雲に隠れていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨飾山頂(双耳峰の南峰)。こちらに山名標。焼山は雲に隠れていました。
7
山頂から見下ろす笹平。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から見下ろす笹平。
5
笹平から見下ろす荒菅沢。燃えるようにきれいです。小谷温泉側ルートの人気の理由が分かります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹平から見下ろす荒菅沢。燃えるようにきれいです。小谷温泉側ルートの人気の理由が分かります。
2
笹平の広場でランチ。東京レンガパン、カップスープ、ドライカレー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹平の広場でランチ。東京レンガパン、カップスープ、ドライカレー。
1
雨飾山荘に下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨飾山荘に下山。
内湯。いいお湯。2〜3人でいっぱいですが、空いてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内湯。いいお湯。2〜3人でいっぱいですが、空いてます。
5
缶ビール(\400)と鬼ヶ面山。山荘前のベンチで。夕暮れ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
缶ビール(\400)と鬼ヶ面山。山荘前のベンチで。夕暮れ。
2
夕食。18時。おかずの種類が多くて豪華。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食。18時。おかずの種類が多くて豪華。
4
朝食。5時(当日登山者)と7時(当日登山なし)のスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食。5時(当日登山者)と7時(当日登山なし)のスタート。
4

感想/記録
by CEI

■アプローチ
雨飾山に登るには、長野県小谷村小谷温泉からのコースと、新潟県糸魚川市の雨飾温泉からのコースがあります。時間が短い小谷温泉からのルートがメジャーですが、紅葉時期の混雑を避けたくて、雨飾温泉からのコースを選びました。

長野道安曇野インターチェンジから国道148号線を北上して、2時間で雨飾温泉。
糸魚川世界ジオパークのジオサイトのひとつが雨飾山となっていて、案内看板がしっかり出ています。
道路はきれいに舗装されていて、走りにくいところはありません。
ただ、集落を抜けてから最後の6kmほどは狭く、対向車とのすれ違いに気を使います。

雨飾山荘の駐車場は直下に10台ほど。さらに下側にも駐車スペースがあります。
宿泊客も日帰りの登山客も共用で、8時45分の到着ですでに15台ほどが停まっていました。

■薬師尾根
雨飾山荘の脇から登山道が始まります。水場、トイレ(100円)はここだけで、この先にはありません。9時20分、登山開始。
登り始めの紅葉はもう少しといった感じですが、高度を上げるにつれて黄色と赤色がだんだん濃くなってきます。
25分ほど登りが続いて難所のぞき。神難所沢と鉱度倉沢との間の薬師尾根に出ます。ここからは神難所沢をのぞくことができます。反対側の鉱度倉沢側には駒ケ岳、鬼ヶ面岳、鋸岳の岩稜がきれいに見えます。
平坦なところが少ないコースで、ひたすら登り続けます。ハシゴもいくつか登ります。きついことはきついのですが、晴天に紅葉がきれいに映えて、飽きません。
一ぷく処、中の池を過ぎて、3時間弱で笹平分岐に到着。
ここから小谷温泉からのルートと合流。人が多く賑やかになります。

■雨飾山頂
笹平では落葉樹が途切れ、その名のとおり笹の緑の中を歩きます。
小谷温泉側の荒菅沢を見下ろすことができますが、素晴らしい紅葉でした。
この荒菅沢の紅葉の中を歩けることを考えれば、小谷温泉からのルートが人気があるのもよく分かります。
最後に山頂に続く岩場を登って、雨飾山頂に到着。
双耳峰になっていて、北峰と南峰がすぐ近く(1〜2分の距離)に並び立ちます。
北峰には日本海に向かって石仏が置かれ、最高峰である南峰には山名標が建てられています。山頂は遮るものがなく、眺望がひらけていますが、この日は風が強く、長く過ごすと若干寒くなりました。

■ランチ〜下山
しばらく山頂で過ごしたあと笹平まで下りて、広場で昼食を摂ります。
東京あんぱん豆一豆「東京レンガパン」。こしあんとホイップクリームが入ったレンガ型のあんパンです。前日にいただいたものを持ってきました。美味しいです。
定番のクノールカップスープとサタケのドライカレー。持ってきた山専ボトルのお湯が少しぬるくなっていたのですが、周囲が寒かったので身体が温まりました。

笹平分岐で小谷温泉への道を分けてから、再び人が少なくなって、紅葉の中を快適に下山します。ただ、なにぶんにも下りが長いので、ヒザや太ももの疲労は避けられません。

■雨飾山荘
16時に雨飾山荘に下山しました。
今日はこちらに泊めてもらいます。1泊2食9,000円。
山荘の前のベンチで缶ビール(400円)を飲みながら、夕暮れを過ごしました。
温泉は、内風呂が男1女1、露天「都忘れの湯」混浴1。とてもいいお湯で、何回も入りました。30人程度の宿泊客がいたのですが、その割りにいつも空いてました。
登山客が主体の宿なので、温泉目当てで泊まられる方が少なく、1回入るだけの人が多いのかもしれません。
夕食は18時、消灯は21時。消灯後も廊下と風呂の電気は付いています。
朝食は5時(登山者)と7時(非登山者)。
1グループに1部屋が割り振られ、相部屋はないとのことです。
スタイルはまさに山小屋なのですが、クルマで入ることができますし、食事も美味しくて、個室。温泉旅館に近い感じです。

■まとめ
東京からは登山口まで遠いので、前泊か後泊があったほうがラクです。
今日の行程は6時間40分。うち休憩は30分。12,000歩でした。
訪問者数:3860人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ