また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2405611 全員に公開 ハイキング 関東

奥久慈男体山 * 深緑の岩登り *

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月21日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候○ 天気 : 曇り。
○ 風速 : 普通(5m/s程度)。
○ 気温 : 涼しめ(22℃くらい)。
○ 視程 : やや短め。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
○ 往路(約135km)
 ・08:45 {自宅} - 10:25 里美富士登山口
  ※高速利用 : 桜土浦IC〜那珂IC
 ・10:45 里美富士登山口 - 11:05 里美生産物直売所
 ・11:50 里美生産物直売所 - 12:25 大円地駐車場

○ 復路(約107km)
 ・12:00 大円地駐車場 - 15:30 金砂の湯
 ・16:25 金砂の湯 - 18:30 {自宅}
  ※高速利用:那珂IC〜桜土浦IC
  ※途中、夕食の時間を含む(30分)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間19分
休憩
7分
合計
2時間26分
S大円地駐車場12:3213:46奥久慈男体山13:5214:19大円地越14:2014:50一般・健脚コース分岐14:58大円地山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※参考地図(大子町ハイキングマップ):
http://www.town.daigo.ibaraki.jp/data/doc/1536296801_doc_82_1.pdf

○ CT(標準) : 02時間30分 ※大子町ハイキングマップより
○ CT(実績) : 02時間15分 (休憩含まず)
コース状況/
危険箇所等
○ 大円地登山口のすぐ先の橋が10m程度崩落しており、一部登山道が
  通行禁止となっています(が、僕らは復路のみ自己責任で通過しました)。
○ 健脚コースは岩場・鎖場が連続する急登コース(所謂健脚コースとは
  違います)ですが、ホールドが豊富なため、基本的にはそこまで
  難しくないと思います。但し、この日は雨後のためよく滑りました。
○ その他、特に危険を感じる場所はありませんでした。
○ 7名のハイカーの方とすれ違いました。
その他周辺情報(1) トイレ
  大円地駐車場

(2) 登山ポスト
  大円地駐車場

(3) 入浴施設
 下山後「金砂の湯」の日帰り入浴を利用しました。肌に良いとされる
 天然水を沸かしたお風呂(温泉ではないみたいです)でさっぱりしました。
  ※営業時間 : 10:00 〜 20:00(現在コロナ対策で17時までの時短営業中)
  ※料金 : 800円/人(休日)、600円/人(平日)(木曜定休日)
  ※参考HP : http://www.kanko-hitachiota.com/sp/page/page000096.html
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス GPS 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ

写真

諸事情(後述)により、急遽予定変更を余儀なくされ、奥久慈男体山(おくくじなんたいさん:654m)に登ることに。
2020年06月21日 12:24撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諸事情(後述)により、急遽予定変更を余儀なくされ、奥久慈男体山(おくくじなんたいさん:654m)に登ることに。
6
昨年5月以来、約1年振りに岩襖を拝みます。
2020年06月21日 12:27撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年5月以来、約1年振りに岩襖を拝みます。
4
大円地のこの辺りの雰囲気が大好きです。
2020年06月21日 12:28撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大円地のこの辺りの雰囲気が大好きです。
10
ところがっ!(恐らく昨年の台風19号の爪痕でしょう)この先の道が崩落しているため、通行禁止となっていました。
2020年06月21日 12:29撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところがっ!(恐らく昨年の台風19号の爪痕でしょう)この先の道が崩落しているため、通行禁止となっていました。
15
仕方ないので、少し迂回して滝倉登山口から登ることにしました。なんか今日はついてないな(笑)。
2020年06月21日 12:40撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕方ないので、少し迂回して滝倉登山口から登ることにしました。なんか今日はついてないな(笑)。
3
大円地から登ると一般コースと健脚コースが選べますが、滝倉から登ると健脚コース一択となります。尤も、ここの健脚コースは所謂健脚ではなく険しいことを意味しています。
2020年06月21日 12:42撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大円地から登ると一般コースと健脚コースが選べますが、滝倉から登ると健脚コース一択となります。尤も、ここの健脚コースは所謂健脚ではなく険しいことを意味しています。
5
いきなり急登(男体山名物)が始まります。
2020年06月21日 12:48撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり急登(男体山名物)が始まります。
6
深緑に包まれながら正面の岩襖を目指します。滝倉からは初めて登りましたが、なかなか良いコースでした。
2020年06月21日 12:53撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深緑に包まれながら正面の岩襖を目指します。滝倉からは初めて登りましたが、なかなか良いコースでした。
5
大円地登山口からの登山道と合流しました。
2020年06月21日 13:00撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大円地登山口からの登山道と合流しました。
1
その先から岩が出てきます。
2020年06月21日 13:07撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先から岩が出てきます。
13
雨後のせいか、少し濡れていて滑ります。
2020年06月21日 13:08撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨後のせいか、少し濡れていて滑ります。
16
露岩の展望台から眺め。正面の少し尖ったのは、3月に登った盛金富士(もりがねふじ:341m)でしょうか。
2020年06月21日 13:10撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
露岩の展望台から眺め。正面の少し尖ったのは、3月に登った盛金富士(もりがねふじ:341m)でしょうか。
13
さて、一休みしたので、、、
2020年06月21日 13:14撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、一休みしたので、、、
10
あそこまでもう一登りしますか。
2020年06月21日 13:11撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこまでもう一登りしますか。
8
シモツケソウが咲いてました(ピント合ってませんが)。
2020年06月21日 13:15撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シモツケソウが咲いてました(ピント合ってませんが)。
24
オカトラノオも咲いてました。
2020年06月21日 13:23撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オカトラノオも咲いてました。
13
そして、鎖場。
2020年06月21日 13:28撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、鎖場。
15
終わりかけですがニッコウキスゲも咲いていました。
2020年06月21日 13:37撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終わりかけですがニッコウキスゲも咲いていました。
28
着いたー、山頂!
2020年06月21日 13:45撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いたー、山頂!
23
筑波山(つくばさん:877m)は雲で見えませんでした。
2020年06月21日 13:46撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波山(つくばさん:877m)は雲で見えませんでした。
7
三度目の頂。なんだかんだで年に一度は訪れている山です。
2020年06月21日 13:52撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三度目の頂。なんだかんだで年に一度は訪れている山です。
12
迷った挙句、やはり馴染みのある大円地越え経由で大円地に下ることにしました。
2020年06月21日 14:12撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷った挙句、やはり馴染みのある大円地越え経由で大円地に下ることにしました。
7
ちょっとした不思議空間の大円地越え。
2020年06月21日 14:18撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした不思議空間の大円地越え。
5
今日は時間がなくて行けませんが、高取岩(たかとりいわ:460m)方面にも一度行ってみたい。
2020年06月21日 14:20撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は時間がなくて行けませんが、高取岩(たかとりいわ:460m)方面にも一度行ってみたい。
2
一瞬日差しが出てきましたが、またすぐに曇ってしまいました。
2020年06月21日 14:38撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬日差しが出てきましたが、またすぐに曇ってしまいました。
10
往路は迂回した崩落現場(踏み跡あり)をトラバースして越え、無事下山しました。
2020年06月21日 14:55撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路は迂回した崩落現場(踏み跡あり)をトラバースして越え、無事下山しました。
5
す、吸い込まれる〜(茶屋に)。下山後のコーラが格別でした。
2020年06月21日 14:56撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
す、吸い込まれる〜(茶屋に)。下山後のコーラが格別でした。
6
【おまけ】いつもの「湯ノ澤鉱泉」が16時までだったので、「金砂の湯」で汗を流しました。
2020年06月21日 15:36撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【おまけ】いつもの「湯ノ澤鉱泉」が16時までだったので、「金砂の湯」で汗を流しました。
10

感想/記録

前回の猿ヶ城沢で味を占めた僕らは、今度は薄葉沢を遡行しようと、再び
県北は里美地区まで足を運んだ訳ですが、ここで予期せぬできごとが。

登山口に、オレンジ色のベストを着た年配の男性が一人、こちらに不安げな
眼差しを向けて立っていました。その片手に持つ青い包みにくるまれた長物の
中身がライフルであることに気付くのに1秒とかかりませんでした。
地元の猟友会の方だったのです。

害獣(猪)の駆除を行っているため、沢には入らない方が良いとのこと。

そ、そんな〜(涙)。。。もはや沢は諦めるしかありませんでした。

県北には登っていない山がまだまだ沢山あるので、そのうちのどれかに
予定変更できれば良かったのですが、こんな日に限って薄葉沢以外の地図を
持参しておりませんでした(軽量化が裏目に出ました)。

つくばに戻って、宝篋山(ほうきょうさん:461m)にでも登ろうかな・・・。
一旦はそう傾きかけたときに、ひとつだけ地図を見なくても登れる曾遊の
山が近くにあることを思い出しました。

奥久慈男体山(おくくじなんたいさん:654m)です。

これまでに二度登っており、大円地を起点に周回するコースであれば、凡その
道の雰囲気は覚えているのに加えて、ショートコースなので今から向かっても
そう遅すぎない時間に下山できそうでした。

かくして、貴重な梅雨の晴れ間(曇りでしたが)を無駄にせずに済みました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:599人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/4
投稿数: 534
2020/6/22 6:32
 お疲れ様です。
piazzollaさん、お久し振りです。
私もライフル?狩猟の方が行きかうところを登ったことがありましたが、注意とは言われずそのまま登ってしいました。流石、害獣箇所と言われれば回避せざるを得ないですね。奥久慈男体山は岩稜登りでスリリングがある山のようです。それはそれでお楽しみで良かったのではないでしょうか。梅雨時の晴れ間の土曜日は各地でにぎわいがあったようです。私も晴れ間を狙って出かけることを予定しています。ではまた。
登録日: 2014/5/12
投稿数: 144
2020/6/22 21:19
 Re: お疲れ様です。
gijinさん、ご無沙汰しております。
昔、奥武蔵の山で猟友会の方に会ったことがありますが、そのときは特に
注意とかも無かったです。今回は沢筋だったのに加えて狩猟犬を放っていたので、
NGだったのかもしれません。
gijinさんもコンスタントに山に登られているようでなによりです。
僕らの行く山からは富士が見えないことが多いので、いつもgijinさんの
記録を読んで富士を見た気になっています(笑)。

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ