また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2425221 全員に公開 ハイキング 剱・立山

鍬崎山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年07月05日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間18分
休憩
35分
合計
7時間53分
Sあわすのスキー場09:0209:29龍神の滝09:3010:28瀬戸蔵山10:3511:21大品山11:2211:25あわすの分岐11:2513:37鍬崎山14:0515:34あわすの分岐15:3516:12貯水池16:1316:57あわすのスキー場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

あわすのスキー場、横のここからスタート。今日はスキー場にたくさん人がいた。
2020年07月05日 09:08撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あわすのスキー場、横のここからスタート。今日はスキー場にたくさん人がいた。
滝の横を通る。
2020年07月05日 09:29撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の横を通る。
まず、瀬戸倉山の山頂。ここまで1時間半もかかり、疲れた。
2020年07月05日 10:28撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず、瀬戸倉山の山頂。ここまで1時間半もかかり、疲れた。
有峰湖が見える。
2020年07月05日 10:56撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有峰湖が見える。
大品山山頂。展望が無い。これで帰る予定だったが、鍬崎山に思い切って行くことに決める。
2020年07月05日 11:08撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大品山山頂。展望が無い。これで帰る予定だったが、鍬崎山に思い切って行くことに決める。
1
あわすの分岐。鍬崎山、ここからコースタイム2時間半。迷うが、行くことにする。
2020年07月05日 11:28撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あわすの分岐。鍬崎山、ここからコースタイム2時間半。迷うが、行くことにする。
1
途中の雲海。
2020年07月05日 11:48撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の雲海。
1
鍬崎山山頂。長かった。疲れ果てた。
2020年07月05日 13:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍬崎山山頂。長かった。疲れ果てた。
1
山頂に来たのはいいが、10度。寒い。
2020年07月05日 13:59撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に来たのはいいが、10度。寒い。
ちょっとだけ、景色が見える。
2020年07月05日 15:00撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ、景色が見える。
1
帰り、湖の横、方向間違わないように。
2020年07月05日 16:12撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り、湖の横、方向間違わないように。
スキー場が見えた。これで安心。
2020年07月05日 16:32撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場が見えた。これで安心。

感想/記録

帰りが大変だった。1500Mぐらいのところから大雨。暗くなり、滑りやすく、先はまだまだ長く、時間は遅め。1400Mぐらいのところで獣の唸り声みたいなものが聞こえる。引き返す選択肢は無いので、手で鈴を鳴らしながら、通過。生きた心地がしない。さらに、熊が爪を研いだ木を発見。まだ新しい。スマホのライトをつけることにする。左手に鈴、右手にスマホ、後で思ったが、手を振らないと、足が遅い。遅いから余計に疲れる。水もかなり前から無くなった。これで、もし道に迷っていたら、と考えると恐ろしい。スキー場が見えて、生きて戻れて良かったと思った。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:296人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雲海 鎖場
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ