また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2428731 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 剱・立山

鍬崎山(嵐のマッターホルンへ)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年07月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
マイカーであわすのスキー場の駐車場まで。
この時期はガラガラ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間43分
休憩
23分
合計
6時間6分
Sあわすのスキー場05:2805:54龍神の滝06:0106:42瀬戸蔵山07:07大品山07:1307:15あわすの分岐09:08鍬崎山09:1710:33あわすの分岐11:01貯水池11:0211:33あわすのスキー場11:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆あわすのスキー場〜瀬戸蔵山
・あわすのスキー場のゲレンデ脇に登山道がある。
・道は整備されていて危険個所はないがそれなりに急登。

◆瀬戸蔵山〜大品山
・少しアップダウンはあるがのんびりハイキングコース。
・ブナの森が素晴らしい。

◆大品山〜鍬崎山
・大品山から一旦100mほど下るがあとは尾根沿いを基本登るだけ。
・登山道は狭いが特に歩き辛いところもなくてわかりやすい。
・雨の日はぬかるんでいるので登山靴だと厳しいかもしれない。

◆鍬崎山からあわすのスキー場(下山)
・下山は大品山から貯水池を超えるルートを歩いたがゲレンデトップからボトムまでは登山道ではなくゲレンデを歩いたほうが速い。

写真

今日は雨の鍬崎山でトレーニング山行。
2020年07月11日 05:27撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は雨の鍬崎山でトレーニング山行。
来季から休業となるあわすのスキー場からアプローチ
2020年07月11日 05:28撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来季から休業となるあわすのスキー場からアプローチ
登りは瀬戸蔵山へ抜けるコースを選んだ。
2020年07月11日 05:41撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは瀬戸蔵山へ抜けるコースを選んだ。
この橋を超えると・・・
2020年07月11日 05:41撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋を超えると・・・
百間滑。連日の雨でも増水していなかった
2020年07月11日 05:42撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百間滑。連日の雨でも増水していなかった
3
水場もある。
2020年07月11日 05:48撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場もある。
杉の巨木がある
2020年07月11日 06:00撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の巨木がある
地元愛が感じられるルートだった
2020年07月11日 06:00撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地元愛が感じられるルートだった
ピンボケだが竜神の大杉。
立山杉だ。
2020年07月11日 06:00撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンボケだが竜神の大杉。
立山杉だ。
2
ほぼ階段で整備されまくり
2020年07月11日 06:12撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ階段で整備されまくり
瀬戸蔵山到着。
雨風強すぎ〜
2020年07月11日 06:42撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀬戸蔵山到着。
雨風強すぎ〜
でも雨にはブナがよく映える
2020年07月11日 07:00撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも雨にはブナがよく映える
4
そしてほどなくして大品山到着。
基本冬しか来ない
2020年07月11日 07:07撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてほどなくして大品山到着。
基本冬しか来ない
1
鍬崎山へ向かう途中にあった馬鹿でかい立山杉。
2020年07月11日 07:39撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍬崎山へ向かう途中にあった馬鹿でかい立山杉。
3
サンカヨウブルーベリー
2020年07月11日 07:48撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウブルーベリー
1
富山平野方面は晴れてきた
2020年07月11日 07:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山平野方面は晴れてきた
2
ツクバネソウ
2020年07月11日 08:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツクバネソウ
ゴゼンタチバナ
2020年07月11日 08:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
1
弥陀ヶ原から落ちる滝。
称名滝ではない
2020年07月11日 08:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原から落ちる滝。
称名滝ではない
2
独標の鎖場。
夏は大したことない。
2020年07月11日 08:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標の鎖場。
夏は大したことない。
1
ピークが見えてきた。
2020年07月11日 08:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークが見えてきた。
1
立山弥陀ヶ原。
弥陀ヶ原ホテルも見える。
2020年07月11日 08:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山弥陀ヶ原。
弥陀ヶ原ホテルも見える。
1
こちらはケーブルカーの美女平駅
2020年07月11日 08:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはケーブルカーの美女平駅
富山平野と富山湾
2020年07月11日 08:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山平野と富山湾
6
山頂に近づくにつれてガスってきた
2020年07月11日 08:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に近づくにつれてガスってきた
ツマトリソウ
2020年07月11日 08:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
無事登頂!
風は強い。
2020年07月11日 09:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事登頂!
風は強い。
5
山頂にひっそりと咲いていたハクサンシャクナゲ
2020年07月11日 09:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にひっそりと咲いていたハクサンシャクナゲ
4
下山開始。
すっかり雨はあがった。
2020年07月11日 09:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始。
すっかり雨はあがった。
3
モミジカラマツ
2020年07月11日 09:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ
1
涼しくて歩きやすい
2020年07月11日 09:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涼しくて歩きやすい
4
ダケカンバの森
2020年07月11日 09:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバの森
4
大品山のブナの森
2020年07月11日 10:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大品山のブナの森
5
ここから貯水池ルートへ入る
2020年07月11日 10:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから貯水池ルートへ入る
そして貯水池。
冬は見通しが良いが夏はほとんど見えない
2020年07月11日 11:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして貯水池。
冬は見通しが良いが夏はほとんど見えない
お馴染みの景色だ
2020年07月11日 11:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お馴染みの景色だ
あわすのスキー場のゲレンデトップに到着
2020年07月11日 11:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あわすのスキー場のゲレンデトップに到着
ゲレンデを歩いてショートカット。
2020年07月11日 11:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデを歩いてショートカット。
1
終始貸切でした。
お疲れさまでした!
2020年07月11日 11:36撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終始貸切でした。
お疲れさまでした!

感想/記録

梅雨も本番、今日もそれなりに雨が降りそう。
このところの大雨で全国的に大きな土砂災害が多発している。

北陸は今のところ平和だが山は当然土砂崩れが起きやすいので慎重に行先を選ぶ。
結果としてアプローチも登山道も安全な鍬崎山に白羽の矢を立てた。
ここなら行き慣れているしそれほど山奥ではないので問題ない。

前夜のうちにスタート地点となるあわすのスキー場まで入って車中泊。
既に雨脚も風も強くて寝てる間も風で車が揺れていた。

どちらにしても今日は体力づくりのお茶濁し山行。
5時に起床して明るくなってからスタート。
出だしから雨で時折バケツをひっくり返したような勢いになる。
登りでカッパを着ると暑いので今日も濡れる前提で沢装備で来た。

まずはあわすのスキー場のゲレンデ脇を登って瀬戸蔵山を目指す。
整備バッチリで危険個所はない。
むしろ階段だらけで整備され過ぎ感もあった。(贅沢)
このルートはよくトレランでも使われているようなので走りやすく整備してあるのかもしれない。

瀬戸蔵山に登り上げると今度はお隣の大品山までほぼ平行移動。
細かいアップダウンはあるがブナ林歩きが気持ちいい。
昔はらいちょうバレーのゴンドラを使うことで楽に歩くことができたが確か撤去されてしまったので今は自分の足で登るしかないはずだ。

大品山では風が更に強くなりブナの木が倒れそうな勢いで揺れていた。
鍬崎山は更に600m以上標高が上がるが大丈夫だろうか。
だが風は南風だ。
登山道は北側についているので鍬崎山自身が風除けになってくれるはず。
多分大丈夫だろう、もしダメなら引き返せばよい。

登山道もかなりぬかるんでいたが沢靴なのでバシャバシャ濡れながら歩いていく。

独標はスキーだとかなり苦労するが夏場は鎖もあるし手掛かりもしっかりしているので無問題。
サクッとこなしてペース良く登っていった。

山頂直下では雨が止んでくれたものの周囲はガスガス。
残念ながら眺望はなかったがそれも織り込み済みだ。
風も懸念していたほどではなく割と余裕をもって登ることができた。

花はあまりなかったがゴゼンタチバナ、ツマトリソウ、ハクサンシャクナゲが咲いていた。

山頂で写真を撮ったら下山開始。
雨もすっかり止んで涼しい登山道を気持ちよく歩かせてもらった。

終わってみれば6時間のお茶濁し山行だったが思ったより天気にも恵まれて充実していた。
やっぱり山は登ってみなければわからない。

結局今日は誰にも会わず貸切状態だったし・・・富山のマッターホルン万歳!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:818人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ