また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2431237 全員に公開 ハイキング 丹沢

広沢寺付近より唐沢峠、鐘ヶ嶽へ

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年07月12日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ 雨上がりでかなり蒸し暑い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
広沢寺駐車場の先にある石切場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち35%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
1時間22分
合計
5時間55分
Sスタート地点09:4409:57二の足林道ゲート09:5910:03山の神沢広場10:27不動尻10:4112:04唐沢峠12:3213:20不動尻13:2913:59山ノ神分岐14:0814:33鐘ヶ嶽14:5315:10山ノ神分岐15:26山の神沢広場15:31二の足林道ゲート15:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
広沢寺駐車場先の石切場を起点とし、林道、不動尻経由で唐沢峠ベンチに至り、昼食を取って戻る。帰路途中に鐘ヶ嶽に寄り、ピークも踏んでおくというプラン
コース状況/
危険箇所等
通行上の危険箇所は無し。痛恨の事前準備不足でヒル被害多数発生!

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 ストック 水3ℓ
共同装備 サーモス山専ボトル
備考 ヤマビルファイターを久しぶりに使う際は、事前に使えるかどうかのチェック必須

写真

石切場に車を停めてスタートします。広沢寺駐車場横を通り過ぎましたが、数台しか止まっておらず、かなり閑散とした雰囲気です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石切場に車を停めてスタートします。広沢寺駐車場横を通り過ぎましたが、数台しか止まっておらず、かなり閑散とした雰囲気です。
久しぶりの二の足林道ゲート。ここまでの林道登りで息切れしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの二の足林道ゲート。ここまでの林道登りで息切れしています。
林道上の倒木。枝打ちはされており、迂回せずに下をくぐれます。昨年の倒木は処理されていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道上の倒木。枝打ちはされており、迂回せずに下をくぐれます。昨年の倒木は処理されていました。
不動尻に到着し休憩。雨上がりで蒸し暑く、汗が吹き出します。ここで、ヤマビルファイターを出しましたが、まさかの目詰まりで、殆ど吹き付けできません。諦めるしかないですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動尻に到着し休憩。雨上がりで蒸し暑く、汗が吹き出します。ここで、ヤマビルファイターを出しましたが、まさかの目詰まりで、殆ど吹き付けできません。諦めるしかないですね。
2
気を取り直して唐沢峠に向かいます。台風時の倒木等は片付けられ、階段も新しく整備されていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を取り直して唐沢峠に向かいます。台風時の倒木等は片付けられ、階段も新しく整備されていました。
1
唐沢峠を目指して登っていきます。既にヒルとの戦い入っています。久しぶりのせいか、足が全く前に進んでいきません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢峠を目指して登っていきます。既にヒルとの戦い入っています。久しぶりのせいか、足が全く前に進んでいきません。
ここで、左手のトラバース道に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、左手のトラバース道に向かいます。
汗だくになりながら、何とかベンチに到着。不動尻からベンチまでの間、行き交った人は3人。今日の最大目標である昼飯休憩を取ります。ヒルチェックし数匹を撃退。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
汗だくになりながら、何とかベンチに到着。不動尻からベンチまでの間、行き交った人は3人。今日の最大目標である昼飯休憩を取ります。ヒルチェックし数匹を撃退。
3
唐沢峠ベンチから三峰方面を見ています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢峠ベンチから三峰方面を見ています
トンネル手前の鐘ヶ嶽入口。ここから鐘ヶ嶽に寄り道していきます。1時間強程度のピストンで、ここに戻って来る見込み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル手前の鐘ヶ嶽入口。ここから鐘ヶ嶽に寄り道していきます。1時間強程度のピストンで、ここに戻って来る見込み。
1
鐘ヶ嶽山頂に到着。誰一人行き交わず、山頂ベンチにも滞在者はいませんでした。ただし、ヒルは多数蠢いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘ヶ嶽山頂に到着。誰一人行き交わず、山頂ベンチにも滞在者はいませんでした。ただし、ヒルは多数蠢いていました。
3

感想/記録
by Tevhid

コロナなどの影響で気が付けば、最後の山行からは約5ヶ月間の空白。
このエリアを歩き始めてから、最大のブランクとなってしまいました。
再開プランは無難に唐沢峠ベンチで昼飯を食べ、鐘ヶ嶽を歩いて回る安心コース
にしてみました。
高湿度で今一つなコンディションに加え、予想していた通り、登りに差し掛かると、足が前に進む感じがしません。結局、休憩ばかり繰り返してしまいました。
加えて、痛恨のヤマビルファイターが目詰まりで使えず、強引に突撃するも、ヤマビルにまとわり付かれ、終始ヒルとの戦いになってしまいました。
暑さへの慣れも含めて、徐々に体を慣らしていきたいと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:116人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ