また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2554459 全員に公開 沢登り 甲信越

井戸小屋沢右俣 途中敗退(山岳会山行)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月06日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー17人
天候井戸小屋沢右俣:曇り→小雨
アクセス
利用交通機関
電車
車は吾作新道登山口駐車スペースに駐車しました。
(※林道はデコボコなので車高の低い車は注意!!)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間22分
休憩
15分
合計
2時間37分
S吾作新道登山口駐車スペース05:5606:01吾策新道登山口06:13入渓地点(堰堤の上流部)06:59撤退地点(万太郎本谷の魚止の滝の少し上)07:1008:17入渓地点(堰堤の下流部)08:2108:29吾策新道登山口08:33吾作新道登山口駐車スペースG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 沢登り装備1式
共同装備 (ヤマパン所属山岳会の1班に対して) 30mロープ 予備ロープ(20m〜30m) ハーケン×2~3 ロックハンマー×2 アルパインクイックドロー×4〜6 捨て縄×3〜4 ナイフ ファーストエイドキット ツエルト トランシーバー

写真

吾作新道登山口駐車スペースで沢登り交流会開会の挨拶
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾作新道登山口駐車スペースで沢登り交流会開会の挨拶
2
堰堤が見えてきた
2020年09月06日 06:07撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤が見えてきた
流木が邪魔で通り抜けできないので左岸から巻きました
2020年09月06日 06:09撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流木が邪魔で通り抜けできないので左岸から巻きました
直登前にへつる人
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登前にへつる人
2
魚止の滝の少し上流で休憩し継続か撤退か相談する
2020年09月06日 06:58撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚止の滝の少し上流で休憩し継続か撤退か相談する
関越トンネル換気口の背景はガスっている・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関越トンネル換気口の背景はガスっている・・
1
下山はたくさん泳ぎました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はたくさん泳ぎました
2
下山時は堰堤を突破
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時は堰堤を突破
2
皆無事に下山完了
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆無事に下山完了
1
銀山平へ移動して北ノ又川に入渓
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀山平へ移動して北ノ又川に入渓
1
苔生した岩
2020年09月06日 11:59撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔生した岩
3
箱淵の入口
2020年09月06日 13:48撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱淵の入口
2
箱淵の出口の滝が見えるところまでいってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱淵の出口の滝が見えるところまでいってきました
4
この後、ハングのところでドボンw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後、ハングのところでドボンw
1
じっと見てます
2020年09月06日 14:35撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じっと見てます
2
この後、飛び込むAさん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後、飛び込むAさん
撮影機材:

感想/記録

今回は県連の沢登り交流会で井戸小屋沢右俣を遡行することになった。会で参加者を募るとメンバー10人+メンバー友人2人の12人と大人数になったため5人と7人の2班編成で臨むことにした。(当日は主管の山岳会メンバー7人+他1人も加わり20人での遡行となった。)
9/6、吾作新道登山口駐車スペースで挨拶を交わし早々に出発。吾作新道登山口を通り過ぎ、前日の雨?で流木が堆積している堰堤下流からは入渓できず堰堤を左岸から巻いて堰堤上流部から入渓。入渓後しばらくすると小雨が降ってきたがそのまま遡行継続。歩くこと1時間弱で魚止の滝に到着。直登する者と高巻く者に分かれ滝を突破したところで遡行継続か敗退か相談して主管グループのリーダー判断で撤退することにした。(稜線上がガスっていてお昼から天候回復傾向の予報通りなるのかわからないことや、小雨が降り続いていることからの増水の危険、井戸小屋沢へ入ったら逃げ場が無いこと、大人数での山行で時間がにかかる等のリスクがあったので撤退判断は良かったと思います。)

主管山岳会のリーダーが、早々の下山で物足りないだろうということで車で銀山平まで移動して北ノ又川を案内してくれました。箱淵まで綺麗な景色を見ながらのんびり沢歩き。箱淵では飛び込んだりへつったり泳いだりと皆それぞれ楽しんでました。私は箱淵の出口の滝が見えるところまで空身で泳いでいってきました。(いつか本流を遡行する日が来るのだろうか・・)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:314人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2020/9/8
投稿数: 1
2020/9/9 0:00
 沢登り交流会お疲れ様でした。
yama_pound様
沢登り交流会お疲れ様でした。主幹山岳会のIです。

井戸小屋沢右俣途中で中止となり残念でした。
最後尾を歩きながら大変悩みましたが中止の判断をしました。
湯沢町の方は青空だし天気予報では良い天気のはずでしたが
やはり谷川の天気は読めません。

開始時に取り合えず井戸小屋沢出会いまで行って様子を見てと考えたのですが
直ぐに中止を決めていれば米子沢に転進する時間もあっただろうと後悔しています。
山形から参加されている事を考えると大変申し訳ないなと思い、北ノ又川を
提案した次第です。

yama_pound様と何時か沢をご一緒できたらと思っています。

去年行った北ノ又川本流の記録です。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2556232.html
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1413
2020/9/9 12:59
 Re: 沢登り交流会お疲れ様でした。
Iさん、こんにちは。
主管リーダーお疲れさまでした。

天気ばかりはどうにもなりませんねー・・・今回のメンバーの中に日頃の行いが悪い人がいたんでしょう(笑)
中止は残念でしたが、判断は良かったと思います。(うちの会のメンバーは強くないので!)
今回、万太郎本谷の入渓地点〜魚止の滝と北ノ又川の入渓地点〜箱淵を経験できたことはいつかそれぞれの沢を遡行するときに役に立つと思います。ありがとうございました。

そうですね、いつか沢をご一緒したいですね!
その時はよろしくお願いします。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ