また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2576125 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 磐梯・吾妻・安達太良

谷地平と駕篭山稲荷神社(微温湯温泉から往復)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月19日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
微温湯温泉の登山道入り口そばに駐車。
県道は一部くねくねですが全線舗装されています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間42分
休憩
47分
合計
9時間29分
Sスタート地点(微温湯温泉)05:2407:31浄土平07:4008:27姥地蔵09:54谷地平湿原10:1711:19駕篭山稲荷神社11:2512:13姥地蔵12:34酸ガ平分岐13:05浄土平13:1414:53ゴール地点(微温湯温泉)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
05:24【標高900m 微温湯温泉登山口(駐車)】
07:31〜07:40【標高1580m 浄土平】
08:26【標高1770m 姥ヶ原駕篭山稲荷神社分岐】
09:29【標高1490m 谷地平駕篭山稲荷神社分岐】
09:54〜10:17【標高1500m 谷地平イルカ池】
10:25【標高1490m 谷地平駕篭山稲荷神社分岐】
11:19〜11:25【標高1786m 駕篭山稲荷神社】
12:13【標高1770m 姥ヶ原駕篭山稲荷神社分岐】
12:34【標高1760m 酸ガ平分岐】
13:05〜13:14【標高1580m 浄土平】
14:53【標高900m 微温湯温泉登山口(駐車)】
コース状況/
危険箇所等
微温湯〜浄土平は所々モシャモシャしたところもありますが道は明瞭です。
その他はよく整備されています。
ありがとうございます。
ルート図はGPSも参照にしての手書きです。
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

写真

登山道の様子です(5:56)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の様子です(5:56)。
灌木帯に入るまでは展望のない道ですが、一瞬小富士が見えます(6:21)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木帯に入るまでは展望のない道ですが、一瞬小富士が見えます(6:21)。
2
笹のトンネルのような箇所もあります(6:27)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹のトンネルのような箇所もあります(6:27)。
2
屈曲を過ぎて灌木帯です(6:40)。枝が張り出しますが道ははっきりしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屈曲を過ぎて灌木帯です(6:40)。枝が張り出しますが道ははっきりしています。
1
ラクダ山を背景にヤマハハコです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラクダ山を背景にヤマハハコです。
2
振り返れば福島盆地と女神山(中央)、千貫森(右端)です(6:56)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば福島盆地と女神山(中央)、千貫森(右端)です(6:56)。
2
左を見上げると小富士です(7:00)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左を見上げると小富士です(7:00)。
スカイラインからラクダ山です(7:19)。「窓を開けないでください」の標識のあたりですが...。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイラインからラクダ山です(7:19)。「窓を開けないでください」の標識のあたりですが...。
1
谷地平南歩道を進んで大倉川で戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷地平南歩道を進んで大倉川で戻ります。
2
谷地平のイルカ池(sakusakuhiroさんのレコより命名)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷地平のイルカ池(sakusakuhiroさんのレコより命名)です。
5
ウメバチソウはこんな風になるのですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメバチソウはこんな風になるのですね。
2
樹間(駕篭山稲荷の鳥居の手前)から東大巓だと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間(駕篭山稲荷の鳥居の手前)から東大巓だと思います。
1
樹間(駕篭山稲荷の鳥居の手前)から谷地平。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間(駕篭山稲荷の鳥居の手前)から谷地平。
1
樹間(駕篭山稲荷の鳥居の上)からニセ烏帽子(左)と兵子(右)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間(駕篭山稲荷の鳥居の上)からニセ烏帽子(左)と兵子(右)です。
1
駕篭山稲荷神社です。裏手まで行ったのですが、谷地平が見えることに気付かずでした...。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駕篭山稲荷神社です。裏手まで行ったのですが、谷地平が見えることに気付かずでした...。
3
スカイラインから少し下ったところの特徴的な枯れ木と小富士です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイラインから少し下ったところの特徴的な枯れ木と小富士です。
途中横切る小沢からの小富士です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中横切る小沢からの小富士です。
1

感想/記録
by komaQ

微温湯→浄土平はchan-reiさんの2020年7月26日のレコとYKA0805さんの2020年8月2日のレコを参考にしました。情報ありがとうございます。
●微温湯→浄土平 道は明瞭です。標高1350mの屈曲の手前は笹が張り出しています。この屈曲以降は灌木帯となり笹はなくなりますが、小枝が張り出してきます。スカイラインが近づくと木もなくなりますが、踏まれた道として認識できます。所々のピンクテープや岩のペンキも目印になります。スカイラインを渡ってからの方がわかりにくいかもです。
●浄土平→姥ヶ原駕篭山稲荷神社分岐 言うに及ばずです。
●姥ヶ原駕篭山稲荷神社分岐→谷地平 刈り払いも含め整備されていますが、苔むした岩は滑りやすいです。渡渉は石伝いで大丈夫でした。谷地平への木道の手前から左へ刈り払いがあり、sakusakuhiroさんの2020年6月7日のレコに記載の谷地平南歩道です。大倉川まで行ってみました。川向こうにもオレンジテープがあり刈り払いされているように見えました。sakusakuhiroさんのレコにある石碑を見逃してしまいました...。
●谷地平→駕篭山稲荷神社 渡渉は石伝いに可能でした。道は明瞭です。鳥居から山頂までは少し笹がかぶっていました。山頂は眺めがない(わずかに安達太良の鉄山と矢筈森が見え、樹間から東吾妻が見えました)と思っていたので、sakusakuhiroさんの2020年6月27日のレコを帰ってから見てちょっとがっかりでした。神社の裏までは行ったのですけど...。
●駕篭山稲荷神社→姥ヶ原駕篭山稲荷神社分岐 整備されています。地形図1760mの!マーク付近と1760mの露岩を除けば眺めもなく淡々と歩きます。
●姥ヶ原駕篭山稲荷神社分岐→浄土平 言うに及ばずです。
●浄土平→微温湯 浄土平からの下り口は朝来た時に比べて刈り払いされていました。スカイラインを渡ってからは、道路標識のところから進み、テープやペンキの他に、先の5mくらいの長さの柱のような棒、その先の立派な枯れ木、も目印になりそうです。標高1340mの地形図破線分岐は赤テープはありますが、道ははっきりしません。
●ぬる湯温泉旅館二階堂 日帰り入浴は何時までかわかりません。今回は15時を少し過ぎてでしたが二つ返事で可でした。ずっとつかっていることのできる不思議なお風呂です。変わった味がしました→含アルミニウム泉とのことで納得です。シャワー付き洗い場が2か所あります。

微温湯→浄土平 どなたにも会わず。
浄土平→谷地平 どなたにも会わず。
谷地平→鎌沼 谷地平を出るときに2人組とすれ違いました。
鎌沼→浄土平 多くの人とすれ違いました。
浄土平→微温湯 スカイラインを横切って下ってすぐ、登ってくる単独行とすれ違いました。浄土平に駐車して微温湯まで往復(下って登る)されたそうです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:139人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ