また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2632828 全員に公開 ハイキング 奥秩父

滝子山(寂ショウ尾根登りスミ沢下り)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月06日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場:
桜森林公園に10台ほど駐車可能

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間6分
休憩
16分
合計
6時間22分
S桜森林公園08:2408:31寂惝苑入口分岐09:01大鹿林道横断点(南稜)12:08滝子山12:2412:33鎮西ヶ池14:03浜立山分岐14:14道証地蔵14:46桜森林公園14:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースタイム詳細:
桜森林公園8:24―寂ショウ庵8:35―大鹿林道横断9:01―稜線到着11:42―滝子山12:08/12:24―鎮西ヶ池12:33―大谷ヶ丸分岐12:37―大谷ヶ丸分岐12:46―迂回路/難路分岐(上側)13:09―曲り沢峠分岐13:16―迂回路/難路分岐(下側)13:31―浜立山分岐 14:03―道証地蔵14:14―大鹿林道分岐14:30―桜森林公園14:46
コース状況/
危険箇所等
危険個所:
寂ショウ尾根の終盤の岩場はやや危険。
この尾根は遭難事故の話が多いようです。しかし最近は以前と違ってマーキングが多くなっておりこの状況で道間違えなどはないと思われます。

不明個所
なし。

道の様子:
寂ショウ尾根は岩場があり両手を使用する場面もあるのでストックなどはしまっておいた方がよい。
帰りの沢沿いの道は上から崩れた土砂で斜めになっていて歩きにくい場所がある。また落ち葉で道型が分かり難いところがある。

装備

個人装備 軍手 軍足 防寒着 雨具 保温シート コンパス ヘッドランプ 小型ライト 予備電池 筆記用具 地図(地形図) ガイド地図 ファーストエイドキット 保険証 ラジオ 携帯 時計 サングラス ストック カメラ 大型ビニール袋 ロープ 非常食 熊鈴 呼子
備考 水:
1.8リットル持参し約1.0リットルほど消費。

写真

8:24 桜森林公園出発。ここは標高615メートルほどなのでまだまだ暑いかと思っていたが曇っていたのでTシャツ1枚では寒いくらいだ。
2020年10月06日 08:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:24 桜森林公園出発。ここは標高615メートルほどなのでまだまだ暑いかと思っていたが曇っていたのでTシャツ1枚では寒いくらいだ。
3
寂ショウ庵付近の道。
2020年10月06日 08:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寂ショウ庵付近の道。
9:01 大鹿林道横断地点。前方奥の石垣の切れたところの左に道が続いている。
2020年10月06日 09:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:01 大鹿林道横断地点。前方奥の石垣の切れたところの左に道が続いている。
寂ショウ尾根の前半の様子はこんな感じ。
2020年10月06日 09:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寂ショウ尾根の前半の様子はこんな感じ。
1
色々なキノコが目に付く。
2020年10月06日 10:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色々なキノコが目に付く。
1
10:30 寂ショウ尾根の岩場が出てきた。
2020年10月06日 10:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:30 寂ショウ尾根の岩場が出てきた。
2
雨宿り可能そうだが熊も来そう。
2020年10月06日 10:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨宿り可能そうだが熊も来そう。
5
11:42 標高1547メートルの滝子山と浜立山の中間の稜線に到着。
2020年10月06日 11:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:42 標高1547メートルの滝子山と浜立山の中間の稜線に到着。
2
ツキヨタケ(毒キノコ)の群生。他にも沢山これがあった。
2020年10月06日 11:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツキヨタケ(毒キノコ)の群生。他にも沢山これがあった。
3
滝子山の5分程手前の道。
2020年10月06日 11:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝子山の5分程手前の道。
12:08 滝子山山頂に到着。
三角点はこの東約150mの展望の無いピークにある。
2020年10月06日 12:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:08 滝子山山頂に到着。
三角点はこの東約150mの展望の無いピークにある。
5
滝子山山頂からの大月方面の眺望だがガスでイマイチ。
2020年10月06日 12:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝子山山頂からの大月方面の眺望だがガスでイマイチ。
滝子山山頂から北側の眺望。ピークは大谷ヶ丸。
他の方向はガスで見えない。天気予報は晴れだったが曇りなので残念。
2020年10月06日 12:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝子山山頂から北側の眺望。ピークは大谷ヶ丸。
他の方向はガスで見えない。天気予報は晴れだったが曇りなので残念。
1
12:28 ここは滝子山山頂東側数分のところにある分岐で大谷ヶ丸と書いてある方面に行けば鎮西ヶ池や道証地蔵、笹子方面である。
2020年10月06日 12:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:28 ここは滝子山山頂東側数分のところにある分岐で大谷ヶ丸と書いてある方面に行けば鎮西ヶ池や道証地蔵、笹子方面である。
12:33 白縫神社と鎮西ヶ池。
2020年10月06日 12:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:33 白縫神社と鎮西ヶ池。
1
鎮西ヶ池にはなぜか柄の長い杓子。
2020年10月06日 12:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎮西ヶ池にはなぜか柄の長い杓子。
5
12:37 大谷ヶ丸分岐 ,海海ら防火帯が始まる。
2020年10月06日 12:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:37 大谷ヶ丸分岐 ,海海ら防火帯が始まる。
1
暫く防火帯を下る。遠くの山は大谷ヶ丸。
2020年10月06日 12:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く防火帯を下る。遠くの山は大谷ヶ丸。
1
12:46 前方が大谷ヶ丸分岐
防火帯はここで写真手前に続いているが登山道はここから林の中に入っていく。
写真左に見える道は大谷ヶ丸へ続いているがここはあまり歩かれていない様だ。
2020年10月06日 12:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:46 前方が大谷ヶ丸分岐
防火帯はここで写真手前に続いているが登山道はここから林の中に入っていく。
写真左に見える道は大谷ヶ丸へ続いているがここはあまり歩かれていない様だ。
登山道の様子。
2020年10月06日 12:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の様子。
沢の向こうにヌタ場が見えた。
2020年10月06日 13:05撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の向こうにヌタ場が見えた。
2
13:09 迂回路/難路分岐(上側)の迂回路側を進んだが写真では分かり難いがここは斜面崩壊場所で上から落石の危険があるところ。

2020年10月06日 13:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:09 迂回路/難路分岐(上側)の迂回路側を進んだが写真では分かり難いがここは斜面崩壊場所で上から落石の危険があるところ。

13:16 曲り沢峠への分岐。
2020年10月06日 13:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:16 曲り沢峠への分岐。
13:31 ここは迂回路/難路分岐(下側)。この先道はやや急になる。
2020年10月06日 13:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:31 ここは迂回路/難路分岐(下側)。この先道はやや急になる。
13:52 スミ沢まで下りてきた。この橋を渡り左岸へ移動する。
2020年10月06日 13:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:52 スミ沢まで下りてきた。この橋を渡り左岸へ移動する。
1
三丈の滝と書いてある。
2020年10月06日 13:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三丈の滝と書いてある。
1
これが三丈の滝。
2020年10月06日 13:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが三丈の滝。
2
このキノコも沢山あったが種類がわからないので採取しなかった。
2020年10月06日 13:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このキノコも沢山あったが種類がわからないので採取しなかった。
2
14:03 ここは浜立尾根の入口で下の木の根のところにピンクテープが付いている。なお浜立尾根の入口はこの他数か所ある。
2020年10月06日 14:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:03 ここは浜立尾根の入口で下の木の根のところにピンクテープが付いている。なお浜立尾根の入口はこの他数か所ある。
2
この橋まで来れば直ぐに道証地蔵。
2020年10月06日 14:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋まで来れば直ぐに道証地蔵。
1
14:14 道証地蔵。ここの右へ下る道が今歩いてきた滝子山方向。ここから林道歩きになるがこの林道手前にも数台駐車可能な場所がある。
2020年10月06日 14:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:14 道証地蔵。ここの右へ下る道が今歩いてきた滝子山方向。ここから林道歩きになるがこの林道手前にも数台駐車可能な場所がある。
石垣の下から水が出ているがこれは飲めそうだ。
2020年10月06日 14:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石垣の下から水が出ているがこれは飲めそうだ。
2
14:30 大鹿林道分岐を通過。
2020年10月06日 14:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:30 大鹿林道分岐を通過。
1
14:46 桜森林公園に戻り本日の登山も無事に終了。
2020年10月06日 14:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:46 桜森林公園に戻り本日の登山も無事に終了。
4
撮影機材:

感想/記録
by hachi

滝子山エリアはいつも真冬に歩いていますが今回はまだ葉が散る前に歩いてみました。冬枯れの時期とは全く印象が違い別の山の様な感じですがこの時期も良いものでした。
当日晴れの天気予報は外れて曇りだったことが残念ですが登山口でも涼しくて寒いくらいでした。
平日のためか登山者は少なく見かけた人は5人ほどでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:569人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/3/28
投稿数: 3633
2020/10/8 17:09
 ベタ曇り
hachiさん、こんにちは。

やはりhachiさんも騙されましたね、秋晴れ予報に。
私は出発が遅い八王子城跡でしたので、昼になれば晴れるかな?
と期待しましたが甘くなかったですね、最近の天気予報は。

定番の寂ショウ・滝子山ですが、紅葉はまだまだみたいですね。
1500m級はもう寒いですか、500m級は曇りでもちょうど良い気候でした。
登録日: 2009/8/21
投稿数: 947
2020/10/8 18:25
 Re: ベタ曇り
yamaheroさん こんばんは

を期待していたのに 騙されてしまいました。朝は曇りでも昼前から晴れるという予報でしたが登山口着いたら暗い感じで冷たい風が吹いていました。標高600m付近から登るので暑そうだなんて思っていましたが完全にハズレでした。滝子山山頂付近は寒かったです。

紅葉はまだですね。稜線に着いても紅葉は無しですが毒キノコのツキヨタケが沢山ありました。もしこれがシイタケならザックに入らないほど採れましたがそう上手くは行きませんね。でもハナイグチが5ヶほど採れたのでみそ汁で食べました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ