また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2634966 全員に公開 沢登り 丹沢

西丹沢皆瀬川系クラミ沢

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月26日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八丁橋付近に2,3台車をとめることができます。生活道路ですので駐車場所は十分な注意が必要です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間30分
休憩
0分
合計
9時間30分
S八丁橋08:0008:15はなじょろ道入口15:00フトウ山15:15西ヶ尾16:30はなじょろ道入口17:30八丁橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ヒルが多いので、ヒル除けが必須です。
その他周辺情報山北駅近くにあるさくらの湯で日帰り入浴ができます。
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) トポ コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ナイフ カメラ ロープ クライミングシューズ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー ロープスリング セルフビレイランヤード ハンマーバイル 渓流シューズ フローティングロープ ルート図
備考 ヒルファイターは必須。

写真

皆瀬川へ降りていく。
2020年06月26日 08:23撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆瀬川へ降りていく。
沢は荒れている。去年の台風の影響か。
2020年06月26日 08:38撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は荒れている。去年の台風の影響か。
上から見るとそれなりに急である。
2020年06月26日 09:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見るとそれなりに急である。
高さ3m程度の滝が連続する。
2020年06月26日 11:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高さ3m程度の滝が連続する。
とにかくもろい
2020年06月26日 12:33撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかくもろい
ここまでくると詰めである。この後に左側の尾根に入った。
2020年06月26日 12:51撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでくると詰めである。この後に左側の尾根に入った。
切り株から新しい芽が出ている。
2020年06月26日 16:05撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切り株から新しい芽が出ている。

感想/記録
by n2sjp

トレーニングで沢登りを計画する。今回は幕営は気にせず日帰りで、関東近辺、アプローチも短いほうがよい。丹沢はヒルが怖いが、西丹沢ならおそらく大丈夫だろう。丹沢の沢登り本を眺めていたら、皆瀬川のクラミ沢が面白そうである。皆瀬川はこれまでいったことがないし、丁度よい。クラミ沢だけだと短いし、登山道をずっと歩くのも疲れるのでワリ沢を降りてくることにする。

クラミ沢はあまり人気がない沢であるが、入ってすぐのゴルジュはそれなりに楽しめるようだ。今年は泳ぎの沢にも挑戦したいのでちょうどよい。地形図を見るとゴルジュ部分はそれほど長くはない。その他は明らかに難しそうな場所はなさそうである。

早朝、都内を出発する。山北駅のコンビニで食料を調達し、八丁橋へと向かう。八丁橋で準備をしているといきなり、「こんにちは」、すでにここにもヒルがいた。駐車した場所が悪かったか。あまりにも衝撃でこのまま帰ろうかと考えるほどであった。ここにいるということは、まちがいなくルート上にも多発。西丹沢もすでにヒルに占拠されているとは。ヒルファイターを念入りにスプレーして出発する。

皆瀬川へ降りるところは踏み跡もしっかりしていてわかりやすい。皆瀬川に入り、すぐに支沢に出合う。距離が近く、入り口の向きが地図と違ったこれをやり過ごし、二つ目に出合った沢に入る。結論から言うとこれは間違いで、一つ目の沢が正解であった。GPSで確認すべきであった。

入ってすぐに10mほどの荒れた細い滝にがある。斜度はきつくないので直登で問題ない。ここでは簡単なロープワークの練習をする。その後3mほどの滝が続くがすべて直登できる。ただし全体的にもろい。粘土質のようで押す分には崩れないが、力をかけて引っ張るとかける。これは要注意である。笛吹川や北アルプスではありえない岩質である。

二俣に出合ったところで違和感を感じる。GPSを確認すると隣の沢にいることが判明した。この沢を詰めても結局は同じ地点に出そうである。しかし比較的斜度が緩い地点があったので、そこをトラバースしてクラミ沢へ戻る。この辺りの山は縦横無尽に作業道があるので案外簡単にクラミ沢へ戻れた。ただしヒルの藪をつっきるので足をとめることは厳禁である。

クラミ沢からはすでにゴルジュを越えてしまったいるので、のんびりと進む。沢の中にはさすがにヒルはいないようだ。詰めはわかりやすく藪漕ぎもない。途中で左側の尾根に入ると薄くであるがここも踏み跡がある。最後にクラミ沢へもう一回入り、軽くトラバースすると登山道に出た。

帰りはワリ沢下降を目指していたが、時間がかかったために花じょろ道経由で戻ってきた。ここは定期的に手入れをしているようで歩きやすい。

シーズン初めの足慣らしもしくは初心者がはじめてリーダーをする際にはちょうどいい沢である。エスケープで登山道が使えることもありがたい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:41人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ