また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2637047 全員に公開 ハイキング 積丹・ニセコ・羊蹄山

岩内岳〜雷電山〜朝日温泉

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月10日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
朝日温泉までの道は崩落個所などは特になく、物理的には四輪も通行できる状態。
ただし朝日温泉まで約3km地点で簡易ゲートがある。

朝日温泉まで3km地点〜国道229号〜岩内岳登山口 17kmは自転車使用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間4分
休憩
42分
合計
7時間46分
S第2登山口06:2407:55岩内岳07:5809:28雷電山09:44前雷電山09:4912:00朝日温泉12:3213:05通行止め地点13:0714:10第2登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

岩内岳登山口を出発。
しばらくは視界の開けない刈分け道が続いてやや退屈だったが、旧リフトの終点を過ぎると・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩内岳登山口を出発。
しばらくは視界の開けない刈分け道が続いてやや退屈だったが、旧リフトの終点を過ぎると・・・
背後に岩内の町と日本海が広がってきた。
薄曇りだが視程は良好。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背後に岩内の町と日本海が広がってきた。
薄曇りだが視程は良好。
1
紅葉も良い感じに色付いてきている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉も良い感じに色付いてきている。
2
9合目の手前から礫地の斜面になるが、この辺から歩いているとよろけるほどの強風が吹きだした。寒い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9合目の手前から礫地の斜面になるが、この辺から歩いているとよろけるほどの強風が吹きだした。寒い。
未踏だった岩内岳に到着!左に目国内岳、右にこれから向かう雷電山が並ぶ。
風が強すぎて吹き飛ばされそうなので、写真を数枚写してすぐ通過した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未踏だった岩内岳に到着!左に目国内岳、右にこれから向かう雷電山が並ぶ。
風が強すぎて吹き飛ばされそうなので、写真を数枚写してすぐ通過した。
1
雷電・目国内分岐への下り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷電・目国内分岐への下り
1
分岐を通過して雷電山への上りに差し掛かる。割と最近に笹刈りが入ったような感じで快適に歩ける。
岩内岳がもうこんなに遠くなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を通過して雷電山への上りに差し掛かる。割と最近に笹刈りが入ったような感じで快適に歩ける。
岩内岳がもうこんなに遠くなった。
3
五ツ沼は登山道が水没気味。軽い藪漕ぎで靴を濡らさず通過できた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五ツ沼は登山道が水没気味。軽い藪漕ぎで靴を濡らさず通過できた。
1
2回目の雷電山。山頂からの眺望は開けない。ピークよりもこの先の未踏の区間が今日の目的の一つ。なのでここはすぐ通過した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2回目の雷電山。山頂からの眺望は開けない。ピークよりもこの先の未踏の区間が今日の目的の一つ。なのでここはすぐ通過した。
2
雷電山を過ぎると足元にハイマツの根が混じり、若干ペースが落ちる。
前方に見える前雷電山は登山道が山頂を通っていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷電山を過ぎると足元にハイマツの根が混じり、若干ペースが落ちる。
前方に見える前雷電山は登山道が山頂を通っていない。
眼下にコックリ湖、遠くに狩場山地を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下にコックリ湖、遠くに狩場山地を望む。
1
ハイマツの向こうに日本海。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツの向こうに日本海。
1
前雷電山を通過し、1154mPを下る辺り。
海が近づくにつれて青空が広がってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前雷電山を通過し、1154mPを下る辺り。
海が近づくにつれて青空が広がってきた。
2
アップダウンを繰り返しながら日本海に落ち込んでいくニセコ連峰。
土曜日なのに雷電山の手前から登山者がまったくいない。ニセコにこんな良いコースがあったんだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンを繰り返しながら日本海に落ち込んでいくニセコ連峰。
土曜日なのに雷電山の手前から登山者がまったくいない。ニセコにこんな良いコースがあったんだ。
2
登山道の笹やハイマツは全区間しっかり刈られて整備がされていた。人が少ない割に藪漕ぎの苦労がいらないのは素晴らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の笹やハイマツは全区間しっかり刈られて整備がされていた。人が少ない割に藪漕ぎの苦労がいらないのは素晴らしい。
1
秋色に染まってきた山肌と、遠くに積丹半島。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋色に染まってきた山肌と、遠くに積丹半島。
小ピークへの登り返し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークへの登り返し
登ってきた雷電山〜前雷電山を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた雷電山〜前雷電山を振り返る
中山(841mP)からの日本海の眺望もなかなか良かった。ニセコ連峰はガスが出てきたが、海側はまだまだ青空だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山(841mP)からの日本海の眺望もなかなか良かった。ニセコ連峰はガスが出てきたが、海側はまだまだ青空だ。
2
紅葉の向こうに前雷電山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の向こうに前雷電山。
1
雷電峠を越えると樹林帯の広い道となり、朝日温泉まで一気に下っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷電峠を越えると樹林帯の広い道となり、朝日温泉まで一気に下っていく。
下り終えると目の前に露天風呂が。朝日温泉自体は長期休業中だが、露天風呂はいまだ健在だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り終えると目の前に露天風呂が。朝日温泉自体は長期休業中だが、露天風呂はいまだ健在だった。
1
数年ぶりに来たが、今回はちゃんとお湯が入ってる!
浮いた落ち葉を掃除して、さっそく入浴。40℃無いくらいで温めだが、登山後の体には丁度良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数年ぶりに来たが、今回はちゃんとお湯が入ってる!
浮いた落ち葉を掃除して、さっそく入浴。40℃無いくらいで温めだが、登山後の体には丁度良かった。
2
あ゛〜〜最高だ〜〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ゛〜〜最高だ〜〜
3
丸太の橋を渡って対岸へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太の橋を渡って対岸へ。
廃屋化が進む朝日温泉。
再び営業することは無いのだろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃屋化が進む朝日温泉。
再び営業することは無いのだろうか。
1
朝日温泉からダートを約3km歩いて通行止めの簡易ゲートまで下りてきた。
ここからは前夜にデポしておいた自転車で岩内岳登山口までの17kmをつなぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日温泉からダートを約3km歩いて通行止めの簡易ゲートまで下りてきた。
ここからは前夜にデポしておいた自転車で岩内岳登山口までの17kmをつなぐ。
1
国道沿いの海辺に降りて海水にタッチしておく。
これで実質0mから登ったことになった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道沿いの海辺に降りて海水にタッチしておく。
これで実質0mから登ったことになった。
岩内市街からの標高差200mをサクッと登って岩内岳登山口に戻ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩内市街からの標高差200mをサクッと登って岩内岳登山口に戻ってきた。
3

感想/記録

未踏の岩内岳と雷電山の朝日温泉側を歩きたくなり、ニセコ連峰の西側へ。
この二つをまとめて行くには単純なピストンでは厳しいため、前回の日高に続いて自転車を活用した周回縦走とした。
岩内岳の前後までは登山者が数名いたものの、雷電山を過ぎると誰もいない。それでいて登山道は整備の手が入っていて、変化に富んだコースに紅葉、日本海の眺望も素晴らしかった。ニセコは真夏だと暑くてしんどいので、夏道登山をするなら今くらいの時期が快適さでいえばベストかもしれない。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:385人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ