また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2662671 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 阿蘇・九重

阿蘇山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月21日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ後曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
レンタカー
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間35分
休憩
2分
合計
3時間37分
S阿蘇山上広場06:1506:40火口西駅06:4106:55砂千里ヶ浜06:5507:39南岳07:4007:55中岳07:5708:16阿蘇山08:1608:37中岳08:3808:51南岳08:5109:35砂千里ヶ浜09:3509:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良好です。
その他周辺情報風向きにより、火口はいけません。

写真

風向きも良くて噴火口がのぞけました。
2020年10月21日 06:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風向きも良くて噴火口がのぞけました。
2
烏帽子岳に朝日があたります。
2020年10月21日 06:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳に朝日があたります。
1
雲が秋らしい、
2020年10月21日 06:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が秋らしい、
2
ところが、雲が山頂にかかります。
2020年10月21日 07:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところが、雲が山頂にかかります。
稜線は風とガス
2020年10月21日 07:55撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は風とガス
強風に耐えて撮影
2020年10月21日 08:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風に耐えて撮影
1
紅葉が始まっています。
2020年10月21日 08:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が始まっています。
曇の中の紅葉
2020年10月21日 08:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇の中の紅葉
寒い😨
2020年10月21日 08:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒い😨
1
あら、雲が抜けていく
2020年10月21日 09:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あら、雲が抜けていく
1
砂千里もバックにいいい感じ。
2020年10月21日 09:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂千里もバックにいいい感じ。
1
振り返ると雲がなくなってきた。
2020年10月21日 09:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると雲がなくなってきた。
2
砂千里と青空も美しい。
2020年10月21日 09:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂千里と青空も美しい。
2
高岳も見えてきた。あと1時間早ければよくみえたのに。
2020年10月21日 09:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高岳も見えてきた。あと1時間早ければよくみえたのに。
撮影機材:

感想/記録
by NOB-W

屋久島の宮之浦岳の帰りに欲張りました。規制が解けた阿蘇中岳、高岳に行きたくなりました。
鹿児島空港からレンタカーで南阿蘇入りしました。6月に来た時には、登れなかったので今回一泊増やしての阿蘇に再び訪れることになりました。

早朝、宿を出発すると朝焼で雲が茜色に段々となっていきます。期待を膨らませて阿蘇山駐車場から、登山を開始した時は、夜明け前からの中岳、高岳に明かりが増してきてテンションがあがります。
振り返ると阿蘇五山の烏帽子岳、杵島岳も朝日のあたるのを待っいる山容が美しい。
今日の阿蘇山はきっと凄いに違いないと思いながら、砂千里辺りを歩いていると、急遽山頂に滝雲が次々とかかり始めて、それでも、時間が経てばなくなるだろうと思いながら、中岳に到着した時には、風速15mの風と雲の中となっていました。高岳も同様で厳しい山行となりました。
そう尾根道にはいられずに、早々と下山を開始すると、今度は高岳、中岳の稜線か現れきて、下からも確認できるようになりました。1時間ぐらいのタイミングでしたが、これも登山です。晴れの日もあれば、雨の日もあります。また、山は近くより遠くから見たほうが雄大さを感じるので、これも、良しと思い、最後に、霧島神宮にお参りをして、九州の再チャレンジを願って帰路につきました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:222人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 紅葉 テン 山行 滝雲 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ