また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2675873 全員に公開 ハイキング 富士・御坂

三国山稜(三国峠起点で鉄砲木ノ頭〜大洞山間を往復)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月25日(日) [日帰り]
メンバー
 fuji3d(記録)
, その他メンバー1人
天候はれ^^
https://tenki.jp/past/2020/10/25/satellite/japan-near/
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東富士五湖道路の山中湖ICを下りて、朝霧のなか、神妙に、「平野」方面へ向かいます。やがて山中湖北岸道路に突き当たるので、左折して湖岸沿いをゆるゆる走ります。湖岸を離れて間もなく、「平野」交差点を直進後直ちに「小山」方面へ左折(「30m先」を左折と案内されてるけど、運転者の感覚だと、直進してすぐに左折って感じ)して、県道730号をヘアピンを交えて登ると、最高点の三国峠に、供用されるようになって間もない駐車場があります
https://www.yamanashibank.co.jp/fuji_note/yamanashi/post_2088.html
am730で7割方埋まってました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間18分
休憩
36分
合計
4時間54分
S三国峠07:2407:45鉄砲木ノ頭07:5408:22三国峠08:49三国山08:5609:19ヅナ峠09:2009:40楢木山09:4110:26大洞山10:4011:26楢木山11:40ヅナ峠11:4111:54三国山11:5512:15三国峠12:1712:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
https://www.vill.yamanakako.yamanashi.jp/holiday_hiking.php
http://www.fuji-oyama.jp/fujihakone/index.html

整備された登山路です。とはいえ、黄葉に見惚れてぼーっと歩いてると、大きな垈に落ちたり、境界標に躓いたりしかねないので、基本に忠実に(笑)歩きます

●三国峠〜鉄砲木の頭(往復)
駐車場から左右よく見て県道を渡ると、登山口を示す道標があります。それに従って、灌木の山道を登りますが、すぐに薄のカヤトを切り開いた道になります。道は二本並行してますが、踏み跡から拝察するに、当初は右側を歩き、途中から左側を歩く、というのが一般的な模様。表土のない火山性の黒砂のザレなので、登りはいいですが、復路では、中盤の急坂を神妙に下ります

●三国峠〜大洞山(往復)
鉄砲木の頭登山口に下り立ったら、左右よく見て県道(時刻にもよるけど、自動車、バイク、交通量結構多いと思った方がいいです)を渡ると、向かいに登山口を示す道標があります。それに従って、楓、楢、朴、ぶなの森をえっちらおっちら登ります。どうもみんな好き勝手歩いてる感じで、登山路の明瞭な指定はないのかも。路面のえぐれてるところや硬いところ(要は、よく踏まれてそうなところ)を選んで登ると、やがて「三国峠」に飛び出します。低いベンチが一つあります

そこからは、甲駿国境尾根が西南西に大洞山(更にその先も)に続きます。場所によっては、ホントに尾根道歩いてるのかね?って感じの平坦な広場になります(写真19、27を参照)が、そんな場所を含め、基本、よく踏まれた明瞭な登山路を歩きます

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター ザック 行動食 地図(地形図) ヘッドランプ GPS 筆記用具 携帯 ストック ナイフ カメラ

写真

おはよーございます、冷んやりした空気のなか、カヤトの切り開きをわしわし登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはよーございます、冷んやりした空気のなか、カヤトの切り開きをわしわし登ります
8
うはっ、富士山がどーん、完璧過ぎて、作り物に見えるかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うはっ、富士山がどーん、完璧過ぎて、作り物に見えるかも
48
朝霧の消えた山中湖の奥に、赤石岳から白峰三山まで、雪を被った高峰が勢揃い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝霧の消えた山中湖の奥に、赤石岳から白峰三山まで、雪を被った高峰が勢揃い
13
とりあえず、見るもの見ました^^
さっ、三国山に向かうゾ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず、見るもの見ました^^
さっ、三国山に向かうゾ
19
ってことで、背丈超える薄の道を三国峠に戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ってことで、背丈超える薄の道を三国峠に戻ります
17
いい感じに色付いてるな、と三国山を見上げてるところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じに色付いてるな、と三国山を見上げてるところ
14
三国山登山路では、まず楓に目を奪われます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山登山路では、まず楓に目を奪われます
16
数少ないですが、紅に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数少ないですが、紅に
6
ををっ、尾根近くまで登ると、ぶなの黄葉が朝日に輝いてます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ををっ、尾根近くまで登ると、ぶなの黄葉が朝日に輝いてます!
5
きれいだな、と模範的樹形のぶなを仰ぎます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいだな、と模範的樹形のぶなを仰ぎます
18
何があったのかしら?捩じれたぶなに心を通わせます
こちらを「代表写真」にします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何があったのかしら?捩じれたぶなに心を通わせます
こちらを「代表写真」にします
5
葉をたっぷり残して全身黄色に装ったぶなをパチリ
得意げです^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉をたっぷり残して全身黄色に装ったぶなをパチリ
得意げです^^
8
楢や灌木の黄葉も混じると、それはそれで味わいがあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楢や灌木の黄葉も混じると、それはそれで味わいがあります
7
頭上10m近くに枝垂れる檀の実、ぽつぽつ見かけましたが、檀がこんなに高くなるとは知りませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭上10m近くに枝垂れる檀の実、ぽつぽつ見かけましたが、檀がこんなに高くなるとは知りませんでした
13
かみさん「これ、山椒かしら?」(違いますw)
実は、正面で日本一が見守ってくれてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かみさん「これ、山椒かしら?」(違いますw)
実は、正面で日本一が見守ってくれてます
4
尾根道を1hr歩いて来ました
うはっ、この辺りもええのぅ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道を1hr歩いて来ました
うはっ、この辺りもええのぅ
12
比較的低い枝が黄葉してるぶなを見つけてパチリ
檸檬色の楓を添えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比較的低い枝が黄葉してるぶなを見つけてパチリ
檸檬色の楓を添えました
16
標高1,300m圏の尾根道を歩いてる気がしません。もはや、広場です、森林公園を散策してる感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,300m圏の尾根道を歩いてる気がしません。もはや、広場です、森林公園を散策してる感じ
8
途切れることなく黄葉したぶなが続きます
大洞山が近づくと、大きな木が目につきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途切れることなく黄葉したぶなが続きます
大洞山が近づくと、大きな木が目につきます
9
この木は凄かったな、巨樹ではないですが、地上2mくらいから分かれた枝ぶりに目を奪われました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木は凄かったな、巨樹ではないですが、地上2mくらいから分かれた枝ぶりに目を奪われました
11
大洞山頂に向けて、ぶなの森をのんびり登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞山頂に向けて、ぶなの森をのんびり登ります
7
水楢も、「どんなもんだい」と輝きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水楢も、「どんなもんだい」と輝きます
15
大洞山の平たい山頂で、ぶなを愛でつつ小休憩
来た道を戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞山の平たい山頂で、ぶなを愛でつつ小休憩
来た道を戻ります
13
そうそう、幹に猿尾枷を纏ったぶなもときどき見られました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうそう、幹に猿尾枷を纏ったぶなもときどき見られました
20
基本、展望を期待する尾根道ではありませんが、箱根の明神ヶ岳と金時山が見えたので、一応、ね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本、展望を期待する尾根道ではありませんが、箱根の明神ヶ岳と金時山が見えたので、一応、ね
9
このとおりの広場ですが、不思議と登山路を辿れます
足裏に優しい極上の路面です(境界標に躓かんように、注意、ね)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このとおりの広場ですが、不思議と登山路を辿れます
足裏に優しい極上の路面です(境界標に躓かんように、注意、ね)
9
どーんと横倒しの後、何本も大枝を天に伸ばした不屈のぶな、結果的に勢力圏広げてるよね、と感心しきり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どーんと横倒しの後、何本も大枝を天に伸ばした不屈のぶな、結果的に勢力圏広げてるよね、と感心しきり
2
ヤマレコなんで、一応、足許も(笑)
茸です(花は、矮小な鳥兜に関東嫁菜のみ、食い尽くされた模様)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマレコなんで、一応、足許も(笑)
茸です(花は、矮小な鳥兜に関東嫁菜のみ、食い尽くされた模様)
8
海が見えてる、と喜んで、パチリ
相模湾の奥に、うっすら三浦半島かしら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海が見えてる、と喜んで、パチリ
相模湾の奥に、うっすら三浦半島かしら
8
三国山から三国峠に下ります
紅を見れば、節操なく撮ります(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山から三国峠に下ります
紅を見れば、節操なく撮ります(笑)
22
標高を100m下げると、ぶなはやや緑を残してます。稜線の黄葉は見事でした、三国山稜、ありがとねっ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を100m下げると、ぶなはやや緑を残してます。稜線の黄葉は見事でした、三国山稜、ありがとねっ
8

感想/記録
by fuji3d

金曜の夜に、「日曜は、完璧晴れ予報だよ、一緒に三国山に行こっか」とかみさんを誘うと、「でも、風邪ひいてるし」とうじうじ。
が、土曜の夜には、「行けるところまで、行こうかな」と、なんだ、行く気になってるじゃん(しめしめ。)

で、当日、朝の気温は3度以下でしたが、不思議と水洟もくしゃみも出ずに、楽しく歩けたわ、って、そうなんだよね、山の気で体が目覚めるのか、何故だか、山を歩いてる間って、元気です、二人で黄葉を楽しめて、めでたし、めでたし(あっ、枕にしちゃいましたwが、日本一も、ありがとねっ)^^
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:441人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザレ 道標 ノ頭
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ