また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2679115 全員に公開 ハイキング 日光・那須・筑波

六郎地山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月26日(月) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間41分
休憩
11分
合計
8時間52分
Sスタート地点08:1909:15蕗平分岐09:1712:41六郎地山12:4616:26滝ヶ原峠16:2717:07やしおの湯17:1017:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

古峯神社一の鳥居からスタート
2020年10月26日 08:17撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古峯神社一の鳥居からスタート
白井平橋は
2020年10月26日 08:59撮影 by SO-51A, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白井平橋は
紅葉の名所らしいがまだ早い
2020年10月26日 09:01撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の名所らしいがまだ早い
自転車で走破したら面白そう
2020年10月26日 09:01撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自転車で走破したら面白そう
ダム計画中止の説明
2020年10月26日 09:09撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダム計画中止の説明
ここまで来ると来すぎ
この手前の作業道をを入ると
2020年10月26日 09:15撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると来すぎ
この手前の作業道をを入ると
1
こんな感じの先に
2020年10月26日 09:20撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの先に
1
対岸に渡る橋がある
橋を渡り、少し登と林道にでる。
尾根の末端の取りつき易い場所から取りつく
2020年10月26日 09:20撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸に渡る橋がある
橋を渡り、少し登と林道にでる。
尾根の末端の取りつき易い場所から取りつく
1
両ノ手山からの稜線
2020年10月26日 10:51撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両ノ手山からの稜線
林道に降り立った
2020年10月26日 15:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に降り立った
噂の三ノ宿への急登
今の足の状態では無理そう、、、
2020年10月26日 15:20撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噂の三ノ宿への急登
今の足の状態では無理そう、、、
1
車両通行止めのため落ち葉がたまっている?
2020年10月26日 15:22撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車両通行止めのため落ち葉がたまっている?
1101m峰
六郎地山は右奥に見えているピーク?
左手前は前々回歩いた火戸尻山
左奥は前回歩いた笹目倉山
左最奥は次にいく?羽賀場山かな
2020年10月26日 15:51撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1101m峰
六郎地山は右奥に見えているピーク?
左手前は前々回歩いた火戸尻山
左奥は前回歩いた笹目倉山
左最奥は次にいく?羽賀場山かな
前回歩いた笹目倉山から鶏鳴山の稜線
前々回歩いた火戸尻山
2020年10月26日 15:54撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回歩いた笹目倉山から鶏鳴山の稜線
前々回歩いた火戸尻山
1101m峰
こちらか見ると六郎地山より立派
2020年10月26日 15:54撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1101m峰
こちらか見ると六郎地山より立派
歩いてきた林道は車両通行
2020年10月26日 16:26撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた林道は車両通行
外山からの尾根が見えた
2020年10月26日 16:31撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外山からの尾根が見えた
女峰山は雲の中
2020年10月26日 16:31撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女峰山は雲の中
なんとか明るいうちにやしおの湯に到着
ボイラー故障でやっていないと思っていたが営業中だった!
2020年10月26日 17:10撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか明るいうちにやしおの湯に到着
ボイラー故障でやっていないと思っていたが営業中だった!

感想/記録

遅い夏休み1回目に山行に鹿沼から日光への道で残っていた六郎地山へ行って来ました。

当初は、小来川方面から両ノ手へ経由して一泊で行こうと思っていたが、熊がいそうなので、古峯神社の一ノの鳥居から東大芦川沿いの林道で距離を稼いで日帰りの計画に変更した。
鹿沼駅からリーバスで古峯神社の一ノ鳥居で下車して東大芦川沿いの林道を進む、白井平橋の紅葉はまだまだ早かった。その先の林道は大滝の箇所で不通のため車両通行止になっていた。川中島のところでちょっと行き過ぎて蕗平分岐まで行ってしまった。ここから夕日岳に登れるらしいので、いつか行ってみよう。少し戻り作業道を奥に進み赤い鉄製の橋を渡り対岸に進み少し上がると林道にでた。尾根の末端は削られていて、どこから取りつくのか判りづらく、林道を少し降りて沢の傍らから取りついたが、尾根に上がる最後の斜度がきつく上がれそうになかったので、尾根の末端方向にトラバースして尾根に乗った。この地点から下を見ると下に見える林道からなんとなくトレースがついていたのでこちらが正解だったのだろう、尾根に取りついてからはところどころ急登が有り苦労したが、順調に高度を上げて行き、両ノ手山からの尾根が見え始め合流地点を目指してさらに高度を上げて行く、なかなか合流地点に着かないと思い、ヤマレコのログを確認するとすでに、合流地点を越えて六郎地山まで半分位の974m地点まで来ていた。六郎地山手前の伐採地からは、前回、前々回歩いた火戸尻山、笹目倉山から鶏鳴山への尾根を確認することが出来た。この辺りから山頂近くまで広い道が付いていたが、落ち葉で足を取られそうだったので、横の土が見えている方を選んで高度を上げて行く、六郎地山手前は雰囲気の良い平地が有り、テントを張るならこの辺りだったと思ったが、ここまでは熊の糞を見かけなかったが、動物が逃げていく音はしたのでやっぱりテント泊はちょっと怖いかもと思った。六郎地山には大体コースタイム通りで到着する事が出来た。六郎地山先の1101m峰方面への下降点は判りづらくまた急下降となっていたので慎重に下る、1101m峰への登り返しも今日一番厳しかったが、大分足も慣れてきて休みを入れずに登りきることが出来た。1101m峰先の下降が心配だったが、それほど厳しい下降でなく助かった。下りきった後は細尾根の登り下りが林道まで続いていた。林道へはほぼコースタイム通りの3時過ぎに到着する事が出来た。
噂の三ノ宿山への縄梯子からの急登は今の足の状態ではつま先だけで力を入れづらいのでやっぱり無理そうだった。ここからは林道歩きだけども足の調子が良く、いいペースで歩く事が出来た。途中、今年歩いた山を見渡すことが出来て景色を楽しみながら進む。滝ケ原峠からは小来側方面からの道に合流して、日光方面から数台の車が小来側方面へ抜けていった。やしおの湯は前日HPで機械の故障で日曜日から休業と有ったので諦めていたが、明かりがついて駐車場に車も止まっていたので覗いてみると営業中だったので久しぶりのやしおの湯を満喫して、バスに乗って日光駅に出て帰宅した。

今回は厳しい下りがなく、ほぼコースタイム通り歩きとおせることがやっと出来た?が、やっぱり駅の階段の下りでは足首が痛かった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:117人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ