また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2682415 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 阿蘇・九重

牧ノ戸扇ヶ鼻星生(法華院山荘)大船北大船長者原

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月25日(日) ~ 2020年10月26日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候これ以上ない快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
すごい車の数!
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間0分
休憩
15分
合計
4時間15分
S牧ノ戸峠11:3512:00沓掛山13:10扇ヶ鼻14:00星生山14:1515:50法華院温泉
2日目
山行
6時間55分
休憩
1時間0分
合計
7時間55分
法華院温泉07:2507:40坊がつる避難小屋09:40大船山10:0010:35北大船山10:4011:35大戸越12:0513:00大船林道終点13:0515:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ヌルグチャ多し
その他周辺情報法華院温泉はgoto対象。ありがたい!
水とお茶がサーバーでもらい放題。ありがたい!
湯布院のぬるかわ温泉利用。露天はぬるく、内湯は肌がヒリヒリするほど熱すぎて入れず、洗い場が寒かった〜

写真

お初の扇、好きな感じ
2020年10月25日 13:05撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お初の扇、好きな感じ
2
展望地よりオススメの久住壁面
2020年10月25日 13:16撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望地よりオススメの久住壁面
5
星生稜線も好きな感じ
2020年10月25日 14:12撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星生稜線も好きな感じ
3
広い大部屋に4人
2020年10月25日 16:15撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い大部屋に4人
2
晩ごはん、ごはんが冷めてた
2020年10月25日 18:07撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩ごはん、ごはんが冷めてた
1
朝ごはん、やはりごはんが冷めてた
2020年10月26日 06:48撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝ごはん、やはりごはんが冷めてた
1
影が濃いと撮っちゃうよね
2020年10月26日 07:35撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影が濃いと撮っちゃうよね
3
北より返り見る
2020年10月26日 10:33撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北より返り見る
お日様に向かって
2020年10月26日 11:39撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お日様に向かって
2
ヌルグチャを隠してくれてる
2020年10月26日 12:18撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌルグチャを隠してくれてる
ススキもキレイ
2020年10月26日 13:14撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキもキレイ
3
お初のクーポンとソフトクリーム
2020年10月26日 15:52撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お初のクーポンとソフトクリーム
3

感想/記録

荒島岳よりも天気の良さそうな久住遠征にシフトチェンジし、まだまだ綺麗そうな紅葉を狙うことにしました。
長者原から歩く予定でしたが、直前の他人の記録を見てどうしても星生が歩きたくなり、同行者にお願いして牧ノ戸で下ろしてもらい、法華院で合流することにしました。長者原に戻って無事駐車できたと連絡をもらってほっとするくらい路肩含め車が止まっていました。
最盛期は過ぎていますが、それを差し引きして若い紅葉好きな私が見ても、今年はほんとに紅葉の発色がいいと思います。青空のもと、あまりの素晴らしさに早く歩くのがもったいない…途中出会った方に扇ヶ鼻からの久住壁面の紅葉が良いと言われ、寄る予定のなかった扇にも寄り、星生も歩き、お初のコースが歩けました。
扇の先で、ロープの外で座り込んでる老人グループがいてびっくりしました。植生を守るためのロープって知らないのかな?そんな人いる?観光地的に人が多く、普段登山をしていないだろう家族連れや集団もわらわらいて、狭い道でこっち1人なのに突っ込んで来てしこたま待たせる人たちや、良かれと思って避けてくれて、登山道脇の草花を踏みつける人が多くてストレス…
久住分かれからは日曜日の午後ということもありほぼ一人旅で、荒野に取り残された気分になりつつ、眼前に翌日登る大船を見やりながら法華院に着くと、同行者が迎えに出てくれていてまたまたほっ
前日予約したときに、大部屋しか空いてないと言われて人が多いのかと思っていましたが、一人当たりプラス500円で個室に泊まれる法華院は個室ばかり埋まっていて、大部屋は私たちと単独男性2人のたった4人。しかも存在感のない方たちで、ずっと静かでガラーンとしていました。
法華院でごはんを頼んだことがなく、いつもチラ見して見た目あまりそそられなかったのですが、実際食べて、美味しい美味しくない以前に、夜も朝もごはんが冷めててガッカリ。混み合わないようにグループごとに呼ばれて配膳板を取りに行くのですが、順番についでくれよ…と思ってしまいました。かき玉汁的なのが美味しかったけど。
着いてすぐとごはん後に2回温泉に入りました。寒かったので気持ちよかった〜ぬるいけど。女性は少なかったしごはん後は1人でしたが、男性はいつ行っても人が多かったようです。
朝ごはんを食べてから、日も昇った後にゆっくり向かった大船は、平日と思えないくらい人がいました。北大船に向かって行く人は少なかったので、そこからは静かな山歩きでした。途中今落としたばかり風の登山地図を拾い、北大船山頂で会った夫婦が歩いた時にはなかったとのこと、その間に抜かして行った人だろうと思い追いかけましたが、大戸越に向かう道はグチャドロでこっちは早く歩けず向こうは早くて全く追いつけませんでした…けれど大戸越で休憩していると平治から下りて来る人がそれっぽい!声を掛けると地図を落としたとのこと、無事渡せてよかったです。
男池側に下るその方とお別れし坊ヶツルに向かって下山すると、またまた素晴らしい紅葉が!このコースがカエデだらけでこんなに綺麗とは全く知らず、思わぬ伏兵に感嘆しながら下りました。早く下りたら湯布院観光しようと目論んでいましたが、のんびりもしたし坊ヶツルからは足が痛くて余裕なく、いつもの能面歩きになりながらようやく長者原に着きました。
いつもの場所でソフトクリームを食べてから湯布院の道の駅に寄ると開いてなくて、地域共通クーポンが使えんじゃん!と焦りましたが、湯布院に寄ってもらってなんとか自分土産にし、日帰り温泉に浸かって帰りました。
帰り、バタンキューで眠ってしまい、気がついたら広島…結局全部運転してくれて、とにかく感謝!の旅路でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:110人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/10/10
投稿数: 117
2020/10/28 23:24
 久住山懐かしいなあ。
扇ヶ鼻は行ったことないかも。見たことのない角度の眺めがいいね
しかし、山行記録のタイトルが相変わらず漢文みたいで面白い
登録日: 2009/12/12
投稿数: 338
2020/10/29 12:38
 件名で歩いたとこわかるようにしたいの
扇、全然目に入ってなくて、言われた時「それどこですか?」て聞き返しちゃったよ。歩けて良かった。
またこちらにも遠征にお越しくださいませ😉

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

紅葉 クリ 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ