また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2690395 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 白山

積雪の加賀禅定道→七倉の辻→楽々新道へ

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月31日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
MTBを事前に新岩間温泉にデポ、自家用車は、ハライ谷登山口に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間4分
休憩
35分
合計
13時間39分
Sハライ谷登山口03:0104:22檜新宮04:36しかり場分岐04:3705:12口長倉山05:1305:50奥長倉避難小屋05:5806:03奥長倉山06:38美女坂の頭06:57百四丈滝展望台07:0307:32天池08:06油池10:27四塚山10:2911:18七倉の辻11:2311:43七倉山11:4514:05楽々・岩間分岐14:0614:18小桜平避難小屋15:57楽々新道登山口15:5916:16新岩間温泉16:2216:38ハライ谷登山口16:3916:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
楽々新道で台地のヘリにあたる箇所に登山道があるところで、丸石谷方向が切れ落ちている箇所が数か所、ロープも張られているので、特に気を付けて通過したい。
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ネックウォーマー 毛帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ヘッドランプ 予備電池 携帯(ヤマレコ) 時計 ヘルメット ココヘリ ウイペット
備考 今日は、ツボ足で歩いたが、ハマリまくったので、かんじきかスノーシューがあった方が良かったかも(持ってないですが)

写真

ハライ谷登山口を出発 他に車なし
2020年10月31日 02:59撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハライ谷登山口を出発 他に車なし
しかり場に雪はなし
2020年10月31日 04:33撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかり場に雪はなし
登山開始から明るく照っていた月が赤くなって、沈んだ
2020年10月31日 05:30撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山開始から明るく照っていた月が赤くなって、沈んだ
白々した東の空に北アルプスのシルエット
2020年10月31日 05:42撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白々した東の空に北アルプスのシルエット
1
奥長倉避難小屋の雪 小屋の中は無人
2020年10月31日 05:51撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥長倉避難小屋の雪 小屋の中は無人
百四丈の展望台入口の積雪は20~30cm程度
表面が固くモナカ状態 体重を乗せるとすぐハマリます。
厄介な状態です。
2020年10月31日 06:54撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百四丈の展望台入口の積雪は20~30cm程度
表面が固くモナカ状態 体重を乗せるとすぐハマリます。
厄介な状態です。
1
天池辺りでトレースが無くなるも、うっすらと夏道が見えます
ここから、モナカに足がとられ、疲労が蓄積しました。
2020年10月31日 07:26撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天池辺りでトレースが無くなるも、うっすらと夏道が見えます
ここから、モナカに足がとられ、疲労が蓄積しました。
天池も凍結
2020年10月31日 07:29撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天池も凍結
四塚手前で、クマらしい足跡、こんなところまで?
サイズは、25から30cmくらい
2020年10月31日 10:18撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四塚手前で、クマらしい足跡、こんなところまで?
サイズは、25から30cmくらい
七倉の辻
風が強いのか、積雪は10cm程度
吹き溜まりは若干多め
2020年10月31日 11:20撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七倉の辻
風が強いのか、積雪は10cm程度
吹き溜まりは若干多め
七倉山の稜線から四塚山
2020年10月31日 11:32撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七倉山の稜線から四塚山
この時期いつも白山より白い立山連峰
2020年10月31日 11:33撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期いつも白山より白い立山連峰
七倉山の北東斜面 奥は大汝
2020年10月31日 11:52撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七倉山の北東斜面 奥は大汝
見返り坂あたりからの、七倉山と四塚山
2020年10月31日 12:40撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見返り坂あたりからの、七倉山と四塚山
1
楽々新道の入口です。
2020年10月31日 15:58撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽々新道の入口です。

感想/記録

加賀禅定道と楽々新道をつなげて歩きたいと以前から思っていたのですが、なぜか冠雪があったこの時期になりました。
当初は、大汝まで伸ばしてみたかったのですが、四塚の登りで深さ30cm〜60cmのモナカのラッセルで体力を消耗し、七倉の辻の到着が約1時間遅れ断念して、楽々新道へ、下りは楽だろうと思っていましたが、ハマった足が楽に抜けず、往生しました。やっぱりツボ足はつらかった。

滑落の事故現場で、黙祷を捧げました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:281人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

避難小屋 滑落 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ