また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2761216 全員に公開 山滑走 剱・立山

立山 真砂沢カール

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月22日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴のち曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間53分
休憩
39分
合計
4時間32分
S雷鳥荘08:0208:05雷鳥沢キャンプ場08:10浄土橋08:2111:46浄土橋12:1412:17雷鳥沢キャンプ場12:34雷鳥荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大走沢左俣は下部で石が多く出ていました。
沢割れもあり、登りはまだしも下りはより注意が必要です。
稜線上は風速15m以上あろうかという烈風。
真砂カールは石もなく、風下斜面なので雪がたまっていて快適。
・・・・
富山防災ヘリが、みくりが池周辺でホバリングして救助を行っていました。
翌日の室堂の掲示板に「スキーヤーの方が岩に衝突して重傷」とありました。
この時期は石も多く、雪質もめまぐるしく変わるので滑走にはより注意が必要かと思います。
・・・・
詳細は
http://hashiken1mt.g1.xrea.com/index.html
その他周辺情報今年の雷鳥荘は生ビールがありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

昨日に続いて今日も朝から快晴。
雷鳥荘前にて朝日に輝く立山連峰を見る。
稜線上には雪煙が舞っている。
2020年11月22日 07:57撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日に続いて今日も朝から快晴。
雷鳥荘前にて朝日に輝く立山連峰を見る。
稜線上には雪煙が舞っている。
15
雷鳥沢キャンプ場下の橋。
板が渡してある。
2020年11月22日 08:08撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢キャンプ場下の橋。
板が渡してある。
2
大走尾根の稜線上は烈風が吹いている。
今日は積雪も少なく雪崩の危険もほぼ無いので大走沢の左俣を登る。
2020年11月22日 09:03撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大走尾根の稜線上は烈風が吹いている。
今日は積雪も少なく雪崩の危険もほぼ無いので大走沢の左俣を登る。
7
rugger:強風に煽られながらも、先行メンバーのスピードは全く落ちません。
2020年11月22日 09:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
rugger:強風に煽られながらも、先行メンバーのスピードは全く落ちません。
5
斜度が上がる源頭はシートラ+アイゼンに変更し、最後はハイマツ帯〜ザレ場を詰め上げる。
2020年11月22日 09:36撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度が上がる源頭はシートラ+アイゼンに変更し、最後はハイマツ帯〜ザレ場を詰め上げる。
3
rugger:上部ザレ場は強風で雪が完全に飛ばされてます。
2020年11月22日 09:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
rugger:上部ザレ場は強風で雪が完全に飛ばされてます。
4
真砂乗越から真砂沢カールを見下ろす。
バックは真砂岳。
2020年11月22日 09:59撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂乗越から真砂沢カールを見下ろす。
バックは真砂岳。
18
真砂沢カールに滑り降りる。
稜線直下は固いが、すぐ下から雪がたまった良い斜面になる。
2020年11月22日 10:00撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂沢カールに滑り降りる。
稜線直下は固いが、すぐ下から雪がたまった良い斜面になる。
16
rugger)今シーズン一番のシュプール。歓喜が止まりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
rugger)今シーズン一番のシュプール。歓喜が止まりません。
9
この時期にしては想像できないほどの真っ白斜面を自在に滑る。石もないのでストレスフリー。
2020年11月22日 10:04撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期にしては想像できないほどの真っ白斜面を自在に滑る。石もないのでストレスフリー。
16
標高差的には大したことないが、快適な滑降。
2020年11月22日 10:04撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高差的には大したことないが、快適な滑降。
10
沢のボトムでシールを付けて登り返し。
シュプールの横を登る。
2020年11月22日 10:29撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢のボトムでシールを付けて登り返し。
シュプールの横を登る。
12
11月とは思えない光景。
滑り出し斜面は雪庇状になっていて苦労しそうなので、右方の弱点目指して登る。
2020年11月22日 10:32撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11月とは思えない光景。
滑り出し斜面は雪庇状になっていて苦労しそうなので、右方の弱点目指して登る。
11
真砂カールを見下ろす。
遠くに唐松〜五竜〜鹿島槍〜爺が見える。
2020年11月22日 10:32撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂カールを見下ろす。
遠くに唐松〜五竜〜鹿島槍〜爺が見える。
10
rugger)直下急斜面は氷化面に薄い積雪がありました。
2020年11月22日 10:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
rugger)直下急斜面は氷化面に薄い積雪がありました。
3
それでも最後はシートラ+アイゼンになる。
2020年11月22日 10:55撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでも最後はシートラ+アイゼンになる。
12
烈風の稜線。奥は真砂岳。
2020年11月22日 11:00撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烈風の稜線。奥は真砂岳。
9
rugger)時に耐風姿勢で構えます。
2020年11月22日 11:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
rugger)時に耐風姿勢で構えます。
3
身体ごと飛ばされそうな烈風の中、下降点まで戻る。
バックは剣御前方面。
2020年11月22日 11:02撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
身体ごと飛ばされそうな烈風の中、下降点まで戻る。
バックは剣御前方面。
7
rugger)小一時間で真砂稜線に戻って来ました。カールでのんびりしましたが、スキーの機動力は素晴らしいです。
2020年11月22日 11:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
rugger)小一時間で真砂稜線に戻って来ました。カールでのんびりしましたが、スキーの機動力は素晴らしいです。
6
rugger)青空から一変。冬将軍の寒雲が見えてきました。
2020年11月22日 11:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
rugger)青空から一変。冬将軍の寒雲が見えてきました。
7
大走沢左俣を滑降。
上部は石も少なく快適。
2020年11月22日 11:28撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大走沢左俣を滑降。
上部は石も少なく快適。
12
室堂平を眺めながらの滑降。
天気予報どおり雲が出てきた。
2020年11月22日 11:30撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂平を眺めながらの滑降。
天気予報どおり雲が出てきた。
7
下部に来ると、ブッシュや石が出てくるので、横滑りも交えながらの滑降。
2020年11月22日 11:31撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部に来ると、ブッシュや石が出てくるので、横滑りも交えながらの滑降。
7
最下部は岩の間を縫うように降りる場面もある。
雪が少なく沢割れもあるので注意が必要。
2020年11月22日 11:35撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最下部は岩の間を縫うように降りる場面もある。
雪が少なく沢割れもあるので注意が必要。
5
雷鳥沢キャンプ場。
テントが結構張られていた。
雷鳥荘下の斜面も昨日より雪が減ったようだ。
2020年11月22日 12:14撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢キャンプ場。
テントが結構張られていた。
雷鳥荘下の斜面も昨日より雪が減ったようだ。
13
雷鳥荘前到着。
稜線はすっかりガスに覆われてしまった。
いいタイミングで行って来れた。
2020年11月22日 12:33撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥荘前到着。
稜線はすっかりガスに覆われてしまった。
いいタイミングで行って来れた。
8

感想/記録
by rugger

稜線は今シーズン一番の寒風のお出迎え。
そして貸切りの真砂沢カールへのドロップは、最高の一本でした。

午後はヤマテン荒天予報。急いで稜線を後にしました。
下から見上げると、稜線は既に暗雲に覆われていました。

さっさと雷鳥荘に戻り、本日後半戦。
よりハードな宴会が岳に登り返しました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:446人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ