また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2768789 全員に公開 ハイキング 御在所・鎌ヶ岳

油日岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月29日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車
JR草津線油日駅から登山口までは徒歩で1時間半ほど
柘植側の奥余野公園登山口から柘植駅までは徒歩40分ほど
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
34分
合計
4時間34分
Sスタート地点08:4010:44油日神社分岐10:4510:50油日岳11:1111:14油日神社分岐11:1511:21加茂岳11:2211:31忍者岳11:3211:45三国岳11:4611:54不鳥越峠11:5512:03倉部山12:0612:18ゾロ峠12:1912:38奥余野森林公園 駐車場12:4012:59旗山西登山口13:0013:14柘植駅13:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
油日岳登山口(甲賀側)→油日岳:駅から油日神社を経て林道に入りひたすら歩き続けます(タクシーに乗ればよかった)。途中、林道終点に至る直前で、地元山岳会の「崩落のためう回路使用してください」という看板がありりんどうを離れて急斜面を登って行きます。迷うような場所はありません。
油日岳→ぞろぞろ峠:尾根歩きで花崗岩が風化した砂のため、滑りやすくなっており注意が必要です。三国岳の手前では岩をよじ登るようなところもあります。
ぞろぞろ峠→奥余野公園登山口:「東海自然歩道」に指定された道で歩きやすいです。
その他周辺情報油日神社は重要文化財の本殿が見事な神社です。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) 携帯 時計 タオル ストック

写真

甲賀の「飛び出し君」はマッチョですね。
2020年11月29日 08:43撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲賀の「飛び出し君」はマッチョですね。
1
駅前にある油日神社の鳥居、しかしここから油日神社まではかなり歩きます。
2020年11月29日 08:45撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前にある油日神社の鳥居、しかしここから油日神社まではかなり歩きます。
重要文化財に指定されている油日神社の社殿
2020年11月29日 09:07撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重要文化財に指定されている油日神社の社殿
1
舗装路をずっと歩いた後に林道入り口着、登山ポストがあります。ここからも長い。
2020年11月29日 09:16撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路をずっと歩いた後に林道入り口着、登山ポストがあります。ここからも長い。
地元山岳会が設置した迂回路の看板
2020年11月29日 09:57撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地元山岳会が設置した迂回路の看板
迂回路は杉植林の斜面に作られていました。
2020年11月29日 10:02撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回路は杉植林の斜面に作られていました。
迂回路途中の尾根
2020年11月29日 10:12撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回路途中の尾根
迂回路と本来の登山道の合流点、ほっとしました。
2020年11月29日 10:20撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回路と本来の登山道の合流点、ほっとしました。
御手洗・最後の水場と書かれています。ここから頂上まではすぐでした。
2020年11月29日 10:32撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御手洗・最後の水場と書かれています。ここから頂上まではすぐでした。
尾根に出ました。
2020年11月29日 10:44撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出ました。
油日岳山頂
木が茂っていて見晴らしはよくありません。
2020年11月29日 10:50撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
油日岳山頂
木が茂っていて見晴らしはよくありません。
1
三馬谷滝へ下る道の標識が何か所か出てきているのですが、「山と高原地図」にはなくヤマレコのログにもないので怖ろしくて通れません。
2020年11月29日 11:18撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三馬谷滝へ下る道の標識が何か所か出てきているのですが、「山と高原地図」にはなくヤマレコのログにもないので怖ろしくて通れません。
加茂岳
名前の由来はなにでしょうか?
2020年11月29日 11:21撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
加茂岳
名前の由来はなにでしょうか?
風化して痩せた尾根があります。標高は低くても手強いです。
2020年11月29日 11:27撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風化して痩せた尾根があります。標高は低くても手強いです。
尾根から少し離れたところにある忍者岳、最近の観光ブームに乗っかってつけられた名前という感じがします、ここからも三馬谷滝に下りられるような標識になっていますが、スルーです。
2020年11月29日 11:31撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根から少し離れたところにある忍者岳、最近の観光ブームに乗っかってつけられた名前という感じがします、ここからも三馬谷滝に下りられるような標識になっていますが、スルーです。
望油峠
油日を望む峠ということでしょうか?
2020年11月29日 11:38撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望油峠
油日を望む峠ということでしょうか?
三国岳
那須ヶ原山方面とぞろぞろ峠方面の分岐点になっています。
ヤマレコの地図では三国岳は分岐点から15分ほど那須ヶ原山に向かった場所になっています。どちらが正しいのでしょうか?
2020年11月29日 11:44撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国岳
那須ヶ原山方面とぞろぞろ峠方面の分岐点になっています。
ヤマレコの地図では三国岳は分岐点から15分ほど那須ヶ原山に向かった場所になっています。どちらが正しいのでしょうか?
三国岳付近から伊賀を見下ろします。
2020年11月29日 11:46撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国岳付近から伊賀を見下ろします。
1
ぞろぞろ峠に向かう道は油日岳から三国岳の尾根よりは歩きやすいです。
2020年11月29日 11:55撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぞろぞろ峠に向かう道は油日岳から三国岳の尾根よりは歩きやすいです。
ぞろぞろ峠に至る道の途中にある倉部山
亀山方面への展望がよかったりします。
2020年11月29日 12:02撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぞろぞろ峠に至る道の途中にある倉部山
亀山方面への展望がよかったりします。
ぞろぞろ峠に到着、前回はここから旗山経由で柘植駅に行きましたが、今回は余野公園に下ります。
2020年11月29日 12:18撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぞろぞろ峠に到着、前回はここから旗山経由で柘植駅に行きましたが、今回は余野公園に下ります。
1
ぞろぞろ峠からの下りは東海自然歩道の一部ということもあって歩きやすく整備されています。
2020年11月29日 12:18撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぞろぞろ峠からの下りは東海自然歩道の一部ということもあって歩きやすく整備されています。
坎霞渓とあります。警告が美しいのでしょうか?
今回はこのあたりから柘植駅で1時間に1本しかない列車に乗ることを意識し始めたので景色を見る余裕がありません。
2020年11月29日 12:25撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坎霞渓とあります。警告が美しいのでしょうか?
今回はこのあたりから柘植駅で1時間に1本しかない列車に乗ることを意識し始めたので景色を見る余裕がありません。
奥余野公園登山口の案内図です。
そばに豚コレラ予防のための消石灰があり、靴底につけます。
2020年11月29日 12:38撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥余野公園登山口の案内図です。
そばに豚コレラ予防のための消石灰があり、靴底につけます。
柘植駅に向かう分岐です。
2020年11月29日 12:49撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柘植駅に向かう分岐です。
前回通った旗山
2020年11月29日 13:07撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回通った旗山
1
柘植駅が見えてきました。
昔は繁盛した駅だったのでしょうか?
2020年11月29日 13:12撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柘植駅が見えてきました。
昔は繁盛した駅だったのでしょうか?
柘植駅前の案内図です。土産物屋兼酒屋?が1軒ありました。
2020年11月29日 13:14撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柘植駅前の案内図です。土産物屋兼酒屋?が1軒ありました。

感想/記録

今まで3回油日岳に登ったものの甲賀側(油日神社側)から登ったことが一度もなかったため、チャレンジ。朝一番の列車で名古屋から亀山・柘植で乗り換えて油日に到着、駅前にはタクシーの姿がなく、歩いてしまえ、と歩き出したが、登山道入り口までは長い道のりだった。
途中、油日神社に寄る。朝早かったので参拝する人の姿はなかった。そこからは舗装道路をひたすら歩き、林道に入ってからも長い道のりだった。
林道の途中で、地元の山岳会による迂回路の標識があったのでそれに従って急な坂を上り尾根に出る。なんでも既存の登山道は崩落により危険らしい。
テープや踏み跡を頼りに迂回路を進み元の登山道に合流するとそこから尾根まではあっという間だった。尾根についてから油日岳までは5分。気温が低く立ち止まるとすぐに汗が冷えて寒くなってきた。
油日岳頂上を出発して元の道を三国岳に向かう。途中の尾根は700メートル前後の標高にも関わらず、かなりスリリングな道だった。前を歩く二人連れはストックを手に持っていたが、三点支持を強いられる場面もあり、ストックはしまっておいた方がよいような尾根だった。
那須ヶ原山方面とぞろぞろ峠方面の分岐になる三国岳からぞろぞろ峠までは所々急な下りはあるものの楽に歩ける道のりで開けた場所から伊賀・亀山方面の眺望を楽しむ余裕もあった。
ぞろぞろ峠についてから帰りの列車の時間が気になり、スマホで検索すると、コースタイムより少し早い到着のタイミングで1時間に1本しかない亀山行が行ってしまうことに気付き、そこからは速足で下った。途中の景色もそこそこにひたすら歩き続けて柘植駅に到着、待合室で汗で濡れたシャツを替える時間が取れたのは幸運だった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:197人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ