また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2773014 全員に公開 雪山ハイキング 八ヶ岳・蓼科

美ヶ原 三城〜王ヶ頭〜王ヶ鼻

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三城
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間33分
休憩
24分
合計
2時間57分
Sダテ河原登山口09:3210:45美ヶ原10:4610:59王ヶ鼻11:2211:45王ヶ頭ホテル12:29ダテ河原登山口12:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:55 自宅出発 3℃
9:25 三城到着 0℃

9:31 ダテ河原登山口出発
9:53 林道合流点到着
10:30 木舟コースとダテ河原コースの合流点到着
10:40 アルプス展望コースとの十字路到着
10:45 王ヶ頭到着
11:02 王ヶ鼻到着

11:16 王ヶ鼻出発
11:47 王ヶ頭出発
11:50 アルプス展望コースとの十字路到着
12:29 ダテ河原登山口到着

平面距離  8.7km
沿面距離  8.9km
記録時間 02:58:26

最低高度 1,415m
最高高度 2,037m

累計高度(+) 709m
累計高度(-) 722m

平均速度 3km/h
最高速度 9.4km/h

登り歩行時間
ダテ河原コース登山口〜王ヶ頭:1時間14分 9:31〜10:45(休憩なし)

下り歩行時間
王ヶ頭〜ダテ河原コース登山口:42分 11:47〜12:29(休憩なし)
コース状況/
危険箇所等
多い場所で積雪2cm程度
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ゲイター ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 GPS 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ 日よけ帽子

写真

林道との合流点
積雪はわずか
2020年11月29日 09:53撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道との合流点
積雪はわずか
木舟コースの王ヶ鼻へのルートと分岐後はトレースなし
先行者は王ヶ鼻へ向かったようだ
2020年11月29日 10:25撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木舟コースの王ヶ鼻へのルートと分岐後はトレースなし
先行者は王ヶ鼻へ向かったようだ
ダテ河原コースと合流
2020年11月29日 10:30撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダテ河原コースと合流
アルプス展望コースとの十字路
2020年11月29日 10:40撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルプス展望コースとの十字路
2
ようやく霧氷らしくなってきたが、楽しめたのはここだけ
2020年11月29日 10:42撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく霧氷らしくなってきたが、楽しめたのはここだけ
2
富士山が見える
2020年11月29日 10:43撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が見える
2
台上と八ヶ岳連峰
2020年11月29日 10:43撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台上と八ヶ岳連峰
3
寒いので、撮影したらすぐに王ヶ鼻に向かう
2020年11月29日 10:45撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒いので、撮影したらすぐに王ヶ鼻に向かう
2
王ヶ鼻に到着
予想以上に風が強くて寒い
ここからの眺めを期待していたが長居出来ない
2020年11月29日 11:02撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
王ヶ鼻に到着
予想以上に風が強くて寒い
ここからの眺めを期待していたが長居出来ない
2
爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳
2020年11月29日 11:07撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳
5
槍ヶ岳
常念岳の積雪は少なそうだ
2020年11月29日 11:08撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳
常念岳の積雪は少なそうだ
5
穂高連峰から槍ヶ岳
2020年11月29日 11:08撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高連峰から槍ヶ岳
3
蓼科山と八ヶ岳連峰と富士山
2020年11月29日 11:12撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山と八ヶ岳連峰と富士山
2
鉢伏山と南アルプス
2020年11月29日 11:13撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢伏山と南アルプス
1
鹿島槍ヶ岳と武石峰
2020年11月29日 11:31撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳と武石峰
7
電波塔群北の霧氷
2020年11月29日 11:36撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電波塔群北の霧氷
2
美ヶ原ビジターセンター
2020年11月29日 11:38撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美ヶ原ビジターセンター
北アルプスと武石峰と美ヶ原牧場
2020年11月29日 11:38撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスと武石峰と美ヶ原牧場
2
武石峰と美ヶ原ビジターセンター
2020年11月29日 11:40撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武石峰と美ヶ原ビジターセンター
1
浅間山
こちらもまだ積雪は少なそうだ
2020年11月29日 11:41撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山
こちらもまだ積雪は少なそうだ
2
王ヶ頭ホテルの南側から
2020年11月29日 11:44撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
王ヶ頭ホテルの南側から
下山を開始
2020年11月29日 11:47撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山を開始

感想/記録

先週の3連休は家族サービスにより十分な運動が出来ていないので、今週はどこかに行きたいが土曜日は悪天候となった。
日曜日は蝶ヶ岳や常念岳への林道冬季閉鎖前の最終日だが、北アルプスに行くのは体力的に現状では無理があると判断し、少し積雪している様子の美ヶ原に行くことにした。
麓から見る北アルプスの中腹は霧氷で白くなっていて、朝日に輝いている。やっぱり北アルプス山行を計画しておけば良かったと後悔しつつも、美ヶ原から北アルプスを望むのを良いかと自身をなぐさめる。

前日降雪があったので霧氷を期待していたが、台上付近しか木々に積雪は見られず三城付近に積雪はない。
林道までの登りでは2週間前の常念岳山行の登り始めと異なり同じ気温でも体は寒くないが、鼻の奥が少し痛い。
林道と合流して木舟コースの登りに入ってからパーカーを脱いで長袖Tシャツになった。
途中から登山道に積雪が現れたが、新雪のみで滑ることはなく滑り止めを使用することはなかった。
木舟コース

樹林帯を抜けて風が強まる場所で上にパーカーを着るかどうか迷ったが、長袖Tシャツのまま王ヶ頭に向かった。
王ヶ頭では強風ではなかったが、強めの風がずっと吹いていて寒いので足早に王ヶ鼻に向かって下った。
王ヶ頭ホテルのバスが通る道路ではタイヤによる圧雪で滑るので圧雪されていない場所を選んで歩いた。
途中の西からの風が避けられる場所でパーカーを上に着た。

王ヶ鼻は積雪した北アルプスがきれいに見えているし、富士山や八ヶ岳の眺望もよいが、王ヶ鼻に到着した時よりも風が強く、じっとして居られない。
今日は王ヶ鼻でMavic Miniを飛行させようと考えていたが、強風で無理がある。
15分程うろうろと歩きまわりながら風のおさまるのを待ってみたが、あきらめることにした。

王ヶ頭に戻ると王ヶ鼻よりもさらに風が強くなってしまったので、すぐに下山することにした。
下山時は日向の積雪は既にほとんど消えていた。樹林帯に入ると風がなくなったのですぐにパーカーを脱いで長袖Tシャツにした。

ダテ河原コースと木舟コースの分岐点手前ですれ違う女性に「林道を走っていられた方ですよね?」と話しかけたら、両手を小さく左右に振りながら「全然走ってません」と否定された。
あれ、人違いかなと思いつつすれ違い後、振り返ったらトレランザックの上にパーカーを着ていたらしく背中が少し盛り上がっただけで何も背負っていないよう装備で、ぴょんぴょんと跳ねるように傾斜のある登山道を走って登って行った。
やっぱり林道を走っていたトレランの人に間違いないと思いながら、あの積雪した登りで走れる脚力に感心した。

下りでダテ河原コースを通るか木舟コースを通るか少し迷ったが、岩の多いダテ河原コースを避けて登って来た木舟コースを下ることにした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:336人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ