また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2828709 全員に公開 山滑走 白神山地・岩木山

岩木山 百沢 2020滑り納め

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年12月30日(水) [日帰り]
メンバー
天候雪 気温低め 風弱め
アクセス
利用交通機関
車・バイク
百沢スキー場 駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間27分
休憩
16分
合計
4時間43分
Sスタート地点09:0212:00滑走開始地点 1389m12:1312:15錫杖清水12:1612:23焼止り避難小屋13:10鼻コクリ13:1113:14カラスの休場13:30七曲13:3113:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
百沢スキー場リフト使用 
登り3時間 下り1時間半
コース状況/
危険箇所等
新雪深め 風弱め 下部細い枝の藪 山頂直下視界アリ

スキー場から出る尾根直進(登りは夏道方向に行かない)→山頂直下視界ある場合は楽。

夏尾根下ってちょっと950m付近から沢に入りそうになるので注意。右目に進路
その他周辺情報百沢スキー場 リフト一回券250円
       リフト9:00始動
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スキー ストック シール ビーコン プローブ スコップ オーバーグローブ インナーグローブ 防寒着 ハードシェル ゴーグル バラクラバ ニット帽 行動食 長袖インナー 靴下 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 携帯 サングラス ナイフ 長袖シャツ タイツ ズボン 着替え など
共同装備 工具 医療 ツェルト
備考 トレペorティッシュ持っていく

写真

1月はここを滑って降りたい
2020年12月30日 10:14撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1月はここを滑って降りたい
新雪の表層が一部雪崩た
2020年12月30日 10:42撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新雪の表層が一部雪崩た
今回はスキー場尾根をそのまま登る
2020年12月30日 10:54撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はスキー場尾根をそのまま登る
奥が焼け止り(夏道)の尾根
真ん中行き止まり尾根
2020年12月30日 11:02撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥が焼け止り(夏道)の尾根
真ん中行き止まり尾根
割と視界いい
2020年12月30日 11:40撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割と視界いい
右は岩木山直下の岩塊
左には鳥海もうっすらと
この写真では伝わらない...
2020年12月30日 11:50撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右は岩木山直下の岩塊
左には鳥海もうっすらと
この写真では伝わらない...
1
今日の百沢スキー場
2020年12月30日 13:51撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の百沢スキー場

感想/記録
by kouW

  前日のトレースはストック跡がわずかに見えるくらいで新雪が深いことが直ぐに分かった。僅かに残るトレースをかすめながら登ると少しは楽で昨日より深いラッセルだったが気が付くと標高をかなり上げていた。そう思っている間にもトレースを午後には消し去りそうなペースで雪が積もる。今日は昨日よりも雪が深いためか登りでシールが滑ることはない。
  3人で交代しながら登ってゆくと昨日沢を夏道の方へ越えた付近へ差し掛かる。今回は昨日とはルートを変え、沢を渡らずに右方向の斜面へと登った。真ん中の尾根から右側の尾根へ乗り上げるわけだが今いる真ん中の斜面が急で上りにくいため、今いる尾根の右斜面をトラバース気味に登ろうとし自分の沢方向の足を踏み出した瞬間足から下の新雪層が部分的に表層雪崩を起こした。サラサラーと音を経てて崩れ沢へ流れ込んだが3メートル程で直ぐに雪崩は止んだ。直ぐに後ろに戻って斜面の正面を上り返した。雪崩の始まりは小さな亀裂から始まるがこれが大量のデブリとなることを想像するとしっかりと気を引き締めて冬山に望む大切さを改めて実感した。
  今日は雪は相変わらず積もり続けているが風は弱く、左手に鳥海の頂上まで見渡せる。いよいよ岩木山の直下にある岩塊が見える所まで登り上げた。今日は心なしか登りが楽だった。鳥海と岩木山の間を夏道が抜ける地点に合流した所でシールを剥がして滑り出した。
  山頂直下でも風が弱くやや視界は悪いが十分滑りを楽しめた。自分はまだ滑走技術が未熟なので数度転倒して雪に埋まっていたが、nとKはすいすい滑りを楽しんでいた。雪が深いため傾斜が弱くなる中部下部では滑りにくかった。下部では枝下へのスキーの潜り込みには注意したい。
  反省:シールの末端部を少しきつくすること。年末年始は冬型が強まり大量の降雪が予想されるので、年明けからの滑走では雪崩の可能性には十分に注意したい。また雪崩が起きやすい地形には入り込まないように注意したい。
  今日で2020も山納め。コロナ渦で遠出はできなかったが夏の白神や八甲田、冬の岩木山へ通って魅力に気づくことができ良い一年だった。青森に来て2年目にやっと岩木山の魅力が分かってきた。やっぱり岩木山はいい山。皆さんお疲れさまでした。
  
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:265人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ストック 雪崩 デブリ トラバース
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ