また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 283058 全員に公開 雪山ハイキング 北陸

赤堂山

情報量の目安: C
-拍手
日程 2013年04月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候雨・強風・小雪 (爆弾低気圧)
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間27分
休憩
6分
合計
5時間33分
Sスタート地点10:4411:13中河内11:1713:42赤堂山13:4415:46中河内16:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2013年04月の天気図 [pdf]

写真

100403 以降の写真は3年前のものです。
2012年11月07日 22:04撮影 by N73, Nokia
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100403 以降の写真は3年前のものです。
作業小屋にある最終水場。
2013年04月07日 11:17撮影 by SBM005SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業小屋にある最終水場。
頂上の証拠写真。
2013年04月07日 13:44撮影 by SBM005SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の証拠写真。
4

感想/記録

誤って消したログを録り直すために行った。

ゲート前でカップ焼きそばで腹ごしらえをしていると、ゲートを鍵で開け、
「この先の部落に行く」と言うジムニーの男性が通り過ぎる。

スパッツを忘れたので、日本手ぬぐいを縦に裂き、
靴の口とカッパズボンを雪が入り込まないように結ぶ。

もう人はいるまいと思っていたが登山口の手前、パワーショベルで
除雪をする男性が現る。道を譲ってもらうため大声をかけるが
ショベルの音にかき消され聞こえない。2分ほど待つ。
「雨降っとるのに、遭難するぞ」と注意を受ける。

雪は腐っており(固柔らかく)、終始つぼ足であった。
作業用手袋だったのが失敗。雪に吹かれ凍(こご)える。
余計な装備は一切持ってゆかなかったが、
これでもし骨折でもしたら(ビバークもできず)凍死である。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:709人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ