また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 290312 全員に公開 沢登り丹沢

中川川水系 マスキ嵐沢(沢登り講習)

日程 2013年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候快晴(沢日和)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大滝橋周辺
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

9:00大滝橋林道ゲート
(沢登り注意事項)
10:00発−
10:30マスキ嵐沢出合10:40−
14:40箒沢権現山西部コル−
14:55箒沢権現山15:30−
マスキ嵐沢・藤嵐沢の界尾根下降−
17:00大滝橋林道ゲート
コース状況/
危険箇所等
■沢登り講習(初心者から中級者まで対応しています)
 http://mt-farm.info/

■マスキ嵐沢

 小難しい西丹沢にあって距離も短く詰めも比較的平穏で
 適度に直登できる滝や小振りなナメもある
 沢登り初めての方には最適な沢。

 遡行グレード:1級
過去天気図(気象庁) 2013年04月の天気図 [pdf]

写真

大滝沢林道を歩く
2013年04月28日 10:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝沢林道を歩く
マスキ嵐沢入渓点
今日は絶好の沢日和
2013年04月28日 10:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マスキ嵐沢入渓点
今日は絶好の沢日和
最初の4m滝を登るOさん
2013年04月28日 10:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の4m滝を登るOさん
長さ10mトイ状滝を登る
2013年04月28日 11:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長さ10mトイ状滝を登る
2段15m
この沢の大滝だ
どちらからも登れるが今回は流芯右を登る
2013年04月28日 11:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段15m
この沢の大滝だ
どちらからも登れるが今回は流芯右を登る
大滝登攀中のOさん
余裕〜
2013年04月28日 11:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝登攀中のOさん
余裕〜
大滝を越えれば5m級の滝が3つ続く
2013年04月28日 11:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝を越えれば5m級の滝が3つ続く
滝群を終えて一本取る
2013年04月28日 12:56撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝群を終えて一本取る
水も涸れ5m棚を攀じるOさん
2013年04月28日 13:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水も涸れ5m棚を攀じるOさん
さぁ最後の棚10mだ
まずは右から高巻きをして、いったん懸垂下降で降り、今度は棚を直登してもらった
2013年04月28日 13:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ最後の棚10mだ
まずは右から高巻きをして、いったん懸垂下降で降り、今度は棚を直登してもらった
詰めの稜線も間近
2013年04月28日 14:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰めの稜線も間近
箒沢権現山山頂に着
2013年04月28日 14:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箒沢権現山山頂に着
読図をしながらマスキ嵐沢と藤嵐沢の界尾根を下りてみましょう
2013年04月28日 15:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
読図をしながらマスキ嵐沢と藤嵐沢の界尾根を下りてみましょう
この辺尾根が太く枝尾根が幾つも分派しており読図力が試される
2013年04月28日 15:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺尾根が太く枝尾根が幾つも分派しており読図力が試される
左に植林帯と藤嵐沢が近くなれば尾根の末端だ
2013年04月28日 16:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に植林帯と藤嵐沢が近くなれば尾根の末端だ

感想/記録
by kamog

沢の直登は初めてという受講者さんと春爛漫のマスキ嵐沢へ行く。
このGW前半は日本海側を除き絶好の山日和。
今回は沢に必要な装備、沢の読図の方法、滝登りのロープワーク、
高巻きの見極め、懸垂下降、そして下山尾根の読図のポイントなど
沢登りの基本をみっちり行いました。

Oさん、センスありますね。
今後も是非続けてください。
訪問者数:1470人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ