ヤマレコ

一本立てる(いっぽんたてる)

最終更新:2016-12-09 15:35 - kajika-totto
基本情報
登山中に休憩を取ること。「この辺で一本取ろうよ」とか「一本入れよう」などと言う人が多いが、正しくは「一本立てる」と使う。
昔、剛力が荷運びの途中で休憩をとるとき、杖に使っている棒を背負子の下に立てて休んだ。剛力の運ぶ荷物は重さが数十キロもあるため、荷は一度地面に下ろすと再び背負って立ち上がるのがかなり困難となる。そのため荷は下ろさず立ったままの姿勢で杖を背負子の下に立てて休んだ。ここからきている言葉。
剛力‥山小屋や山上の施設に備品や食料などを背負子(しょいこ)で担ぎ上げた人たちのこと。中には100kg以上を担ぎ上げる超人もいた。

関連する写真リスト

早速、一本立てるjijiさん (po)
0826 山頂まで0.8km。展望ヨシ!シロヤシオに囲まれ一本立てる。 ここからお花咲き乱れ。
新緑の下で一本立てる
おじいさんのように休む人。昔は休むことを、枝を荷物の下にあてて立ったまま休むことから、一本立てると言ったんだよ。と教える。その後も学校で役に立たない山うんちくを語る父。
炭焼き小屋跡を通過。一本立てるのにちょうどいい地点ですね。

「一本立てる」 に関連する記録(最新3件)

奥秩父
  78    25 
2017年05月27日(日帰り)
ページの先頭へ