また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2912934 全員に公開 ハイキング 九州・沖縄

白髪岳・陀来水岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年02月11日(木) [日帰り]
メンバー
天候薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間22分
休憩
22分
合計
4時間44分
S白髪岳登山口07:5708:17猪ノ子伏08:2009:37三池神社09:3809:52白髪岳10:1012:40白髪岳登山口12:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

写真

登山口前。車が5〜6台くらい止められます。バイクで一番乗り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口前。車が5〜6台くらい止められます。バイクで一番乗り。
ブナ生息の南限なのだそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ生息の南限なのだそうです。
とても立派なヒメシャラ発見。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても立派なヒメシャラ発見。
なかなか風格のある樹皮ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか風格のある樹皮ですね。
朽ちた大木、上の方。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朽ちた大木、上の方。
その下の部分。登山道の部分だけカットしてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その下の部分。登山道の部分だけカットしてます。
樹皮のいろいろな表情を見るのが好きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹皮のいろいろな表情を見るのが好きです。
わかりにくいですが、この木は途中で幹が途切れて、その真横に幹が再び伸びていってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わかりにくいですが、この木は途中で幹が途切れて、その真横に幹が再び伸びていってます。
気持ちのよい尾根筋に出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのよい尾根筋に出てきました。
まるで造り物のような、サルノコシカケ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで造り物のような、サルノコシカケ。
こっちも年季が入ってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちも年季が入ってます。
高木が減り、空が開けてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高木が減り、空が開けてきました。
あちらが山頂の方です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちらが山頂の方です。
枯れ木にしがみつく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れ木にしがみつく。
雲から浮かんだ、霧島の山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲から浮かんだ、霧島の山々。
市房山と石堂山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市房山と石堂山。
陀来水山へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陀来水山へ向かいます。
立ち枯れがちょっとかわいそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れがちょっとかわいそうです。
尾根の頂上付近は網で囲って、保護されているようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の頂上付近は網で囲って、保護されているようです。
立派な木が多いんですが、周りのように枯れてしまわないか心配です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な木が多いんですが、周りのように枯れてしまわないか心配です。
この、こんもりしたのが陀来水岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この、こんもりしたのが陀来水岳。
まるで植樹したような、純林。ヒメシャラでしょうか。帰りはここを抜けていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで植樹したような、純林。ヒメシャラでしょうか。帰りはここを抜けていきます。
陀来水岳方面と、登山口方面の分岐点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陀来水岳方面と、登山口方面の分岐点。
陀来水岳の森の中。さっきまで茅ばかりの平地だったのがウソのよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陀来水岳の森の中。さっきまで茅ばかりの平地だったのがウソのよう。
陀来水岳を降りて、登山口へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陀来水岳を降りて、登山口へ向かいます。
どんどん下って、川を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下って、川を渡ります。
林道に到着。ここから林道を歩いて帰ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に到着。ここから林道を歩いて帰ります。

感想/記録

2年前の前回は雪景色だったのですが、今回は雪も無く、木々の姿がよく確認できて、これはこれでなかなかよかったです。白髪岳から陀来水岳の間は茅のため歩行困難という看板が立ってましたが、茅は枯れているので問題なし、ただし、道が分かりにくく、茅が生育旺盛な時期は歩行困難かもしれません。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:68人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 サル ブナ ウソ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ