また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2975287 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 谷川・武尊

武尊山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年06月27日(土) ~ 2020年06月28日(日)
メンバー
天候土曜日・・・曇り、日曜日・・・雨のち曇り。
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
東京(JR新幹線とき301号新潟行き6:08-6:58)⇒高崎(JR上越線水上行き7:11-8:17)⇒水上(徒歩)⇒宝台樹キャンプ場
宝台樹キャンプ場(タクシー)⇒水上(JR上越線高崎行き)⇒高崎(新幹線)⇒東京
JR水上駅で宝川温泉行きのバスでキャンプ場近くまで行けたのに気が付かなかった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間20分
休憩
0分
合計
6時間20分
S水上駅08:4012:30長沢橋バス停15:00宝台樹キャンプ場
2日目
山行
10時間48分
休憩
17分
合計
11時間5分
宝台樹キャンプ場08:4510:30裏見ノ滝駐車場10:37武尊神社10:45武尊沢林道終点駐車場11:25須原尾根分岐11:55武尊神社下降点12:25手小屋沢避難小屋分岐13:401977m地点14:25武尊山14:4016:15手小屋沢避難小屋分岐16:30武尊神社下降点17:00須原尾根分岐17:30武尊沢林道終点駐車場17:43武尊神社17:4517:50裏見ノ滝駐車場19:50宝台樹キャンプ場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
行者ころげと呼ばれる岩場は、大きく四つの岩場があり、厳しい。時間の都合で剣ヶ峰まで行く周遊が出来なかったので帰りも行者ころげを通らなくてはならず、参りました。
その他周辺情報コロナ禍の影響でキャンプ場が日曜日が開いていなかった。
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 着替え ザック ザックカバー サブザック 行動食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 保険証 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ テント テントマット シェラフ
備考 ラージメスティンなど他人の影響で荷物を重くしてしまい、難所の行者ころげがよりきつくなってしまった。テント泊の時は、軽量化すべきだと思った。

写真

8時半にJR水上駅に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時半にJR水上駅に到着。
宝台樹キャンプ場目指して歩いて行き、11時半に藤原湖に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝台樹キャンプ場目指して歩いて行き、11時半に藤原湖に到着。
15時、ようやく、宝台樹キャンプ場に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15時、ようやく、宝台樹キャンプ場に到着。
受付を済ませ、テントを張る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
受付を済ませ、テントを張る。
キャンプ場の日は暮れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場の日は暮れる。
翌朝、小雨の中、武尊山目指して歩いて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、小雨の中、武尊山目指して歩いて行く。
武尊神社を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武尊神社を通過。
この奥に裏見の滝へ通じる道があるようだが、通れないとの話を聞いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この奥に裏見の滝へ通じる道があるようだが、通れないとの話を聞いた。
相変わらず雨が降っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず雨が降っている。
分岐に出る。真っすぐ行くと剣ヶ峰、左へ行くと武尊山。わたしは、左を選択。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に出る。真っすぐ行くと剣ヶ峰、左へ行くと武尊山。わたしは、左を選択。
渡渉があって緊張する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉があって緊張する。
時々、手をつく場所もありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々、手をつく場所もありました。
陽が照って来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が照って来ました。
ギンリョウソウか、ギンリョウソウモドキだと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウか、ギンリョウソウモドキだと思います。
行者ころげの始まり。全部で4つの大きな岩場が連続してくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者ころげの始まり。全部で4つの大きな岩場が連続してくる。
これは二つ目の行者ころげ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは二つ目の行者ころげ。
集中して登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集中して登っていきます。
ようやく、行者ころげが終わってホッとする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、行者ころげが終わってホッとする。
まだまだ、遠そうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ、遠そうだ。
いよいよ、山頂か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ、山頂か?
武尊山山頂に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武尊山山頂に到着。
日本百名山の74座目を登頂だ。
2020年06月28日 14:45撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本百名山の74座目を登頂だ。
残念ながら山頂からは何も見えませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら山頂からは何も見えませんでした。
帰りも行者ころげの下りが待っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りも行者ころげの下りが待っている。
ようやく、分岐まで戻って来た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、分岐まで戻って来た。
日曜のうちに帰ることができず、仕方なく、閉まっているキャンプ場に泊まる羽目になりました。後日、キャンプ場に承認していただきました。トイレにやって来た大きなミヤマクワガタが、唯一の話し相手?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日曜のうちに帰ることができず、仕方なく、閉まっているキャンプ場に泊まる羽目になりました。後日、キャンプ場に承認していただきました。トイレにやって来た大きなミヤマクワガタが、唯一の話し相手?

感想/記録

コロナ禍で6月下旬まで自粛をしてからの昨年最初の山行。
感覚がわからず、水上駅からキャンプ場までもバスがあったのに半日かけての徒歩をしてしまい、翌日も雨の中、最初裏見の滝を見て帰るつもりが、武尊山山頂まで行ってしまう計画性のなさ。
反省点が多々ある山行でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:151人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ