また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 3030 全員に公開 沢登り丹沢

西丹沢/世附川水系 織戸沢

日程 2008年02月02日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
 htaka(SL)
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:02 浅瀬ゲート
8:50 〜 9:04 土沢出合
9:30 水の木橋
9:57 入渓
10:15 F1
11:12 堰堤No.1
12:07 標高709m付近
13:29 尾根(大栂より南→南西に伸びる尾根標高1000m付近)
14:09 標高860m
14:37 織戸林道・水の木林道出合
15:00 水の木橋
16:43 駐車場
コース状況/
危険箇所等
■織戸沢
  遡行グレード:1級
  核心部:入渓後15分に出てくるF1(2段8m)
       無雪期ならば1段目5mは流芯右を登れそうだが
       当日は一部スタンスが凍結しており
       左岸上部に見える岩場の上を高巻いた。
       岩場の上から先に見える小尾根ずたいに下降し
       1段目と2段目の間に下りる枝沢を下降。
       あと3mの地点で左岸をトラバースし、滝上に降りる。
  709m三俣は本流と思われる左俣へ行く。
  織戸林道の先に続く護岸堤は左俣中間部で交差していた。
  下降:左俣最上部で左側の尾根に乗り、その尾根を水ノ木に向かい下降。
     読図ができればそれほど難しくはないが、所々笹を漕ぐ。
     最後は、織戸林道と水ノ木林道の分岐点に降りた。
ファイル 3030.xls 計画書 (更新時刻:2010/07/28 08:54)
過去天気図(気象庁) 2008年02月の天気図 [pdf]

写真

雪化粧の水ノ木林道。運動靴でも大丈夫な程度。
2008年02月02日 08:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪化粧の水ノ木林道。運動靴でも大丈夫な程度。
旧水ノ木集落の廃屋。以前は地蔵平同様、人の暮らしがあった。
2008年02月02日 09:32撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧水ノ木集落の廃屋。以前は地蔵平同様、人の暮らしがあった。
いつしか人の造ったものは自然に還っていく
2008年02月02日 09:32撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつしか人の造ったものは自然に還っていく
正面から入ってくるのが織戸沢。すぐに小さな堰堤がある。
2008年02月02日 09:55撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面から入ってくるのが織戸沢。すぐに小さな堰堤がある。
核心のF1。1段目5mは無雪期なら流芯右から登れそうだが、さすがにこの時期は一部凍っていた。左岸から20mほど高巻き、1段目上部に見える枝沢から降りた。
2008年02月02日 10:15撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心のF1。1段目5mは無雪期なら流芯右から登れそうだが、さすがにこの時期は一部凍っていた。左岸から20mほど高巻き、1段目上部に見える枝沢から降りた。
きれいな釜が出てきた。苦労なく巻ける。
2008年02月02日 10:59撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな釜が出てきた。苦労なく巻ける。
またきれいな小釜。
2008年02月02日 11:04撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またきれいな小釜。
小滝が続く。足元は濡らさず。
2008年02月02日 11:08撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝が続く。足元は濡らさず。
ビバークできそうな平地。
2008年02月02日 11:31撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビバークできそうな平地。
709m三俣状は左俣を行く。
2008年02月02日 11:59撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
709m三俣状は左俣を行く。
左俣を行く。
2008年02月02日 12:07撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣を行く。
1m小滝。
2008年02月02日 12:10撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1m小滝。
続いて2m小滝。
2008年02月02日 12:14撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて2m小滝。
3mナメ滝。
2008年02月02日 12:20撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3mナメ滝。
織戸林道の延長線上と思われる護岸堤が横切っている。
2008年02月02日 12:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
織戸林道の延長線上と思われる護岸堤が横切っている。
詰め間近の二俣は右沢を行く。
2008年02月02日 13:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰め間近の二俣は右沢を行く。
下降は織戸沢左俣と梅ノ木沢の中間尾根を使う。
2008年02月02日 14:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降は織戸沢左俣と梅ノ木沢の中間尾根を使う。
水ノ木沢沿いの水ノ木林道と織戸林道の合流点にドンピシャ降りる。
2008年02月02日 14:29撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水ノ木沢沿いの水ノ木林道と織戸林道の合流点にドンピシャ降りる。
水ノ木林道と織戸林道の合流点。奥に進めば水ノ木沢へ入れる。水ノ木沢は小ぶりながらきれいなナメと10m滝を2つ持つ良い沢だ。
2008年02月02日 14:38撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水ノ木林道と織戸林道の合流点。奥に進めば水ノ木沢へ入れる。水ノ木沢は小ぶりながらきれいなナメと10m滝を2つ持つ良い沢だ。
旧水ノ木集落上流部にあった馬頭観音様。
2008年02月02日 14:38撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧水ノ木集落上流部にあった馬頭観音様。
広い平地を通過。旧集落はここにもあったのであろうか。
2008年02月02日 14:45撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い平地を通過。旧集落はここにもあったのであろうか。
土沢出合対岸。本谷を渡る吊橋あり。
2008年02月02日 09:04撮影 by u770SW,S770SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土沢出合対岸。本谷を渡る吊橋あり。
水の木沢下降地点
2008年02月02日 09:56撮影 by u770SW,S770SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水の木沢下降地点
F1:左岸を高まく
2008年02月02日 10:15撮影 by u770SW,S770SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F1:左岸を高まく
F1上部より釜を見下ろす
2008年02月02日 10:57撮影 by u770SW,S770SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F1上部より釜を見下ろす
標高700m弱には幕営適地が散見される
2008年02月02日 11:18撮影 by u770SW,S770SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高700m弱には幕営適地が散見される
右股分岐を振り返る
2008年02月02日 12:07撮影 by u770SW,S770SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右股分岐を振り返る
大栂より南へ伸びる尾根から分岐し、南西に伸びる尾根に出る
2008年02月02日 13:29撮影 by u770SW,S770SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大栂より南へ伸びる尾根から分岐し、南西に伸びる尾根に出る
860m付近
2008年02月02日 14:09撮影 by u770SW,S770SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
860m付近
訪問者数:3988人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ