また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3043324 全員に公開 雪山ハイキング 槍・穂高・乗鞍

御嶽山(摩利支天山)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年04月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

顔だけ出てる蛙
本物の蛙がこの状態だとまだ冬眠中になる?
2021年04月03日 06:22撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔だけ出てる蛙
本物の蛙がこの状態だとまだ冬眠中になる?
五ノ池の斜面がめちゃめちゃ綺麗
2021年04月03日 07:44撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五ノ池の斜面がめちゃめちゃ綺麗
三ノ池はまだ青くもなってないです
2021年04月03日 07:46撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ池はまだ青くもなってないです
1
念願の冬羽の雷鳥!
しかもつがいです
2021年04月03日 07:57撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念願の冬羽の雷鳥!
しかもつがいです
4
こっちがメス?
2021年04月03日 07:58撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちがメス?
3
こっちがオス?
2021年04月03日 07:59撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちがオス?
2
赤い肉冠がいいですね
2021年04月03日 08:01撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い肉冠がいいですね
4
これは岩雲雀だそうです
2021年04月03日 08:12撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは岩雲雀だそうです
1
御嶽山
黒沢口からしか登ったことがないので王滝側から行ってみたい
2021年04月03日 08:12撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山
黒沢口からしか登ったことがないので王滝側から行ってみたい
1
継母も行ったことない
2021年04月03日 08:14撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
継母も行ったことない
1
摩利支天頂上
2021年04月03日 08:28撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天頂上
2
北アも綺麗に見えます
2021年04月03日 09:31撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アも綺麗に見えます
2
帰り道でここが一番怖かった
2021年04月03日 11:11撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道でここが一番怖かった
なんとか抜けました
まだそんなに緩んでなかった
2021年04月03日 11:12撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか抜けました
まだそんなに緩んでなかった
1
撮影機材:

感想/記録

白い雷鳥を見るために目撃レコの多かった摩利支天にしました。

登山道はほぼ雪で気温の上がる前のためかよく締まっていました。
樹林帯ではトレースがしっかり残っており、トレースの上を歩けば踏み抜くことはまずありませんでした。
森林限界を越えてからは摩利支天や継子へ向かうトレースがさまざま付いており、よく地図を確認してルートを選ぶ必要があります。北面なので固めでアイゼンがよく利きました。

五ノ池から摩利支天へ向かう斜面にて目的の白い雷鳥のつがいに出会えました。18-400mmの高倍率レンズのおかげで(素人目ですが)かなり綺麗に撮れたと思います。

その後、摩利支天頂上、継子岳を回って下山しました。

今回の行程で一番しんどかったのは、前日の小坂から濁河温泉までの運転だったなと家についてから思い返しています。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:286人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2018/4/12
投稿数: 269
2021/4/4 7:21
 はじめまして
たぶん、k−kosukeさんに
つがいの雷鳥がいることを
教えて頂いたものです
言われなければ
気づかず、登ってしまうところでした!😅
貴重な情報ありがとうございました😊

最後の橋尾根
ボクも
ホント怖かったです🤣🤣🤣
登録日: 2020/2/2
投稿数: 0
2021/4/4 19:23
 Re:はじめまして
inuzuyaさん
雷鳥が見られて良かったですね!
つい興奮してお伝えしてしまいました。探して見つけることも楽しみのひとつだったかもと思っておりました😅

最後の橋尾根は踏み固められているとはいえ、いつか誰かが崩してしまい、ケガをしてしまうのではないかと不安です。
いっそ崩して登山道を露出させてしまえば良かったのかもしれません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 森林限界 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ