また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3076110 全員に公開 ハイキング 甲信越

小布施の名峰〜雁田山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年04月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間55分
休憩
1時間27分
合計
5時間22分
S岩松院公共駐車場09:0009:08岩松院登り口09:1611:01千僧坊11:1612:01展望園地12:1512:29雁田山13:1514:01辷り山登り口14:0514:22岩松院公共駐車場14:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
岩松院から登るとすぐに城跡ルートに出ます。このルートは岩が多く、下りよりも登りに適していると感じます。

写真

岩松院。桜が見事に開いてました。ゆっくり訪れたいお寺です。
2021年04月11日 09:04撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩松院。桜が見事に開いてました。ゆっくり訪れたいお寺です。
1
登山口にも桜。
2021年04月11日 09:07撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口にも桜。
登り始めてすぐに石垣。こちらは小城。
2021年04月11日 09:14撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めてすぐに石垣。こちらは小城。
石垣が岩場になり鎖場(ロープ)となります。
2021年04月11日 09:29撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石垣が岩場になり鎖場(ロープ)となります。
1
本当に岩ばかり。
2021年04月11日 09:37撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に岩ばかり。
1
小城から約20分で大城。ここで一息入れます。
2021年04月11日 09:46撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小城から約20分で大城。ここで一息入れます。
1
今朝、小布施の町で買ってきた「おやき」を行動食に。まだ温もりも残っていて、味は絶品でした。
2021年04月11日 09:52撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝、小布施の町で買ってきた「おやき」を行動食に。まだ温もりも残っていて、味は絶品でした。
4
正面は、飯縄山。展望良いです。
2021年04月11日 10:04撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面は、飯縄山。展望良いです。
2
路もだいぶ楽になってきました。
2021年04月11日 10:26撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路もだいぶ楽になってきました。
そして稜線が目の前に。
2021年04月11日 11:01撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして稜線が目の前に。
その稜線に出たところが千僧坊です。標高782mで、本日の最高峰。
2021年04月11日 11:05撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その稜線に出たところが千僧坊です。標高782mで、本日の最高峰。
展望もなかなか。
2021年04月11日 11:17撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望もなかなか。
3
千僧坊からは稜線歩き。
2021年04月11日 11:30撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千僧坊からは稜線歩き。
多少のアップダウンがあり、小ピークもまたいでいきます。
2021年04月11日 11:32撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少のアップダウンがあり、小ピークもまたいでいきます。
タイミングよくカタクリの群生に出会いました。
2021年04月11日 11:49撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タイミングよくカタクリの群生に出会いました。
3
大岩があるな、と思ったら姥石という名のある岩でした。
2021年04月11日 11:50撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩があるな、と思ったら姥石という名のある岩でした。
1
姥石からの展望。
2021年04月11日 11:50撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥石からの展望。
1
東屋。展望園地756mに到着です。このピークに名前を付けてほしいところです。
2021年04月11日 12:00撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋。展望園地756mに到着です。このピークに名前を付けてほしいところです。
ここからは北信五岳が全部丸見え。
2021年04月11日 12:07撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは北信五岳が全部丸見え。
1
左から飯綱山。
2021年04月11日 12:07撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から飯綱山。
1
展望園地の次は雁田山山頂。759m。
2021年04月11日 12:28撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望園地の次は雁田山山頂。759m。
雁田山山頂には反射板があったそうです。
2021年04月11日 12:29撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁田山山頂には反射板があったそうです。
三角点ピースタッチ。
2021年04月11日 12:30撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点ピースタッチ。
3
ここからも北信五岳が見えますが、どちらかというと展望園地からの眺めの方が良さげでした。
2021年04月11日 12:51撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも北信五岳が見えますが、どちらかというと展望園地からの眺めの方が良さげでした。
山頂の全貌。さて、下ります。
2021年04月11日 13:12撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の全貌。さて、下ります。
1
下り途中でふたたびカタクリの群生地と出会いました。
2021年04月11日 13:28撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り途中でふたたびカタクリの群生地と出会いました。
2
二の岩。こちらの下りに使ったルートは登りほど岩はありません。とても歩きやすい路でした。
2021年04月11日 13:49撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の岩。こちらの下りに使ったルートは登りほど岩はありません。とても歩きやすい路でした。
展望も良い下り路です。
2021年04月11日 13:49撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望も良い下り路です。
1
あっという間に登山口。
2021年04月11日 14:04撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に登山口。
登山口からせせらぎ緑道を歩いて岩松院へ戻ります。
2021年04月11日 14:06撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口からせせらぎ緑道を歩いて岩松院へ戻ります。
振り返ると本日歩いてきた稜線。良いお山でした。つたないレコ、最後までご覧いただきありがとうございました。
2021年04月11日 14:17撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると本日歩いてきた稜線。良いお山でした。つたないレコ、最後までご覧いただきありがとうございました。
2

感想/記録

雁田山は少し離れて全容を眺めると、雄大な形をしています。
雁が羽を広げた姿が由来と聞きましたが、どっしりした姿は麓から眺めるだけでも価値があります。
そして登ってみると、北信五岳の絶景が目に飛び込んでくるその眺望も素晴らしい。
その稜線は歩いていて気持ち良かったですし、足下ではカタクリの花がエールを送ってくれました。
信州には、私自身が知らない名山がたくさんあることを実感しました。
雁田山との素敵な出会いをくれた小布施の大自然に感謝です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:160人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鎖場 カタクリ 三角点 行動食 東屋 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ