また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 328807 全員に公開 ハイキング 近畿

<雪彦山(大天井岳〜地蔵岳〜虹ヶ滝)> 岩&鎖場トレ

情報量の目安: A
-拍手
日程 2013年08月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

11:22登山口 - 11:30不動岩 - 11:40展望岩 - 12:07出雲岩 -
12:17セリ岩 - 12:32馬の背 - 12:42大天井岳(昼食〜12:55)-
13:00天狗岩 - 13:25地蔵岳 - 14:06大曲 -
14:22雪彦川第二ダム - 14:28登山口
コース状況/
危険箇所等
>登山口
・駐車場は雪彦山バンガローの近くです。
 そんなのはお前だけだと言われそうですが、ナビの目的地を間違って
 雪彦峰山県立自然公園に設定しないように注意。全然違う所に連れて行かれます。
・駐車場には有料との看板がありましたが、肝心の集金システムが
 良く分かりませんでした。
・トイレは駐車場脇、登山ポストは登山口右側の小屋に設置されています。 
・地図は以下を参考にさせて頂きました。(とても役に立ちました)
 (詳細図)http://www.dab.hi-ho.ne.jp/seppiko/guide.htm
 (略図) http://bit.ly/182nOGh

>登山口〜大天井岳
・登山口からいきなり急登です。
・鎖場は何カ所かありますが、特に出雲岩を過ぎてすぐの登り、
 そして馬の背手前の登りの2カ所は一癖あります。

>大天井岳〜地蔵岳〜虹ヶ滝
・最初の下りの鎖が本コースで最も難易度が高いです。
・それ以外の鎖場、フィックスロープの勾配はさほど急ではありませんが
 苔によるスリップに注意。

>虹ヶ滝〜登山口
・とくに危険個所はありません。

>その他
・登山口の随分手前から自販機すらないので、
 県道23号線から67号線に入るまでには食料はもちろん、
 水も購入しておくのが無難です。(交差点にファミマがありました)
・駐車場を少し南に下ったあたりに日帰り温泉(雪彦温泉)がありました。
 下山してすぐに汗を流して帰れるのは嬉しいです。
過去天気図(気象庁) 2013年08月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ヘッドランプ 1
予備電池 2
地図 1
医薬品/エイドキット 1
保険証 1
飲料 1.5L 1L+非常用0.5L
ティッシュ 1
個人装備品
数量
備考
カメラ 1
タオル 1
携帯電話 1
雨具 1 上半身のみ
時計 1 プロトレック
非常食 1 飴、カロリーメイト

写真

鬼の渋滞と道迷いで予定到着時刻を1時間半オーバー。
雪彦三角点をあきらめて、大天井岳から地蔵岳経由で帰るコースに決定。
2013年08月04日 17:29撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼の渋滞と道迷いで予定到着時刻を1時間半オーバー。
雪彦三角点をあきらめて、大天井岳から地蔵岳経由で帰るコースに決定。
11:22 登山口。写真には写ってませんが、右側に小屋があり、登山届のポストがあります。
2013年08月04日 17:28撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:22 登山口。写真には写ってませんが、右側に小屋があり、登山届のポストがあります。
展望岩からの眺め。いかつい。
2013年08月04日 17:36撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望岩からの眺め。いかつい。
心遣いは嬉しいものの、少しホラーな道標。
2013年08月04日 17:27撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心遣いは嬉しいものの、少しホラーな道標。
1
出雲岩。ハーケンの跡がそこかしこに。
2013年08月04日 17:35撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出雲岩。ハーケンの跡がそこかしこに。
馬の背手前の鎖場を上から。
2013年08月04日 17:34撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背手前の鎖場を上から。
馬の背。直登を試しましたが、結局左に巻きました。
2013年08月04日 17:33撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背。直登を試しましたが、結局左に巻きました。
大天井岳手前の最後の鎖場。
2013年08月04日 17:26撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳手前の最後の鎖場。
12:42 大天井岳山頂到着。昼飯、昼飯。
2013年08月03日 22:25撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:42 大天井岳山頂到着。昼飯、昼飯。
これでアブが飛び回ってなければ最高の昼飯だったんですが。
2013年08月04日 17:25撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これでアブが飛び回ってなければ最高の昼飯だったんですが。
地蔵岳手前の長い下りの鎖場、取り付き。左側は迂回ルート。ここの降り始めは垂直で、コース上で最も難易度が高く感じました。
2013年08月03日 22:21撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳手前の長い下りの鎖場、取り付き。左側は迂回ルート。ここの降り始めは垂直で、コース上で最も難易度が高く感じました。
一つ前の写真を下から見上げたところ。最初の鎖を降りた後、続いて傾斜はそれほど急ではないですが、スラブ状の岩を延々と降ります。
2013年08月03日 22:27撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ前の写真を下から見上げたところ。最初の鎖を降りた後、続いて傾斜はそれほど急ではないですが、スラブ状の岩を延々と降ります。
1
その後も何カ所か鎖とロープが登場しますが、傾斜よりも苔ですべらないようにするのに神経を使う感じでした。
2013年08月04日 17:24撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後も何カ所か鎖とロープが登場しますが、傾斜よりも苔ですべらないようにするのに神経を使う感じでした。
おそらく一生登ることは無いであろう岩壁。
2013年08月03日 22:22撮影 by Canon EOS 60D,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おそらく一生登ることは無いであろう岩壁。
雪彦川第二ダム。スチームパンクな感じ。ここまでくればゴールはすぐです。
2013年08月03日 22:29撮影 by Canon EOS 60D,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪彦川第二ダム。スチームパンクな感じ。ここまでくればゴールはすぐです。
撮影機材:

感想/記録
by LAAMO

来週アタックする剱岳の前にできるだけ鎖場に体を慣らせておきたいと思い、
今回はじめて雪彦山を訪れてみました。

登山口にも写真付きで注意書きが貼られてましたが
ヤマビルが多数生息しているということで、
今回の山行用に購入したヒル対策スプレーをガンガンに吹きかけたおかげか
特に被害に遭うことはなかったものの、暑さに後半少しバテました。

近くに温泉もあるし、日帰りで登るにはとてもいい山でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:764人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ