また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 344651 全員に公開 アルパインクライミング 積丹・ニセコ・羊蹄山

烏帽子岬ピーク「白岩シャフト」

情報量の目安: A
-拍手
日程 2013年02月17日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
0 m
登り
--- m
下り
--- m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
過去天気図(気象庁) 2013年02月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

 昨年発見し、最高のドキドキ、ワクワク感と共にトライしたこのルート。クラックを登り氷に達し、氷柱からスクイズチムニーにまで狭くなる氷の凹角を喘ぎながら越え、ハングしたつららをアドレナリン大放出で越えていったが、抜け口の傘が巨大洞穴状となって立ち塞がり追い返されたものだ。この一年間私にモチベーションを与え続け、仕事中にふとニヤニヤしたり、夜な夜なアックスを持って外の木にぶら下がったりと、周囲から変態扱いをされてしまうまでにさしめたやつである。
 今季三度の偵察を経て、いよいよ再挑戦する時がやってきた。

 ところが前日からの大雪の影響で我らがゴーカートはいきなりスタックし、幸先の悪いスタートとなる。さらにはアプローチの高波がまだおさまらず、長靴とレインパンツを連結して突っ込んでみるが、こりゃ無理だと引き返す際に波しぶきをざばんと浴びて浸水し、もうさんざんである。しかし今回はなにがなんでも登る気で来た。あきらめず山越えの迂回路を探る。民家に了承をいただいて裏手の鉄板橋から山に入る。スノーシューで尾根を越え、白岩ディジグネーターの左岸のリッジをアイゼンで下って海岸に出る。いよいよルートが近づいてきた。氷の発達はかなり良いようで太く、抜け口の傘も問題なさそうに見える。徐々に胸が高鳴っていく。期待感と、少しの恐怖感。
 ルートはまさに海から始まる。ルンゼの雪が波に削られてできた垂直の雪壁を右手の岩を使いながら這い上がる。まるでベルクシュルントを越えるかのようであり、見上げる大岩壁と氷も迫力があってここは海外かと錯覚する。ルンゼをラッセルし、氷の取り付きに着くと、三方を塞がれた素敵空間だ。発達した氷は前回登ったクラックを塞いでここまで達し、チムニーは垂れ下がったつららに覆い被されて行き止まりとなっている。勝算は低いかもしれないが、可能性も感じるので登ってみる。
 垂直の氷を左右の壁を使いながら登る。かぶり気味のつららを豪快に越え、すかさず足を開いてレストする。足がつりそうになりながらスクリューをセットするが、あまり安心できない。このあたりの氷柱は小さなつららの集合体のようであり氷を切らないように注意し、信用できないスクリューを短い間隔でセットしながら慎重に登る。不安定な氷と、落氷に対するビレイヤーの文句にこれ以上対処するのは厳しくなってきたあたりで、ちょうど目をつけていた左手後方の壁のラインに達した。オブザベーションの後、エイリアンをセットし、ドライツーリングで左壁をトラバースして背後に垂れ下がったつららに移る。つららごと落ちないように登り、本体の氷の凹角に達したところでスクリューをセットして安心する。背中を使いながらこの氷を快適に登り、ハングした岩の下に守られたテラスに上がってビレーする。
 2ピッチ目は、良く発達した氷を壁も使いながら気持ちよく登る。上部でつららが覆い被さってハングとなっているところはさすがに厳しく、パンプしてしまったが足をうまく使うことでなんとかフリーで抜け、雄叫びを上げる。そして前回巨大な傘になっていた部分はシャンデリアの下を氷柱を背に左から右にくぐり抜けながら、安定した氷を登る。最上部は氷がなくなって岩と草付きを立ち木まで。フォローも休みながらだが登ってきて、楽しいルートだねと言った。不要な荷物は置いて頂上を目指す。
 烏帽子岬ピークは何もない、とても良い頂上だった。荒々しい海岸線と、180度の大海原を眺めながら夕暮れの中余韻に浸る。昨年の出会いから今日に至るまで、多くのことを教えられ、また楽しませてくれたルートだった。昨年の印象からすると、今回は少し物足りないかなというくらいだったが、前回と今回がまるで別物のようなルートであったように、きっとまた次回は違った魅力を提供してくれるだろう。良きルートと良き頂上に満足して、来た道を戻る。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:2061人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ