また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 344714 全員に公開 トレイルラン東海

東海自然歩道・静岡バイパスコース(新蒲原〜芝川(〜富士宮))

日程 2013年09月14日(土) [日帰り]
メンバー
 nemuisan(食事)
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車
スタート:JR東海道線新蒲原駅(http://www.tsuchibuta.com/jr-toukai/toukaidouline-central/11shinkanbara/11shinkanbara.htm)
ゴール :JR身延線富士宮駅(http://railway.jr-central.co.jp/station-guide/shizuoka/fujinomiya)
※新蒲原駅の情報が少ないのですがつちぶたさんのURLが詳しいです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

09:20 JR東海道線新蒲原駅 スタート
09:39 さくらつり橋
09:59 御殿山広場・のろし場
10:05 善福禅寺
10:58 野田山健康緑地公園トイレ前
11:19 東海自然歩道・富士川コース分岐
11:22 南松野駐車場 11:26出
11:46 大代峠
12:44 はたご池 12:52出
13:29 廻沢橋
13:56 JR身延線芝川駅(東海自然歩道と離脱) 14:18出

・・・

14:40 JR身延線沼久保駅
15:31 富士山本宮浅間大社入り口
15:37 湧玉池ゴール

総経過時間:約06時間17分
実移動時間:約05時間47分
コース状況/
危険箇所等
道中危険箇所は大代峠からはたご池までの尾根を通過する区間です。
冬は積雪、夏は藪と道が不明瞭になるので道がない部分を踏み抜いて
滑落しないように厳重注意してください。
また、後述します道標が誤った箇所を示している箇所があります。
間違えると一発アウトなのでこちらも厳重注意を。
車道区間も多数通過しますので到来の車には注意してください。

なお、本ルートはJR芝川駅までが東海自然歩道のルートです。
芝川から富士宮間はおまけです。
過去天気図(気象庁) 2013年09月の天気図 [pdf]

写真

スタート地点の新蒲原駅です。
すでに雨が降りだしてる・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地点の新蒲原駅です。
すでに雨が降りだしてる・・・
この区域も昔は宿場町だったそうですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この区域も昔は宿場町だったそうですね。
さくらつり橋です・・・ここに来るまでに
すでに蜘蛛の巣と藪が・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さくらつり橋です・・・ここに来るまでに
すでに蜘蛛の巣と藪が・・・
1
御殿山公園より駿河湾を。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿山公園より駿河湾を。
ヒャッハー水だ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒャッハー水だ!!
1
のろし場から南松野駐車場まで
ひたすら車道になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のろし場から南松野駐車場まで
ひたすら車道になります。
比較的ゆるい登坂なのでぐんぐん
駆け上がれます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比較的ゆるい登坂なのでぐんぐん
駆け上がれます!
前回の浜石岳からのルートと
合流します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回の浜石岳からのルートと
合流します。
野田山公園前トイレで小休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野田山公園前トイレで小休憩。
南松野駐車場にむかう林道の
最高点にて。雲で富士山が全く見えないorz
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南松野駐車場にむかう林道の
最高点にて。雲で富士山が全く見えないorz
富士川コースと芝川コースの
分岐点に到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士川コースと芝川コースの
分岐点に到着です。
南松野駐車場です。
すでに嫌な予感が・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南松野駐車場です。
すでに嫌な予感が・・
蜘蛛の巣だらけで閉口気味ですorz
ちょっとでも走ると顔にぶつかるorz
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蜘蛛の巣だらけで閉口気味ですorz
ちょっとでも走ると顔にぶつかるorz
やっとこ大代峠に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとこ大代峠に。
きつい木階段と超藪と蜘蛛の巣がお出迎えorz
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きつい木階段と超藪と蜘蛛の巣がお出迎えorz
尾根に上がった箇所にある
この道標は厳重注意です。
まったく別の方向をさしてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に上がった箇所にある
この道標は厳重注意です。
まったく別の方向をさしてます。
2
矢印の要領でまっすぐ尾根を
直登してください。木階段が見えたら
正解です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢印の要領でまっすぐ尾根を
直登してください。木階段が見えたら
正解です。
1
尾根道はちょっと崩落気味です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道はちょっと崩落気味です
尾根の藪はヤバイですね・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の藪はヤバイですね・・・
漸く藪と蜘蛛の巣から開放です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く藪と蜘蛛の巣から開放です。
はたご池に到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はたご池に到着です。
1
茶畑を見ながら林道を駆け下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶畑を見ながら林道を駆け下ります。
ついに富士宮市まで戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに富士宮市まで戻ってきました。
少し晴れてきてやさしい木漏れ日も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し晴れてきてやさしい木漏れ日も。
廻沢橋を渡り川沿いに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廻沢橋を渡り川沿いに。
農道を走ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農道を走ります。
今度は河川敷です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は河川敷です。
富士川を越えたらJR身延線に突き当たります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士川を越えたらJR身延線に突き当たります。
ここが次回のエントリポイントとなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが次回のエントリポイントとなります。
JR芝川駅に到着です。
東海自然歩道はここで終了ですが
私は県道を通って富士宮に向かいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR芝川駅に到着です。
東海自然歩道はここで終了ですが
私は県道を通って富士宮に向かいました。
途中の山奥にある沼久保駅です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の山奥にある沼久保駅です。
車道を走って走ってこの峠を越えたら
あとは一転攻勢のくだりになります!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を走って走ってこの峠を越えたら
あとは一転攻勢のくだりになります!
潤井川を渡ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
潤井川を渡ります
富士宮の商店街です・・・
何もかもが(ry
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮の商店街です・・・
何もかもが(ry
富士山本宮浅間大社です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山本宮浅間大社です。
もちろんお参りしていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろんお参りしていきます。
1
本社のすぐ隣にある湧玉池でゴールとしました。
ここは天然の湧き水が汲める貴重な場所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本社のすぐ隣にある湧玉池でゴールとしました。
ここは天然の湧き水が汲める貴重な場所です。
1
馴染み深い富士宮駅から京都に帰りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馴染み深い富士宮駅から京都に帰りました。

感想/記録

今回は夏を締めくくる山行でした。しかし台風の来る前日で
現地についた頃にはすでに天気はド曇りでしかも小雨まで降る始末。
今日は富士山拝めると思いましたが最後まで見られませんでしたorz

山道区間は短い距離でしたが蜘蛛の巣と藪の量が今まで経験した
ことのないくらい猛烈で発汗もあいまって抜けるたんびに蜘蛛の
巣と泥でものすごく汚くなって精神的にだいぶキました。蛭よりかはマシですが。
幸いにも今回のルート上には水道が設置されてる箇所が多く、つど体を
洗いながら移動できました・・・

あと気をつけるべき箇所は大代峠を越えて尾根に上がったところにある
道標で、実際の進路と全く違った方向をさしています。
晩秋や春先の視界が開ける箇所ではルートファインディングも容易ですが
積雪や今回のような藪に多い尽くされる季節は誤った場所を降りてしまう
危険があります(一見降りられそうですが降りてしまうと登り返すのが困難です)。
真夏や真冬に行かれる方はこの箇所だけは厳重に注意してください。

話し変わって芝川から先の富士宮までのルートは自分的な"おまけ"ルートです。
昔棲んでいた場所のことを懐かしみつつ浅間大社と湧玉池を廻って
富士宮駅から帰りました。

ぶろぐの記事も併せてご覧ください。
http://nemuisan.blog.bai.ne.jp/?eid=206735#SHINSHIBAKAWA
訪問者数:1579人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ