また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3588922 全員に公開 ハイキング 八ヶ岳・蓼科

大分水嶺の旅:県界尾根から飯盛山まで延長

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年10月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
平沢峠駐車場:八ヶ岳のビューも最高、朝、車4台、昼ほぼ満車
経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:15
距離
21.3 km
登り
694 m
下り
696 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.4~0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間4分
休憩
9分
合計
5時間13分
S平沢峠07:0307:12宮司の滝分岐07:32平沢山07:3307:47飯盛山07:56平盛山07:5708:24十文字峠09:40鉄道最高地点09:4110:47県界尾根 防火線の頭 登山口10:4811:39鉄道最高地点12:08しし岩12:1312:16平沢峠12:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<註>()内は予定、登行外、標高、写真タイム
( 4:53(5:00)  自宅 途中コンビニで朝飯(親子丼)とおにぎり購入)
6:51-7:03(6:50-7:00) 平沢峠駐車場(1,450(1,448)m) 朝食と写真タイム
7:32-33(1") 平沢山(1,653m)
7:45-47(2") 飯盛山(1,643m)
7:56-57(1") 大盛山(見晴台)(1,643m)
8:24(8:30) 十文字峠(1,550m)
8:35(8:50) 東屋(1,420(1,400)m)
9:40-41(1")(10:00) 鉄道最高地点(1,375m)
前半:2'37"(3'00") 延標高差:821(822)m 速度:313(274)m/h 距離:9.7km 歩速:3.7(3.2)km/h
10:47-48(1")(11:10) 県界尾根登山口(1,650m)
11:38-39(1")(12:10) 鉄道最高地点(1,375m)
12:10-16 獅子岩(1,455m)
12:16-21(12:55-13:00) 平沢峠駐車場(1,448m)
後半:2'35"(2'55") 延標高差:685(674)m 速度:265(231)m/h 距離:11.5(11.6)km 歩速:4.5(4.0)km/h
山行:5'13"(5'55") 延標高差:1,506(1,496)m 速度:289(252)m/h 距離:21.2(21.3)km 歩速:4.1(3.6)km/h
( 14:16(15:00)  自宅 )
Door to Door:9'23"(10'00")
過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖網シャツ 半袖シャツ 半ズボン タイツ 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 スマホ 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 タオル ツェルト

写真

赤岳中心の南八@平沢峠
2021年10月03日 07:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳中心の南八@平沢峠
南アルプス:北岳、甲斐駒、鋸岳が目立つ
2021年10月03日 07:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス:北岳、甲斐駒、鋸岳が目立つ
今回は、八ヶ岳の中腹(県界尾根を右に下って横岳を真下に下りて交差したあたり)まで行き、帰ってくる
2021年10月03日 07:02撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は、八ヶ岳の中腹(県界尾根を右に下って横岳を真下に下りて交差したあたり)まで行き、帰ってくる
左は浅間山で右は御座山?辺り
2021年10月03日 07:13撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は浅間山で右は御座山?辺り
道は、斜度を含め歩きやすい
2021年10月03日 07:16撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は、斜度を含め歩きやすい
まずは平沢山に到着
2021年10月03日 07:32撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは平沢山に到着
南アルプスの全貌@平沢山
2021年10月03日 07:32撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの全貌@平沢山
飯盛山の右に富士山もくっきり@平沢山
2021年10月03日 07:32撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯盛山の右に富士山もくっきり@平沢山
富士山をアップ@平沢山
2021年10月03日 07:33撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山をアップ@平沢山
飯盛山に到着
2021年10月03日 07:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯盛山に到着
1
再度南アルプスから左に写す@飯盛山
2021年10月03日 07:46撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度南アルプスから左に写す@飯盛山
同左、南八ヶ岳
2021年10月03日 07:46撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同左、南八ヶ岳
大盛山に到着
2021年10月03日 07:56撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大盛山に到着
再度、南八の全景
2021年10月03日 07:56撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度、南八の全景
富士山をアップ、右は金ヶ岳か
2021年10月03日 07:56撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山をアップ、右は金ヶ岳か
夜露で笹が光っている:靴、タイツびっしょり濡れる
2021年10月03日 07:59撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜露で笹が光っている:靴、タイツびっしょり濡れる
結構、道も分かりにくい
2021年10月03日 08:07撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構、道も分かりにくい
左が横尾山で中央左が小川山、右が金峰山か
小川山までの大分水嶺の旅は可能か?
2021年10月03日 08:15撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が横尾山で中央左が小川山、右が金峰山か
小川山までの大分水嶺の旅は可能か?
下山道を心配したが立派な道標
2021年10月03日 08:24撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山道を心配したが立派な道標
今日の目的地まで遠いなぁ!
2021年10月03日 08:56撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の目的地まで遠いなぁ!
鉄道の最高地点に到着:ここを訪れるのは初めて
2021年10月03日 09:40撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄道の最高地点に到着:ここを訪れるのは初めて
1
登ってきた飯盛山とどこからでも見える富士山
2021年10月03日 10:13撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた飯盛山とどこからでも見える富士山
県界尾根登山口:懐かしい
2021年10月03日 10:48撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県界尾根登山口:懐かしい
レールと車輪は撮っていません
2021年10月03日 11:38撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レールと車輪は撮っていません
これが獅子岩か
2021年10月03日 12:07撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが獅子岩か
今朝出発した飯盛山登山口
2021年10月03日 12:09撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝出発した飯盛山登山口
獅子岩を一周する
2021年10月03日 12:12撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獅子岩を一周する
これが下から撮った岩
2021年10月03日 12:13撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが下から撮った岩
駐車場の車は御覧の通り
2021年10月03日 12:15撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の車は御覧の通り

感想/記録

久しぶりに大分水嶺の旅に出かけた。
2年前に八ヶ岳最後の未踏登山道であった杣添尾根を歩くため県界尾根から登った。今回その登山口から大分水嶺を延長するとは思わなかった。
平沢峠は人気のスポットだとは知らなかった。戻ってくると駐車場が一杯だった。確かに八ヶ岳を望むには格好のスポットだ。
朝7:00発だったため飯盛山の登りで3名ほど人とすれ違っただけで山頂でも誰にも会わなかった。
大盛山から先は夜露の笹藪もあり、予想していた快適な道ではなかった。
しかし、三沢への分岐からは歩きやすい道でよかった。
下ってからの車道歩きは閉口した。目的地が見えるためその遠さが分かり、中々近づかない。
それでも広大な八ヶ岳のすそ野を歩くのは気持ちがいい。日差しは強いが気温も高くなく風が爽やか。
あまりに広く緩やかな傾斜なので分水嶺の感じがしない。帰り、道路の側溝をチェックすると右は間違えなく太平洋側(大門川)へ。右は日本海側(矢出川)(少し北側なら板橋川)へ流れている。しかし、2ヶ所ほど道路の下を通って太平洋側に流れるようになっている(人工的に)。分水嶺に対する冒涜だ。
分水嶺の今後だが、この先、小川山までどうするかだ。
1回では無理なので信州峠を起点に東西。2回目はみずがき山公園からの周回。しかし、藪漕ぎ、ルートファインディングが必須で無理か?
更に国師ヶ岳と甲武信岳を繋げば埼玉県まで繋がる。
でも、トライするには遅すぎたか。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:245人

コメント

>分水嶺の今後だが、この先、小川山までどうするかだ。
ぜひいきましょう!!
誘ってください!
2021/10/3 23:36
車2台なら、1回で行けるか?と検討しましたがやはり無理です。
小川山周回は藪漕ぎで道が迷いそうなので是非お願いします。
みずがき山自然公園から分水嶺に向かい稜線を萱ダワ経由で小川山まで登ります。そこから金峰山方面に向かいます。予定では八丁平の分岐まで行って下りますが、Hanさん一緒なら瑞牆山東尾根を藪漕ぎして瑞牆山経由もありです。瑞牆山からみずがき山自然公園へ直接下る道もありそうですが、クライミングが必要か分かりません。私でも通れるかチェック要です。
チェックした結果、岩場があるようですが、一般ルート化しているようで登りなら行けそうです。
東尾根を含めショートカットの逆廻りがよさそうです。
車2台で信州峠を終点として検討しました。
2021/10/4 7:44
信州峠を終点にする方が楽のようですね。瑞牆の東尾根も魅力的です。
11月か12月の天気の良い平日に休み取っていきたいです。
私のワクチン接種は10月下旬に2回目です。
楽しみにしています。
2021/10/4 21:46
了解です。
2021/10/5 7:12
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

藪漕ぎ 分水嶺 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ