また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3857588
全員に公開
ハイキング
関東

足利百4座、22天池山(東山)、10湯殿山、67愛宕山、75西山

2021年12月22日(水) [日帰り]
 - 拍手
体力度
2
日帰りが可能
GPS
02:18
距離
7.7km
登り
444m
下り
430m
歩くペース
とても速い
0.60.7
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
2:17
休憩
0:01
合計
2:18
13:46
37
スタート地点
14:23
14:24
32
14:56
14:56
68
16:04
ゴール地点
天候 快晴
過去天気図(気象庁) 2021年12月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
登山口まで入らず(周回途中で通る)県道に近いとりせんの駐車場の隅に止めた
コース状況/
危険箇所等
地元愛好者が手入れをしている歩きやすいハイキングコース
一部イワイワがあるがそれも楽しみのうち
愛宕山から西山に向かうと道がなくなるが樹の間を問題なく登れる。山名版も発見できた!
その他周辺情報 榛名湖イルミネーションフェスタを見に行った
大きな標識もある
2021年12月22日 13:47撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 13:47
大きな標識もある
左に行くと慶路坂峠経由湯殿山へ行けるが右へ
2021年12月22日 13:54撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 13:54
左に行くと慶路坂峠経由湯殿山へ行けるが右へ
彦谷公民館前にハイキングコースの案内板
2021年12月22日 13:54撮影 by  SH-M15, SHARP
2
12/22 13:54
彦谷公民館前にハイキングコースの案内板
新東登山口へ向かう
2021年12月22日 13:56撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 13:56
新東登山口へ向かう
山間部に入って行く
2021年12月22日 13:58撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 13:58
山間部に入って行く
登山口
2021年12月22日 14:04撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 14:04
登山口
なだらかな歩きやすい道
2021年12月22日 14:04撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 14:04
なだらかな歩きやすい道
天池山到着(足利百名山の絵地図では東山)
2021年12月22日 14:23撮影 by  SH-M15, SHARP
3
12/22 14:23
天池山到着(足利百名山の絵地図では東山)
山頂の少し先に天池
猪がそこらに居たら怖いな
2021年12月22日 14:24撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 14:24
山頂の少し先に天池
猪がそこらに居たら怖いな
表登山口へのコースは確認しそこなって進んでしまった
2021年12月22日 14:25撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 14:25
表登山口へのコースは確認しそこなって進んでしまった
右にときどき展望が開ける
2021年12月22日 14:26撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 14:26
右にときどき展望が開ける
ミニ稜線漫歩
2021年12月22日 14:28撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 14:28
ミニ稜線漫歩
深高山分岐
2021年12月22日 14:38撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 14:38
深高山分岐
そのコースをやるならカタクリの咲くころが良いな
2021年12月22日 14:39撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 14:39
そのコースをやるならカタクリの咲くころが良いな
一登りして
2021年12月22日 14:39撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 14:39
一登りして
鉄塔
2021年12月22日 14:41撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 14:41
鉄塔
イワイワになる
ほぼ2足歩行で行ける。足場手掛かり豊富
2021年12月22日 14:43撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 14:43
イワイワになる
ほぼ2足歩行で行ける。足場手掛かり豊富
4等三角点ピーク
2021年12月22日 14:47撮影 by  SH-M15, SHARP
2
12/22 14:47
4等三角点ピーク
祠もある
ここかな?と山名版をくまなく探し回った
2021年12月22日 14:48撮影 by  SH-M15, SHARP
2
12/22 14:48
祠もある
ここかな?と山名版をくまなく探し回った
山頂はもう少し先
2021年12月22日 14:51撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 14:51
山頂はもう少し先
到着
2021年12月22日 14:55撮影 by  SH-M15, SHARP
2
12/22 14:55
到着
展望も開けて、良いところ
2021年12月22日 14:55撮影 by  SH-M15, SHARP
2
12/22 14:55
展望も開けて、良いところ
足利百名山の山名版
2021年12月22日 14:56撮影 by  SH-M15, SHARP
3
12/22 14:56
足利百名山の山名版
神社も
2021年12月22日 14:57撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 14:57
神社も
気持ち良い稜線を進む
冬枯れの里山って良いな〜
2021年12月22日 14:57撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 14:57
気持ち良い稜線を進む
冬枯れの里山って良いな〜
右下は産廃処分場かな?
2021年12月22日 15:08撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 15:08
右下は産廃処分場かな?
ありゃ〜
このあたり根こそぎの大倒木地帯
う回路はっきりで通行は問題なし
2021年12月22日 15:13撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 15:13
ありゃ〜
このあたり根こそぎの大倒木地帯
う回路はっきりで通行は問題なし
急降下
2021年12月22日 15:16撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 15:16
急降下
またとても歩きやすい道
2021年12月22日 15:21撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 15:21
またとても歩きやすい道
鉄塔
2021年12月22日 15:30撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 15:30
鉄塔
林道に出て、慶路坂峠
2021年12月22日 15:44撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 15:44
林道に出て、慶路坂峠
ちょっと荒れた道になるが愛宕山はすぐそこ
2021年12月22日 15:45撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 15:45
ちょっと荒れた道になるが愛宕山はすぐそこ
愛宕神社
2021年12月22日 15:47撮影 by  SH-M15, SHARP
2
12/22 15:47
愛宕神社
足利百の山名版
右に下るとすぐ集落に出ると思う
2021年12月22日 15:47撮影 by  SH-M15, SHARP
2
12/22 15:47
足利百の山名版
右に下るとすぐ集落に出ると思う
西山へ
しばらくは幅広く歩きやすい道
2021年12月22日 15:48撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 15:48
西山へ
しばらくは幅広く歩きやすい道
ここで道は右へ下る
ピンテがあるのでそこから山頂へ
(どこでも適当に木の間を進める)
2021年12月22日 15:51撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 15:51
ここで道は右へ下る
ピンテがあるのでそこから山頂へ
(どこでも適当に木の間を進める)
水道施設に突き当たったのでぐるっと一回り
2021年12月22日 15:55撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 15:55
水道施設に突き当たったのでぐるっと一回り
半周したあたり、左にわずかに高い一帯があり行ってみたら正解!
2021年12月22日 15:56撮影 by  SH-M15, SHARP
2
12/22 15:56
半周したあたり、左にわずかに高い一帯があり行ってみたら正解!
あと4分の1回って正面、ここは立ち入り禁止
2021年12月22日 15:57撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 15:57
あと4分の1回って正面、ここは立ち入り禁止
ロープのある幅広い道を一気に下り
2021年12月22日 15:57撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 15:57
ロープのある幅広い道を一気に下り
ここに出てきた
2021年12月22日 16:00撮影 by  SH-M15, SHARP
1
12/22 16:00
ここに出てきた
無量院前を通りゴールへ
2021年12月22日 16:02撮影 by  SH-M15, SHARP
2
12/22 16:02
無量院前を通りゴールへ

感想

*足利百には道もなく荒れた山もあれば、知られていないけど地元に大切にされる快適なハイキングコースもある。これは後者で、変化に富んだ楽しいコースだった。深高山からのコースもあるので、また来たい。
*最後の西山が(小さな小さな山なのに)道がない、山頂がわからないとの前評判。一見、立ち入り禁止の水道施設が山頂に感じる。だけど水道施設は盛ってあるんじゃないか、自然の高いところが別にあるのではと探し回り、あそこだ!と。正解で山名版も見つかった。探検隊としてはこういうのがすごく嬉しい。
*今日の朝は冷え込んで風があり、稲含山の氷華か荒船山の霧氷に最適な日だった。寒い時に寒いところへ行かないと良いものは見れない。だけど寒い時に寒いところへ行きたくない。それでこっちにしたけど、楽しかったから良しということで。このあと寒い夜に寒い榛名湖、なんでそれはできるのか?夜は体が温まっているので寒いところに行ける。朝は外に出られない。山には不向きな人で困っている。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:679人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら