また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3882417 全員に公開 山滑走 剱・立山

新雪の単独ラッセル 藤橋から称名滝に向かって 

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年01月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後曇/雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
藤橋ゲート手前の路側帯に駐車。除雪は入っていないので数台可能。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:36
距離
16.8 km
登り
881 m
下り
884 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間23分
休憩
1時間13分
合計
7時間36分
Sスタート地点(藤橋ゲート)07:4212:11称名滝バス停12:1512:16称名滝駐車場12:1712:32標高1015m地点12:40称名滝駐車場13:4613:49称名滝バス停13:5115:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・ゲートから人気は全く無いので、各種条件変化に対応できる最低限の装備が必要。
・称名滝まで新雪ラッセルが続く。体力勝負です。
・核心部は、駐車場を過ぎて遊歩道を進み、標高1015m地点に右岸の山側から雪崩が複数個所認められた。まだ雪は降り始めで大丈夫かと予測していたが、すでにタイムリミットを過ぎていた。
デブリを二か所超えたが、三か所目は斜め斜面になっている。
その奥にも同程度のデブリが見えた。さらに先は左にカーブして見えない。
戻りも通過しなければならない。ドカ雪の影響か?
時刻も昼過ぎ、デブリの状態が分からないので撤収とした。
・GPXファイルは洞門による電波障害でしょうか、二か所、軌跡が飛んでいます。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

放射冷却で-6℃。谷筋なので日差しがない。予定になかった電熱グローブを着用してスタート。
2022年01月02日 07:22撮影 by 803SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
放射冷却で-6℃。谷筋なので日差しがない。予定になかった電熱グローブを着用してスタート。
前半はポンにトップレススキン500个粘萃イ辰討發蕕う。
2022年01月02日 07:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前半はポンにトップレススキン500个粘萃イ辰討發蕕う。
藤橋のゲート手前から新雪がたっぷり。ノートレース。
今日は徹底的に頑張りますか。
2022年01月02日 07:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤橋のゲート手前から新雪がたっぷり。ノートレース。
今日は徹底的に頑張りますか。
電光掲示板は作動。
ゲート左を通過。
2022年01月02日 07:53撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電光掲示板は作動。
ゲート左を通過。
序盤からブーツラッセル。
2022年01月02日 07:53撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤からブーツラッセル。
7劼任垢。天候は持ちそう。
2022年01月02日 07:58撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7劼任垢。天候は持ちそう。
雪質はグッドだが真っ白な道は単調。
2022年01月02日 07:58撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪質はグッドだが真っ白な道は単調。
やはり歩きだすと暖かい。気温が低いと汗をかかないので助かる。
2022年01月02日 08:05撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり歩きだすと暖かい。気温が低いと汗をかかないので助かる。
奥に大日岳。これから称名川の谷間に入っていくので、眺めは限定される。
2022年01月02日 08:13撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に大日岳。これから称名川の谷間に入っていくので、眺めは限定される。
白と黒の世界が続く。
2022年01月02日 08:14撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白と黒の世界が続く。
左手の稜線。
2022年01月02日 08:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手の稜線。
七姫平。
ようやくカレー屋?が見えてきた。
手前から雪が深くなる。
2022年01月02日 09:01撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七姫平。
ようやくカレー屋?が見えてきた。
手前から雪が深くなる。
称名滝方面が遠く見えた。
2022年01月02日 09:01撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
称名滝方面が遠く見えた。
美女平に向かう道路。
2022年01月02日 09:05撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美女平に向かう道路。
目印が確認できたがなかなか近づかない。
2022年01月02日 09:05撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目印が確認できたがなかなか近づかない。
ようやく到着。人津谷出合。
2022年01月02日 09:12撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく到着。人津谷出合。
この辺は微妙な峠になっている。
帰りはここはトップレススキンを貼ろう。
2022年01月02日 09:14撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は微妙な峠になっている。
帰りはここはトップレススキンを貼ろう。
ここからまたまた緩い登り。
2022年01月02日 09:16撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからまたまた緩い登り。
先行者のトレース。ポンでは片側しか使えない。
2022年01月02日 09:48撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者のトレース。ポンでは片側しか使えない。
トレースは調子が狂うので、横を自分でラッセル。
もうすぐ桂台。それにしても気持ちが良い。
2022年01月02日 09:48撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースは調子が狂うので、横を自分でラッセル。
もうすぐ桂台。それにしても気持ちが良い。
桂台手前の洞門。
2022年01月02日 09:55撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂台手前の洞門。
ここでトップレススキンから普通のシールへチェンジ。
深い雪でっスキーがしなりすぎでトップレススキンだと滑り出す。
2022年01月02日 10:08撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでトップレススキンから普通のシールへチェンジ。
深い雪でっスキーがしなりすぎでトップレススキンだと滑り出す。
桂台に到着。夏にここから薬師岳まで縦走したときが懐かしい。
前回は深夜、今回は真冬。
2022年01月02日 10:14撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂台に到着。夏にここから薬師岳まで縦走したときが懐かしい。
前回は深夜、今回は真冬。
雲上→雪上。
2022年01月02日 10:18撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲上→雪上。
ゲートは開放です。称名道路へ。
2022年01月02日 10:18撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートは開放です。称名道路へ。
お店屋はひっそり。
2022年01月02日 10:18撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お店屋はひっそり。
夏場、プレハブの監視小屋があるところ。
2022年01月02日 10:52撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏場、プレハブの監視小屋があるところ。
悪城壁が圧倒。
2022年01月02日 11:01撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪城壁が圧倒。
雪がさらに増えて勾配も増してくる。
2022年01月02日 11:18撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がさらに増えて勾配も増してくる。
大辻山を振り返る。
2022年01月02日 11:18撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大辻山を振り返る。
称名滝をキャッチ。ズーミング。
2022年01月02日 11:24撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
称名滝をキャッチ。ズーミング。
全体はこんな感じ。この辺から良く見える。
2022年01月02日 11:24撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全体はこんな感じ。この辺から良く見える。
見上げると壁です。
2022年01月02日 11:24撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると壁です。
近いようで遠い。
2022年01月02日 11:28撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近いようで遠い。
ヘリポート通過。下は発電所。
2022年01月02日 11:38撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリポート通過。下は発電所。
ここまで長かった。
目標が見えると元気になる。
2022年01月02日 11:38撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで長かった。
目標が見えると元気になる。
洞門についたつらら。2m以上に成長。
2022年01月02日 11:42撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞門についたつらら。2m以上に成長。
下るときは板を外そう。登りはシールのまま通過。
2022年01月02日 11:42撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下るときは板を外そう。登りはシールのまま通過。
小さな石ころが幾つか。
2022年01月02日 11:46撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな石ころが幾つか。
洞門から出ると山もりの雪。
2022年01月02日 11:48撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞門から出ると山もりの雪。
上の洞門は雪が繋がっていて、ここは滑れる。
2022年01月02日 11:54撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の洞門は雪が繋がっていて、ここは滑れる。
ようやく駐車場。
ここも吹溜りで雪が深い。
調子はいいのでエネルギー不足だけ気を付けた。
2022年01月02日 11:59撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく駐車場。
ここも吹溜りで雪が深い。
調子はいいのでエネルギー不足だけ気を付けた。
ここまで来ると近く感じるが・・。
2022年01月02日 12:01撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると近く感じるが・・。
トイレなども近づく。
2022年01月02日 12:07撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレなども近づく。
膝下位のラッセル。ワカンだとどうなるのか?
2022年01月02日 12:14撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
膝下位のラッセル。ワカンだとどうなるのか?
遊歩道の入口の看板。ここから徒歩のみ。
2022年01月02日 12:18撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道の入口の看板。ここから徒歩のみ。
食堂は雪に隠れかけていた。
2022年01月02日 12:18撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食堂は雪に隠れかけていた。
しばらく進むと嫌な予感。
2022年01月02日 12:23撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと嫌な予感。
やっぱりそうですか。気にはかけていましたが、
2022年01月02日 12:27撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱりそうですか。気にはかけていましたが、
手前二つのデブリはなんとかこえた。
2022年01月02日 12:31撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前二つのデブリはなんとかこえた。
三つめのところでギブアップ。奥にも次のトラップが見えた。
2022年01月02日 12:32撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つめのところでギブアップ。奥にも次のトラップが見えた。
無理する必要もないので撤収です。
シールのまま安全地帯へ戻ろう。
2022年01月02日 12:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無理する必要もないので撤収です。
シールのまま安全地帯へ戻ろう。
振り返り。
2022年01月02日 12:36撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返り。
駐車場まで戻り、滝を眺めながら昼食。
2022年01月02日 12:42撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場まで戻り、滝を眺めながら昼食。
中央の滝を拡大。
2022年01月02日 12:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央の滝を拡大。
全体はこんな感じ。初詣。
2022年01月02日 12:44撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全体はこんな感じ。初詣。
今日は、キムチみそらーめん。
2022年01月02日 13:09撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、キムチみそらーめん。
雲が厚くなってきたので、戻ろう。
2022年01月02日 13:49撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が厚くなってきたので、戻ろう。
さらばじゃ。
トレースを外れると止まってしまう。
2022年01月02日 13:54撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらばじゃ。
トレースを外れると止まってしまう。
ここは板を外す。
2022年01月02日 13:54撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは板を外す。
ここはそのまま滑る。
2022年01月02日 14:03撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはそのまま滑る。
大辻山の稜線。
2022年01月02日 14:06撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大辻山の稜線。
称名道路ゲート。ここまで何とか滑れたが、後半は緩くなる。
2022年01月02日 14:16撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
称名道路ゲート。ここまで何とか滑れたが、後半は緩くなる。
最後の洞門でトップレススキンをセット。平坦部分に備える。
2022年01月02日 14:24撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の洞門でトップレススキンをセット。平坦部分に備える。
大辻山が見えてきた。
気温が上がり湿った雪に変化。
ウオークモードとトップレススキンで快適ノルディックスキー。
2022年01月02日 14:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大辻山が見えてきた。
気温が上がり湿った雪に変化。
ウオークモードとトップレススキンで快適ノルディックスキー。
ゲートに到着。
黒い雲が厚い。
2022年01月02日 15:12撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートに到着。
黒い雲が厚い。
ゲームセット。
2022年01月02日 15:17撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲームセット。
帰りに芦峅寺の雄山神社で初詣。
立山の神様に安全登山、無病息災など祈願。
雨が降り出し、寒くなる。
2022年01月02日 15:54撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに芦峅寺の雄山神社で初詣。
立山の神様に安全登山、無病息災など祈願。
雨が降り出し、寒くなる。

感想/記録

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

1月2日は晴れのち雨の予報。
どこにするか、初詣がてら立山に一番近い称名滝にした。
朝方から冷え込みで現地では約-6℃。乗鞍スカイラインで-10℃を体験していたが厳しい寒さだった。
思わずハードシェルに電熱グローブなど耐寒対策でスタート。
藤橋ゲートから単独ラッセル開始。ハードな一日の幕開け。
ポンツーンにトップレススキン500个鯢佞韻討たが、雪が柔らかく板が沈んでしなる。膝下位だろうか。
雪がないよりあった方がよいので贅沢な話だ。
積雪は下に固い層が出来ていないので厄介だ。
ラッセルが始まると暖かくなるが気温が低いので汗が出ない。
しかし、今日はどこまでも単独ラッセルが続く。
桂台の手前の洞門で上部に備えてシール交換。
スタートから2時間半で桂台到着。ここから称名道路だ。
雪が次第に深くなり勾配も出てくる。
谷間で展望が利かないが雑穀谷と新雪のフレッシュさを味わいながら脚を動かす。
やがて、称名滝を遠めに見える地点を通過すると洞門を二つクリアして駐車所到着。
ここでさらに雪が増えたようだ。
スタートから4時間半ほどで駐車場、さらに遊歩道を進む。
すぐに雪崩斜面が見えた。四か所ほど雪崩でデブリが道路を覆っていた。
出発前に、ここが核心だろうと考えていた。
標高は1015m地点だ。
傍によると最初は通過できそう。二つ目も大したことはなかった。
三つめは規模も大きく斜度がきつい。奥にもさらにデブリが見えた。
帰りのことも考えてそこで撤収と決めた。
シールのまま駐車場までもどり、滝を見ながらラーメンを作って休憩。
帰りは滑走モードで滑るがトレースを外すと止まってしまうので、トレースボブスレー。洞門の中は一か所板を外したが、その他はそのまま滑る。
桂台の下の洞門でトップレススキンを付けてウオークモードとする。
後は軽いノルディックスキーで藤橋ゲートまで走破。
下の方は気温が上がり湿った雪で早めにシール走行に切替て正解。

ラッセル主体の山行で最後は意外な結果が待っていたが、称名滝の姿を眺められ良しとしよう。
身体もよく動き、雪の状況だけが良くなかった。
今度は滑りを主体にしたコースにでよう。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:256人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ