また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3902512 全員に公開 ハイキング 東海

鳩吹山〜西山〜継鹿尾山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年01月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候朝は晴れて寒かった。段々と暖かくなるにつれて曇ってきた。
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:23
距離
11.1 km
登り
671 m
下り
702 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
58分
合計
7時間23分
S可児川駅07:5408:15大脇登山口09:03鳩吹山09:2510:39一休さん10:4111:02西山11:1312:41石原登山口12:4213:45継鹿尾山13:5714:17継鹿尾山寂光院本堂14:2615:15犬山遊園駅15:1615:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
お正月明けの1/8〜10に、どこかへ山登りに行きたいと思っていました。天気はまずまず良さそうでしたが、新型感染症は拡大しつつあり、どうしようかと思っていました。

そんなこんなで、1/9にここ可児川駅から犬山駅までの山々を歩こうと思いました。

ここだったらコースが整備されていて、駅にはトイレがあります。何かあれば途中で打ち切っても構わないし。色々な意味で安全側かなと思いました。

欲を言えば、終わってから犬山駅の周りとか見て回りたいなと思っていましたが。まあ、それは出来たらラッキーぐらいでした。

コース状況/
危険箇所等
ルートは良く整備されています。あっちこっちにルートが別れていますから、道間違いには注意です。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

可児川駅へ7:48に着いたらスタートします。
2022年01月09日 07:54撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可児川駅へ7:48に着いたらスタートします。
土田城跡、だそうです。ここにも駐車スペースとトイレがありました。
2022年01月09日 08:10撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土田城跡、だそうです。ここにも駐車スペースとトイレがありました。
橋の下をくぐって、山へ向かいます。突然足元の水際から鳥が飛び出してびっくりした。
2022年01月09日 08:16撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の下をくぐって、山へ向かいます。突然足元の水際から鳥が飛び出してびっくりした。
最初から山の稜線が見えていると、気持ちはずいぶん楽ですね。
2022年01月09日 08:31撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初から山の稜線が見えていると、気持ちはずいぶん楽ですね。
まずまずの天気に恵まれて、それなりに眺望もありますね。
2022年01月09日 08:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずまずの天気に恵まれて、それなりに眺望もありますね。
9時前ですが、いったん稜線へ出ました。ルートには案内や指導票があります。
2022年01月09日 08:48撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時前ですが、いったん稜線へ出ました。ルートには案内や指導票があります。
静岡県だと山は植林ばっかり延々と続きがちだから、こういう広葉樹林帯は新鮮ですね。
2022年01月09日 08:55撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静岡県だと山は植林ばっかり延々と続きがちだから、こういう広葉樹林帯は新鮮ですね。
頂上の東屋で休憩します。これは東側を見ています。
2022年01月09日 09:04撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の東屋で休憩します。これは東側を見ています。
3
同じく頂上から、北側を見ています。
2022年01月09日 09:25撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく頂上から、北側を見ています。
3
はるか遠くは霞んでますが、まあ、悪くない眺めじゃないかな?
2022年01月09日 09:32撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はるか遠くは霞んでますが、まあ、悪くない眺めじゃないかな?
確かこの辺りで、70代のおじいさんとおばあさんのふたりとすれ違いました。なんか、いいなあ。。。
2022年01月09日 09:51撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確かこの辺りで、70代のおじいさんとおばあさんのふたりとすれ違いました。なんか、いいなあ。。。
この分岐まで来て、いったん直進というか西山休憩舎へと向かいましたが、やっぱり北回りのルートへ向かうことにしました。
2022年01月09日 09:59撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐まで来て、いったん直進というか西山休憩舎へと向かいましたが、やっぱり北回りのルートへ向かうことにしました。
北回りのルートは、いったん下ってこの橋を渡ってから、また西山まで登り返します。
2022年01月09日 10:07撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北回りのルートは、いったん下ってこの橋を渡ってから、また西山まで登り返します。
北回りのルートには、この岩場があります。この岩場は、下りよりも登りで通過するほうが安全だろうな、と思ったのでした。
2022年01月09日 10:49撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北回りのルートには、この岩場があります。この岩場は、下りよりも登りで通過するほうが安全だろうな、と思ったのでした。
1
こういう里の山は、色々なかたがたが登って来ていて。周りの市民の生活と共にある山だなあと思います。
2022年01月09日 10:57撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう里の山は、色々なかたがたが登って来ていて。周りの市民の生活と共にある山だなあと思います。
西山の頂上まで来ました。11時だから遅くは無いけれど、早くも無いです。
2022年01月09日 11:02撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西山の頂上まで来ました。11時だから遅くは無いけれど、早くも無いです。
確かこの辺りで、10人以上の50代の女性グループとすれ違ったような。とっても元気でにぎやかでした。
2022年01月09日 11:38撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確かこの辺りで、10人以上の50代の女性グループとすれ違ったような。とっても元気でにぎやかでした。
石原登山口まで来ました。ここでまた大休憩します。
2022年01月09日 12:18撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石原登山口まで来ました。ここでまた大休憩します。
この辺りから東海自然歩道に入ったような気がします。
2022年01月09日 12:48撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから東海自然歩道に入ったような気がします。
いかにも東海自然歩道という、有難いんだけどうんざりする階段が、もう延々と続きます。
2022年01月09日 13:38撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いかにも東海自然歩道という、有難いんだけどうんざりする階段が、もう延々と続きます。
継鹿尾山の頂上です。もう13:45ですね。やっとここまで来た。
2022年01月09日 13:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
継鹿尾山の頂上です。もう13:45ですね。やっとここまで来た。
1
犬山遊園駅とモンキーパークが見えます。確か、小さな犬を連れた普段着の女性とすれ違いました。
2022年01月09日 13:46撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬山遊園駅とモンキーパークが見えます。確か、小さな犬を連れた普段着の女性とすれ違いました。
1
この辺りで、15歳くらいの男の子と女の子のふたりとすれ違いました。男の子のほうがバテ気味で、あと少し頑張れと思ったのでした。
2022年01月09日 14:13撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りで、15歳くらいの男の子と女の子のふたりとすれ違いました。男の子のほうがバテ気味で、あと少し頑張れと思ったのでした。
寂光院の境内へと降りました。家族だから一緒に居ます、って感じの12歳くらいの女の子がいまして。まあ、飽きるよなと思ったのです。
2022年01月09日 14:25撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寂光院の境内へと降りました。家族だから一緒に居ます、って感じの12歳くらいの女の子がいまして。まあ、飽きるよなと思ったのです。
1
はるか昔だったら、みんなこういう階段を上り下りして、神社仏閣をお参りしたのでしょう。でも、今そうするひとは珍しいだろうな。
2022年01月09日 14:39撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はるか昔だったら、みんなこういう階段を上り下りして、神社仏閣をお参りしたのでしょう。でも、今そうするひとは珍しいだろうな。
川沿いを歩いて駅へと向かいます。15時を過ぎて、もう日が陰ってきました。
2022年01月09日 15:04撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川沿いを歩いて駅へと向かいます。15時を過ぎて、もう日が陰ってきました。
犬山遊園駅へとゴールです。お疲れ様でした。
2022年01月09日 15:17撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬山遊園駅へとゴールです。お疲れ様でした。

感想/記録

今回も感想を4点挙げておきます。



―わってから、犬山駅の周りも見て回るつもりでいましたが。時間が無くなって、犬山遊園駅へゴールしています。まあ、いつか改めて犬山駅の周りと犬山城と城下町を見て回りましょう。良いお店もあるみたいだし。



△海琉貘咾浪亠じ袈悗世修Δ如▲織丱涯愡澆呂泙席かりますが、ガス台も禁止でした。ちょっとやりすぎなんでないか?地権者や行政の方針にくちを出す訳じゃ無いけれど。どうしてもラーメンを食べたいなら、熱いお湯を持ち上げるしかないな。



今回は靴を、いつもの軽登山靴ではなく、久しぶりに重登山靴にしました。そうしたら、わりと岩っぽいコースだったので、軽登山靴よりも何だか楽でした。私の軽登山靴は街道歩きとかの、舗装されたところを長く歩くのなら向いていますが。岩っぽいコースだと重登山靴のほうが向いているみたい。



せ廚辰討い燭茲蠅發困辰函△燭さんのひとが登っていました。山登りのグループや個人も多かったのですが、家族連れも多かったですね。おじいちゃんとおばあちゃんが、ふたりで登ってきていました。まだ10台半ばの男の子と女の子が、ふたりで登ってきていました。

いわゆる凄い山も、それはそれで良いなと思いますが。こういう市民の生活と共にある山々も、こっちはこっちで良いなと思います。ごく一般のひとは、毎回凄い山へ行くなんて出来る訳が無いんだから。

お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:163人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 東屋
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ