また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3908912 全員に公開 雪山ハイキング 札幌近郊

紺碧の青空! 藤野富士→常磐ヒルズ→穴沢山周回

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年01月10日(月) [日帰り]
メンバー
天候ピーカン☀
アクセス
利用交通機関
車・バイク
札幌からは国道230を南下し、藤野3条2丁目の交差点を左折して藤野1号通りに入ります。あとはそのまま直進し、藤野聖山園の看板を左折。道なりに進んで行き止まりが駐車場となります。ありがたいことに除雪がされてまして20台くらいは停められそうですが、藤野聖山園の駐車場なので邪魔にならないように止めましょう。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
04:56
距離
8.8 km
登り
575 m
下り
564 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間19分
休憩
37分
合計
4時間56分
Sスタート地点07:2108:17藤野富士08:3309:02常磐ヒルズ09:0709:50P41209:5310:32穴沢山10:4512:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
常磐ヒルズー穴沢山間は登山道がなく、笹薮・踏み抜きに悶絶してて全く参考になりません。お気を付けください。
コース状況/
危険箇所等
常磐ヒルズー穴沢山間の笹薮地帯には泣かされました。積雪が30cm程度以下しかなく踏み抜き多発で、たまに股下まで(涙)。もう少し積もってから行くことをおススメします。
特に危険個所はありませんが、常磐ヒルズー穴沢山間は吹雪いたら方向が分かりにくくなりそうです。
その他周辺情報藤野(国道230号)まで行けば何でもあります。お風呂は近場なら小金湯温泉がありますね。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アウター(厚) フリース 長袖インナー ドライナミックメッシュ ズボン タイツ 厚手靴下 グローブ(冬) アウター手袋 予備手袋 雨具(下のみ) バラクラバ 毛帽子 薄手ダウンジャケット 登山靴(冬) ゲイター(厚) サングラス タオル 高度計付き腕時計 ザック スノシュー ストック お守り ガス コンロ コッヘル サーモス(0.9リットル) 昼ご飯(パン・カレーメシ) 行動食(チョコ・塩キャラメル・エネチャージ系・ちーかま等) 飲料(500mLペット) カメラ(SDカード) 地形図 計画書 筆記用具 コンパス 温度計 スマホ(GPS) ヘッドランプ 予備電池 ホッカイロ ビニール袋数枚 ココヘリ 替Tシャツ 携帯トイレ ティッシュ3つ ウェットティッシュ1つ ツェルト エマージェンシーシート キネシオロジーテープ 痛み止め コムレケア 保険証 JRO登録証

写真

藤野富士。ここから見たらミニ富士だね。
2022年01月10日 07:04撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤野富士。ここから見たらミニ富士だね。
11
駐車場到着。-11℃と今時期らしい。
2022年01月10日 07:14撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場到着。-11℃と今時期らしい。
4
朝焼け。気持ちのいい一日になる予感。
2022年01月10日 07:23撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼け。気持ちのいい一日になる予感。
13
本日の装備。今日はシューで通しています。
2022年01月10日 07:27撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の装備。今日はシューで通しています。
7
さてと出発。
2022年01月10日 07:31撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてと出発。
4
グーテンモルゲン!私にとって本年お初のご来光。
2022年01月10日 07:36撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グーテンモルゲン!私にとって本年お初のご来光。
11
少し奥に登山口の看板がありました。
2022年01月10日 07:39撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し奥に登山口の看板がありました。
5
右折して冬ルートへ。
2022年01月10日 07:45撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右折して冬ルートへ。
5
この時期唯一のお花。
2022年01月10日 07:58撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期唯一のお花。
8
いや〜青すぎ。幸せ〜。
2022年01月10日 08:05撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いや〜青すぎ。幸せ〜。
9
山頂ロックオン。
2022年01月10日 08:23撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂ロックオン。
6
先にちょっとだけ寄り道。
2022年01月10日 08:24撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先にちょっとだけ寄り道。
8
札幌市街地が見えました。
2022年01月10日 08:27撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
札幌市街地が見えました。
7
アップ!南側の市街地とは思うが。。。奥に豊平川、モエレ山が見えてますね。
2022年01月10日 08:27撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップ!南側の市街地とは思うが。。。奥に豊平川、モエレ山が見えてますね。
12
んで、祝、藤野富士登頂〜!予想外に雪が少ない...
2022年01月10日 08:31撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
んで、祝、藤野富士登頂〜!予想外に雪が少ない...
15
さてと、次へ向かいますか。尾根沿いに南方へ。
2022年01月10日 08:33撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてと、次へ向かいますか。尾根沿いに南方へ。
4
途中林の切れ間から。左が恵庭岳、右が空沼岳。
2022年01月10日 08:37撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中林の切れ間から。左が恵庭岳、右が空沼岳。
4
展望台到着。雲がなければ日高が見えているはず。
2022年01月10日 08:42撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台到着。雲がなければ日高が見えているはず。
5
次の目的地の穴沢山。手前のモコモコ地形を横切る予定。笹薮が嫌な予感。
2022年01月10日 08:43撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の目的地の穴沢山。手前のモコモコ地形を横切る予定。笹薮が嫌な予感。
5
望遠タイム。北電の苫東厚真発電所。胆振震災のブラックアウトでは職員の方々の努力に感謝ですね。
2022年01月10日 08:45撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望遠タイム。北電の苫東厚真発電所。胆振震災のブラックアウトでは職員の方々の努力に感謝ですね。
6
分かります?北広島に建設中のボールパーク(日ハム)です。遠くてもう見に行けない...
2022年01月10日 08:46撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かります?北広島に建設中のボールパーク(日ハム)です。遠くてもう見に行けない...
10
支笏湖湖畔にある紋別岳。
2022年01月10日 08:47撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支笏湖湖畔にある紋別岳。
8
イチャンコッペ山。今日はたくさん登ってそう。
2022年01月10日 08:47撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イチャンコッペ山。今日はたくさん登ってそう。
6
左の火山ガスを出しているのが樽前山、右のピークは風不死岳。
2022年01月10日 08:47撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の火山ガスを出しているのが樽前山、右のピークは風不死岳。
9
太陽高度が上がってきたのでグラサン着用。
2022年01月10日 08:49撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽高度が上がってきたのでグラサン着用。
6
常磐ヒルズへの最後の登り。
2022年01月10日 09:01撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常磐ヒルズへの最後の登り。
3
祝、常磐ヒルズ登頂〜!
2022年01月10日 09:03撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祝、常磐ヒルズ登頂〜!
17
お守りも満足。でも何故にヒルズ???
2022年01月10日 09:03撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お守りも満足。でも何故にヒルズ???
13
さて、本日のメインイベントへ。今から嫌な予感しかしない。
2022年01月10日 09:16撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、本日のメインイベントへ。今から嫌な予感しかしない。
6
嫌な予感的中...積雪が30儖焚爾半なく、踏み抜き多発!
2022年01月10日 09:22撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嫌な予感的中...積雪が30儖焚爾半なく、踏み抜き多発!
3
沼みたいな浅い凹地形がありました。それにしてもこのモコモコ地形はどうやってできた?
2022年01月10日 09:27撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼みたいな浅い凹地形がありました。それにしてもこのモコモコ地形はどうやってできた?
6
ひ〜ん😢。股下まで踏み抜くことも。初老の腰に来る...
2022年01月10日 09:41撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひ〜ん😢。股下まで踏み抜くことも。初老の腰に来る...
4
悪戦苦闘でなんとかP412到着。でも眺めは抜群。右が藤野富士、左の植生が薄いピークが常磐ヒルズ。
2022年01月10日 09:51撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪戦苦闘でなんとかP412到着。でも眺めは抜群。右が藤野富士、左の植生が薄いピークが常磐ヒルズ。
7
奥の稜線は先日行った砥石山ですね。左奥は百松沢山かな?左手前は豊見山だと思う。
2022年01月10日 09:51撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の稜線は先日行った砥石山ですね。左奥は百松沢山かな?左手前は豊見山だと思う。
4
熊の登った爪痕。写ってませんが下の方に新し目の爪痕があり、慌てて鈴を出すビビりのyo-sha。
2022年01月10日 10:02撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の登った爪痕。写ってませんが下の方に新し目の爪痕があり、慌てて鈴を出すビビりのyo-sha。
9
ヘロヘロになって、やっとこさ穴沢山に取り付く。
2022年01月10日 10:07撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘロヘロになって、やっとこさ穴沢山に取り付く。
4
「ぐえ〜」ここも...悶絶中。足が攣りそう(危)。
2022年01月10日 10:12撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ぐえ〜」ここも...悶絶中。足が攣りそう(危)。
4
今年お初の作品。yo-sha画伯、完璧。
2022年01月10日 10:15撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年お初の作品。yo-sha画伯、完璧。
10
ふと振り返ると絶景が広がってました。神威岳、烏帽子岳も見えてきた。雲が出てきたかな。
2022年01月10日 10:24撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと振り返ると絶景が広がってました。神威岳、烏帽子岳も見えてきた。雲が出てきたかな。
8
山頂ロックオン。最後まで笹にいじめられました。
2022年01月10日 10:31撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂ロックオン。最後まで笹にいじめられました。
3
祝、穴沢山登頂〜!ちょっと感無量。昔ここに真駒内スキー場があって、仕事後に練習でよく滑ってました。
2022年01月10日 10:33撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祝、穴沢山登頂〜!ちょっと感無量。昔ここに真駒内スキー場があって、仕事後に練習でよく滑ってました。
11
お守りも滑りたいかな。
2022年01月10日 10:35撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お守りも滑りたいかな。
14
ここでお昼。実はこれのビニールのはがし方、数年前に知りました(恥)。
2022年01月10日 10:42撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでお昼。実はこれのビニールのはがし方、数年前に知りました(恥)。
5
下山途中で自撮り。頭が笹と被って大失敗。
2022年01月10日 10:55撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中で自撮り。頭が笹と被って大失敗。
5
足跡👍。
2022年01月10日 10:55撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足跡👍。
3
あれ(P412)を登り返すんだよな...
2022年01月10日 10:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ(P412)を登り返すんだよな...
5
帰りのこと考えて、行きにジグ切っておいて正解でした。
2022年01月10日 11:02撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りのこと考えて、行きにジグ切っておいて正解でした。
4
途中からショートカットで再度の踏み抜き地獄。なんとか登山道まで戻りました。
2022年01月10日 11:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中からショートカットで再度の踏み抜き地獄。なんとか登山道まで戻りました。
4
遠くに札幌の街並み。左は藻岩山。奥は吹雪いてますね。
2022年01月10日 11:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに札幌の街並み。左は藻岩山。奥は吹雪いてますね。
3
登山道、快適すぎ!!
2022年01月10日 11:57撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道、快適すぎ!!
4
これ見て一安心。小走りで下りていく。
2022年01月10日 12:00撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ見て一安心。小走りで下りていく。
5
無事、下山しました。お疲れさまでした〜。
2022年01月10日 12:20撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、下山しました。お疲れさまでした〜。
10
撮影機材:

感想/記録
by yo-sha

【お山紹介】
今回は藤野富士(標高651m)、常磐ヒルズ(標高532m)、穴沢山(標高459.9m)の周回です。
札幌南方にある小さなピーク群で、藤野富士はなかなかの急登です。小さなお山ですが登りごたえは抜群。山頂までは展望はイマイチですが、展望台からは広く札幌西方の山々や札幌市街地が見られます。常磐ヒルズは藤野富士から稜線で繋がっています。景色は途中1か所ありますが、ほぼないと思って下さい。穴沢山は途中からの景色、山頂景色はなかなかですが、今回のルートは踏み抜き地獄です。行く場合は覚悟ください。
下山後数台の車が止まってましたが、すれ違ったのは2名ほど。皆藤野富士→常磐ヒルズのみの登山と思われます。静かなお山を満喫できる穴場ですね。

【山行】
本日時間が作れたので、行った事がないお山を地理院地図にて検索 。「おっ、南方にあるぞ」、 ということで今回は藤野富士をチョイス 。ついでに常磐ヒルズ、穴沢山への周回も。行ってきました〜。
日が昇る前に藤野聖山園の一番上の駐車場に到着。いや〜、いきなりモルゲンの景色に感動。登る前からレリーズモードに(笑)。今日は登山道のない穴沢山も考えていることから、シューで通せばいいかな、ということで最初からシューでスタートです。

序盤は少々起伏のある林間をダラダラ登ります。ちょうど日の出に当たっていい感じ。でもさすがに暑くなってきて早々にアウターを脱ぐ。この暑がり、なんとかならんかな。
冬季ルートの短縮路に入ると様相は一変、足場が不安定な急登に。踏み跡はベースがシューの跡なのですが、その後のツボ足の跡でとにかく歩きにくい。でもツボの人、よく下りてきたな。
ずっと急登でなかなかの登りごたえ。後半の穴沢山への体力も残しつつ、なるべくゆっくり目に登っていき、1時間ほどで祝、藤野富士登頂〜!あれま景色が残念。ということで標識撮ってすぐに次へ向かう。
南側は稜線になってますね。しばし進むと右手が少し開け、恵庭岳と空沼岳がこんにちは。少しルートを外れてナイス📸いただきました。
展望台では一気に景色が開けますが、肝心の日高山脈は雲の中。まあ仕方ない。とりあえず穴沢山へのルートを確認すると、笹薮に雪が付いている斜面にいや〜な予感。。。
とりあえず常磐ヒルズを目指し、あっという間に、祝、常磐ヒルズ登頂〜。ここも景色は残念ですね。宮標石のお勉強をして次なる穴沢山へ。
ここで大失敗。下山道から向かえばよかったのを、道みたいなのがあったのでそのまま先に進むミステイク。途中急斜面に突き当り、登りなおしたりトラバースしたりで何とか予定していた作業道へ。ちょっと焦った。
下り切ってP412へ向かうも、ここからが本当の地獄の始まり。積雪が30冂度以下と薄く、踏み抜き多発。とにかく進まなくてつらかった。でもP412からの景色は素晴らしかったですね。
結局ず〜っと笹薮、踏み抜きとの戦いで、ヘロヘロ悶絶状態で穴沢山も登り切って、祝、穴沢山登頂〜。思った以上に南側の景色がキレイですね。昔スキー場だったころによく滑りに来ていたのを思い出しました。
西側遠方の雲行きが怪しく、周りも雲で日差しが遮られ始めたので下山開始。踏む抜きが厳しいので、結局来たルートをほぼ戻りました。常磐ヒルズからのルートと合流したときは嬉しかった〜。
あとは淡々と下って行っての無事の下山でした。お疲れさまでした。

実は一昨年から温めていた山行で達成できてよかったですが、なかなかハード(過ぎ)でした...あの踏み抜き地獄に多分もう行くことはないでしょう。次はどこ行こうかな〜。







お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:306人

コメント

yo-shaさん、こんにちは
新年おめでとうございます。

初登山、展望がイマイチとのことですが
有名な山が一望でうらやましいです。
雪が少なくての踏み抜きは、ちょっとうんざりですね。
これからしばらく、北海道は天気が荒れると
報道されてました。大過ないよう
願っております。
2022/1/11 17:07
komakiさん、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

札幌近郊で以前から計画はしていましたが、マイナーすぎるお山なのでどうしても後回しになりますね。やっと行くことが出来ました。

山頂からの眺めがイマイチで、山頂飯ではやはり景色が欲しいですよね。道中、所々から色々と見えますが、日高山脈を一望できなかったのが心残りでリベンジ決定ですね。

踏み抜き地獄にはかなり苦しみました。腰に張ったシップの匂いが、地下鉄、執務室、で気になるところ。でもサリチル酸メチルの匂いで少しは痛みが取れる感じもしますね(笑)。

天候のご心配、ありがとうございます。昼過ぎから湿った雪で吹雪いてきました。今回の山行では雪が少なかったので、もっと降ってほしいと願ってましたが、災害級だけは勘弁ですね。
2022/1/11 19:33
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ