また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3997986 全員に公開 山滑走 北陸

美濃原山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年02月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
野谷橋(林道入口)が除雪してあり駐車可能
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:02
距離
11.7 km
登り
1,340 m
下り
1,342 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間3分
休憩
0分
合計
7時間3分
Sスタート地点02:0809:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道デブリは注意が必要
過去天気図(気象庁) 2022年02月の天気図 [pdf]

写真

紫色の時間
ご来光に期待が
2022年02月12日 06:06撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紫色の時間
ご来光に期待が
3
麓の鳴谷ダム・白川郷。赤い空には北アルプスのシルエット。
2022年02月12日 06:28撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓の鳴谷ダム・白川郷。赤い空には北アルプスのシルエット。
4
北アルプスにズーム
2022年02月12日 06:28撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスにズーム
4
歩いてきた稜線。
ウサギも山登りするんだね〜
2022年02月12日 06:34撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線。
ウサギも山登りするんだね〜
6
猿ケ馬場山方面。奥に見えるのは乗鞍かな?
2022年02月12日 06:34撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿ケ馬場山方面。奥に見えるのは乗鞍かな?
3
クルミ谷が見えてきた。
左の緩やかなピークが美濃原山だ!
雪庇が気になるが詰めるラインを見極める。
2022年02月12日 06:27撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルミ谷が見えてきた。
左の緩やかなピークが美濃原山だ!
雪庇が気になるが詰めるラインを見極める。
2
3メートル以上はあろう雪庇。
右からうまい具合に巻きルート取れる。
2022年02月12日 06:51撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3メートル以上はあろう雪庇。
右からうまい具合に巻きルート取れる。
3
なんとなくご来光。ピークに立ってはじめて御嶽も見えた!
2022年02月12日 07:02撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとなくご来光。ピークに立ってはじめて御嶽も見えた!
4
野谷荘司方面。
2022年02月12日 07:15撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野谷荘司方面。
1
左から、笈ヶ岳、大笠山、奈良岳。
2022年02月12日 07:15撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から、笈ヶ岳、大笠山、奈良岳。
6
小松方面。木場型が見えた
2022年02月12日 07:23撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小松方面。木場型が見えた
2
白山の眺望はすばらしい。
モルゲンロードの白山を見たかったけれど条件整わず。
2022年02月12日 07:23撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山の眺望はすばらしい。
モルゲンロードの白山を見たかったけれど条件整わず。
4
明るくなってきた!さらば
2022年02月12日 07:26撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってきた!さらば
4
雪質は安定。朝イチ速攻かけます。
2022年02月12日 07:34撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪質は安定。朝イチ速攻かけます。
2
デブリあとがあって注意して滑る
2022年02月12日 07:36撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリあとがあって注意して滑る
2
トラバースラインに入る
2022年02月12日 07:53撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースラインに入る
1
下部はデブリと堰堤が出てくるだろう
2022年02月12日 07:53撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部はデブリと堰堤が出てくるだろう
1
500mくらい標高落としたかな。
シール貼ってトラバース気味に尾根復帰
2022年02月12日 08:01撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
500mくらい標高落としたかな。
シール貼ってトラバース気味に尾根復帰
2
安全地帯で厚切りチョコケーキで贅沢休憩タイム。甘くておいしい!
でもおじさんは途中からつらくなってくるサイズだった。子どものお土産にしよう
2022年02月12日 08:16撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安全地帯で厚切りチョコケーキで贅沢休憩タイム。甘くておいしい!
でもおじさんは途中からつらくなってくるサイズだった。子どものお土産にしよう
2
地形図1128付近。癒しの森
2022年02月12日 08:17撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図1128付近。癒しの森
3
ここからハードモナカで難儀。ゆっくり慎重に
2022年02月12日 08:31撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからハードモナカで難儀。ゆっくり慎重に
1
ゴール。林道除雪終点。
2022年02月12日 08:58撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール。林道除雪終点。
2

感想/記録

美濃原山は白山北縦走路の野谷壮司山と妙法山の間にある。
今回は野谷橋からアプローチした。林道はデブリで難儀した。尾根に取り付くまでに精神的に疲れる。コースとしては中々楽しいけれど、この林道が人を寄せ付けないようだ。逆に言えば静かな山とも言える。

なんとか尾根に取りついたら、地形図通りの急登が待っている。杉林から次第に広葉樹林の森に変化する。尾根は東西に伸びるので尾根の両側は北面と南面になる。日当たりで雪質が全然違っていて南面は悪質なモナカ、北面はフカフカ。帰りは北面寄りに滑ることにする。
1500でいよいよ明るくなってきて、振り返れば空が赤く染まっていた。幻想的だ。結果的にご来光は拝めなかったけれど。
北方稜線に出ると、となりの妙法山の山容も美しくてそそられるが今回は美濃原山にした。
それにしても静かでいい山だ。
白山の眺望が素晴らしい。三俣峠の上に剣ヶ峰、そのすぐ後ろになんとか御前峰が見えてるはず。

ピークに立って思ったことは、馬狩から野谷荘司に登って北方稜線を歩いてきた方が美濃原山へのアプローチはよかったということ。林道デブリがなければ人気の山になるだろうに、、、

下りはクルミ谷左又1700からエントリー。
気温が上がる前にさっと通過したいところ。
序盤はツーカイ!ヨホホイ!
谷が狭まってくると新雪の下にデブリが隠れていて注意しながら通過した。
1100でシールを貼り直して尾根までトラバース気味に登り返す。尾根に復帰すれば癒しの森だった。尾根は雪質のいいところを選んでるツリーラン。終盤はモナカ雪を楽しんだ。
林道は放射冷却で雪が締まっていて板がよく走った。デブリ通過は要注意。一箇所ヤバイとこがある。
9時過ぎに帰還。今日もありがとう。
帰宅したら子守だ。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1468人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ