また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 41830 全員に公開 沢登り丹沢

西丹沢/東沢本棚沢(沢登り講習)

日程 2009年07月11日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

西丹沢自然教室7:05
7:11ゴーラ沢登山口
7:48 855P
7:52東沢右岸林道
8:28棚沢橋(本棚沢入渓)
8:55 10m滝(右岸高巻き)
9:30本棚25m(右岸高巻き)
10:26 20m大岩滝(大岩直登)
11:27 45m涸棚
13:48つつじ新道(登山道)
14:54ゴーラ沢
15:45西丹沢自然教室
=山北駅南口/さくらの湯(入浴)
コース状況/
危険箇所等
★沢登り講習会情報
 http://mt-farm.sports.coocan.jp

東沢本棚沢
 ■遡行グレード:3級
 ■アプローチ
   .粥璽藺出合までつつじ新道を歩き、そこから東沢本流を歩くが
    本棚沢出合まで10個ほど堰堤を越さなくてはならない。
    その内、ひとつはメンバーによってはロープが必要だ。
   △弔弔舷憩擦鮠し登り、その北側に伸びる尾根に這い上がって登り
    855mピークを越して林道を本棚沢の上にかかる棚沢橋まで歩く。
    今回はこのルートを使ってアプローチした。
    棚沢橋を渡って簡単に沢へ降りられる。
 ■各滝について
   )榁沢に入って最初に出てくるのは10m滝。
    直登は厳しそうなので、少し戻った右岸(上流に向かい左側)の小尾根
    から高巻く。
   ∨榁25mは流芯左側から登れるがかなり厳しい。
    今回も水量がやや多かったので、右岸の尾根を登り、落ち口に向かい
    伸びている高巻き径を使う。
    慎重に辿ればロープは不要(初心者は必要)。
   3段15m滝は流芯右側から登れる。(卦蕁
   は続したトイ状の小滝を越せば手前に20mの大岩を持つ壁のような滝。
    前回は大岩と流芯のある壁の間のルンゼを登ったが上部が厳しい。
    今回は大岩を直登。途中ハーケン3箇所あるが、沢靴だと滑った。
    クライミングシューズに履き替えた方がよい。(卦蕁棔
    大岩を登れば右上部カヤトの中に高巻き径があり、滝上部に出られる。
   イ修両紊漏某管瑤任△45m涸棚が堂々と正面に立っている。
    右側フェースから右側中間部のブッシュが生えた小テラスを目指す。
    そこから落ち口まで斜めストレートに登るが、一部要バランス。
    ハーケンは適度にある。(元蕁棔
    ただし染み出しなど濡れているととても悪くなる。
    ここは要クライミングシューズ。
   45m棚の上にも4m、10mの涸棚が続く。
    卦蘢度なのでクライミングに慣れていればロープは不要。
    ただ慣れていない人には難しく感じるかもしれない。
   10m棚の上で右側の尾根に取り付き15分程度で一般登山道である
    つつじ新道のベンチに飛び出す。


ご注意)当ルートはバリエーションであり、沢登り技術、読図技術、クライミング技術をマスターし、
    装備も万全を配している方向きです。
    一般登山のみの方はご遠慮いただき、同様のルートを行こうとする場合は
    ベテランと同行されるとか、必要な技術を講習等でマスターして下さい。
過去天気図(気象庁) 2009年07月の天気図 [pdf]

写真

西丹沢自然教室
2009年07月11日 07:05撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢自然教室
つつじ新道入口
2009年07月11日 07:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつじ新道入口
つつじ新道を少し登ったあとで
北側の尾根に取り付く
2009年07月11日 07:40撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつじ新道を少し登ったあとで
北側の尾根に取り付く
今回は林道をアプローチに使ってみた
2009年07月11日 08:19撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は林道をアプローチに使ってみた
本棚沢にかかるたなさわ橋
2009年07月11日 08:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本棚沢にかかるたなさわ橋
まずは釜を持った小滝
2009年07月11日 08:49撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは釜を持った小滝
10m滝
10mほど戻って右岸から高巻く
2009年07月11日 08:55撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝
10mほど戻って右岸から高巻く
10m滝高巻きから沢へ戻る
2009年07月11日 09:09撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝高巻きから沢へ戻る
心地よいナメ
2009年07月11日 09:14撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心地よいナメ
本棚25mが現れる
下から見るとそれほど落差はないように感じるが・・・
2009年07月11日 09:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本棚25mが現れる
下から見るとそれほど落差はないように感じるが・・・
右岸から高巻いて眺めるとやはり結構落差がある
2009年07月11日 09:34撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸から高巻いて眺めるとやはり結構落差がある
高巻きから戻る
2009年07月11日 09:41撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高巻きから戻る
3段15m滝
下段が核心で流芯の右を登る
苔が生えていて滑りやすいのでタワシを使った
2009年07月11日 09:45撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3段15m滝
下段が核心で流芯の右を登る
苔が生えていて滑りやすいのでタワシを使った
トイ状の小滝が続く
2009年07月11日 10:16撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイ状の小滝が続く
核心のひとつ20m大岩滝
大岩と奥の壁の間にあるルンゼも結構悪い。
今回は大岩を直登してみたが沢靴で2回滑りヒヤッとした。
クライミングシューズに履き替えた方がよい。
2009年07月11日 10:26撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心のひとつ20m大岩滝
大岩と奥の壁の間にあるルンゼも結構悪い。
今回は大岩を直登してみたが沢靴で2回滑りヒヤッとした。
クライミングシューズに履き替えた方がよい。
大岩を基部から。
ハーケンは3つあった。
2009年07月11日 10:42撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩を基部から。
ハーケンは3つあった。
大岩の終了点
ここから右斜め上に高巻き径が伸びている。
2009年07月11日 10:57撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の終了点
ここから右斜め上に高巻き径が伸びている。
20m大岩滝高巻きから沢へ戻る
2009年07月11日 11:20撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20m大岩滝高巻きから沢へ戻る
その先には45m涸棚が姿を現す
2009年07月11日 11:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先には45m涸棚が姿を現す
45m涸棚
乾いていれば検楪度の快適なクライミングだが
染み出しがあるとヒヤリ度アップ。
右中間部のブッシュにある小テラスを目指して登る。
2009年07月11日 11:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
45m涸棚
乾いていれば検楪度の快適なクライミングだが
染み出しがあるとヒヤリ度アップ。
右中間部のブッシュにある小テラスを目指して登る。
涸棚終了点から下を望む
2009年07月11日 12:23撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸棚終了点から下を望む
45m棚の上にも4mと10mの涸棚が続く。
ここもクラミングシューズがよい。
2009年07月11日 13:18撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
45m棚の上にも4mと10mの涸棚が続く。
ここもクラミングシューズがよい。
つつじ新道に飛び出す
2009年07月11日 13:48撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつじ新道に飛び出す
ベンチのあるところだ
2009年07月11日 13:52撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチのあるところだ
自然教室へ戻る
2009年07月11日 15:45撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然教室へ戻る
訪問者数:2875人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ