また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4316622 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

中田谷林道から福ケ谷林道、沢ノ池、鳴滝へ

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年05月22日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:12
距離
9.9 km
登り
663 m
下り
669 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.3~1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間12分
休憩
0分
合計
5時間12分
Sスタート地点10:4816:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

いきなり虫食いクイズ。これは難問だ。「あなたの◯◯◯◯がこの街を美しくします」。
2022年05月22日 10:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり虫食いクイズ。これは難問だ。「あなたの◯◯◯◯がこの街を美しくします」。
1
知る人ぞ知る、ぐらいのルート。この先に中田谷林道へと通じる道がある。
2022年05月22日 10:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知る人ぞ知る、ぐらいのルート。この先に中田谷林道へと通じる道がある。
ほとんど個人宅の敷地を通る、みたいな道。小さい児童公園の左です。
2022年05月22日 10:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんど個人宅の敷地を通る、みたいな道。小さい児童公園の左です。
手すりがなく、古くて不安な橋。
2022年05月22日 11:04撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手すりがなく、古くて不安な橋。
こっちの橋は完全に崩れている。
2022年05月22日 11:04撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちの橋は完全に崩れている。
先の明るい部分が中田谷林道。
2022年05月22日 11:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先の明るい部分が中田谷林道。
こんな美麗な道だけど、あまり利用されていない。
2022年05月22日 11:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな美麗な道だけど、あまり利用されていない。
1
脇道調査。あまりにひどく、断念し、引き返す。
2022年05月22日 11:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脇道調査。あまりにひどく、断念し、引き返す。
その脇道に通じる橋はしっかりしてますけど。
2022年05月22日 11:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その脇道に通じる橋はしっかりしてますけど。
1
白い花のようなものはなんだろうと思って登る。シダの葉が日の光を反射してるだけでした。
2022年05月22日 11:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い花のようなものはなんだろうと思って登る。シダの葉が日の光を反射してるだけでした。
2
作業小屋の前にあるこれは、なんだ。上に何かが乗っかってるが、不明。
2022年05月22日 11:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業小屋の前にあるこれは、なんだ。上に何かが乗っかってるが、不明。
2
三叉路に出る。左は周山街道へおりる道。右を直進。
2022年05月22日 11:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉路に出る。左は周山街道へおりる道。右を直進。
ゴミの不法投棄、みたいな場所。
2022年05月22日 11:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴミの不法投棄、みたいな場所。
トラックはナンバープレートを外されている。
2022年05月22日 11:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラックはナンバープレートを外されている。
美しい杉林。今年は花粉症が軽いようで、ノーマスクで通過。
2022年05月22日 11:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい杉林。今年は花粉症が軽いようで、ノーマスクで通過。
2
「私有地に付 入らないで下さい」とあります。入っても行き止まるだけです。
2022年05月22日 11:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「私有地に付 入らないで下さい」とあります。入っても行き止まるだけです。
先の写真の右側に、福ケ谷林道へおりていく細い道があります。
2022年05月22日 12:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先の写真の右側に、福ケ谷林道へおりていく細い道があります。
1
わかりやすい一本道。
2022年05月22日 12:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わかりやすい一本道。
福ケ谷林道に出る。
2022年05月22日 12:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福ケ谷林道に出る。
林道から振り返ったところ。
2022年05月22日 12:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から振り返ったところ。
その登り口の少し西にもう一本の登り口。どこかで同じルートにつながってたはず。
2022年05月22日 12:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その登り口の少し西にもう一本の登り口。どこかで同じルートにつながってたはず。
崖上の杉。岩が崩れ落ちないよう支えるだけのために生えてる、みたいな。
2022年05月22日 12:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖上の杉。岩が崩れ落ちないよう支えるだけのために生えてる、みたいな。
2
植林地近くの杉が美しい。
2022年05月22日 12:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林地近くの杉が美しい。
2
林道が一本。未調査。
2022年05月22日 12:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道が一本。未調査。
沢ノ池方面への登り口近くの杉林で昼食。見上げた杉の梢が優しく、美しい。
2022年05月22日 12:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢ノ池方面への登り口近くの杉林で昼食。見上げた杉の梢が優しく、美しい。
2
たった2年ほどしか履いてないボロ靴。まだ履けるか。
2022年05月22日 12:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たった2年ほどしか履いてないボロ靴。まだ履けるか。
1
沢ノ池への登り口。「火の用心 山に来るたび歩くたび」。気合の入る警句。
2022年05月22日 13:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢ノ池への登り口。「火の用心 山に来るたび歩くたび」。気合の入る警句。
山主の警告。上の「岩手名物」のシールは誰かのいたずらかな?
2022年05月22日 13:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山主の警告。上の「岩手名物」のシールは誰かのいたずらかな?
こちらはパンのヤマザキのシール。シールはこの二つだけみたいだ。
2022年05月22日 13:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはパンのヤマザキのシール。シールはこの二つだけみたいだ。
木々の間から右京の街並みが見える。
2022年05月22日 13:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間から右京の街並みが見える。
2
この種、なんでしょうか。まだわかりません。
2022年05月22日 13:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この種、なんでしょうか。まだわかりません。
沢ノ池が見えた。
2022年05月22日 13:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢ノ池が見えた。
3
好天続きでにごりがなく、池の色は鮮やかな緑。
2022年05月22日 13:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
好天続きでにごりがなく、池の色は鮮やかな緑。
1
これでもか!といわんばかりの行くなの枝。見てみたい気もしたが、余力がないので、パス。
2022年05月22日 14:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これでもか!といわんばかりの行くなの枝。見てみたい気もしたが、余力がないので、パス。
先の分岐からの合流地点の岩場。こっちには行くな枝がないみたいなんだけど。
2022年05月22日 14:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先の分岐からの合流地点の岩場。こっちには行くな枝がないみたいなんだけど。
1
鳴滝に近づいたところで「この先、倒木と土砂崩れ 通行不可」だと。殺生です。仏栗峠でその旨掲示してくれてりゃよかったのに。
2022年05月22日 14:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴滝に近づいたところで「この先、倒木と土砂崩れ 通行不可」だと。殺生です。仏栗峠でその旨掲示してくれてりゃよかったのに。
少し戻ったところに赤いテープが。尾根っぽいルートをおりていく。
2022年05月22日 15:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し戻ったところに赤いテープが。尾根っぽいルートをおりていく。
1
三宝寺川支流の手前で荒れた崖。他に選択肢がなく、無理やりおりる。
2022年05月22日 15:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三宝寺川支流の手前で荒れた崖。他に選択肢がなく、無理やりおりる。
1
三宝寺川沿いの道もかなり荒れている。廃墟は昔のまんまです。
2022年05月22日 15:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三宝寺川沿いの道もかなり荒れている。廃墟は昔のまんまです。
撮影機材:

感想/記録

中田谷林道(右京区)は、御経坂近くのごく一部分を除き、ヤマレコの足跡がない。それが気になってて、そのうち歩いてやろうと思ってました。

そのついでに沢ノ池ですが、沢ノ池へ行くのに、普通は中田谷林道を利用することはないと思います。要するに用途が乏しい道だということです。

帰りは鳴滝方面の道を探るつもりでした。三宝寺川の支流におりればなんとかなるだろうという目論見で。しかしここが大きな難所。川沿いが急すぎる。他のルートがないので強引におりたけど、お勧めしかねる。

同行の連れは川へおりる前、「戻ろうか」などと言ってたけど、しんどすぎて、その選択肢は考えられなかった。「これが人生の最期かも」みたいな顔をされたけど、僕はそうは思わなかった。この程度の難路はいつでも切り抜けられたので。とはいうものの、そのうち「当たりくじ」を引いてしまうかも…。

結局、鳴滝方面へおりるのなら、北部クリーンセンターの近くぐらいしか道はなさそう。そこもまだ調べてはいないんだけど。

[2022/5/24追記]
2年前の2月23日にクリーンセンターの東側の登りを試そうとして、行き詰っています。他のルートがだめでここが開通してるという可能性はほとんどありません。南側はほぼだめみたいだ。一度確認はしてみたいけど。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:81人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 倒木 クリ 火の用心
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ