また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4453420 全員に公開 ハイキング 奥秩父

だからこの雨あがれ お坊山縦走

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年07月02日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち所により雷雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 笹子駅〜新中橋BS
復路 甲斐大和駅
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:23
距離
12.2 km
登り
1,159 m
下り
1,228 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間0分
休憩
24分
合計
7時間24分
Sスタート地点09:1410:34・118811:09笹子雁ヶ腹摺山11:2712:05展望地12:40米沢山12:4613:31トクモリ14:01お坊山14:09東峰14:36大鹿峠14:58大鹿山15:05大鹿山・景徳院分岐16:12景徳院入口バス停16:38甲斐大和駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

感想/記録
by gijin

私たちは、上手な引き算ができていないのだと、美術家は言う。ポジティブワードが並ぶのを訝しむ、それよりもかなわないという「不可能性」を体験することのほうがずっと大事。多様性とはそういうこと。打ちのめされつつ、それを楽しむ。嬉しい敗北から出発してこそ人は前に進むのだろう。
やる、やらないは自分で決める、今日やるよ。
お坊山の低山縦走に挑戦してみる。笹子雁ヶ腹摺山は好調だった。あの錐だった斜面を10分50mの嵩を上げる。ピッチはいつもより早い。気づけばパネル塔まで上がってきた。汗が眼鏡に滴る。目に沁み込みそれを拭う。富士山はさすがに見えない。笹子駅では10名ほど下車、殆どが滝子山を目指し歩き始めていた。笹雁も山頂で3名の登山者に会った。今日はここからが長丁場の縦走になる。厄介な米沢山。笹雁から一気に下る。樹林帯の樹々の葉音が届いてきた。雨か。樹林帯の中で空の様子がつかめない。雷鳴が聞こえる。雨音が消えたかと思うと雷鳴が近くで轟いている。ほかに登山者はいない。雨は小一時間で上がった。木漏れ日が濡れた新緑を照らす、眩しくも鮮やかな緑に立ち止まる。大きな下りから登り返しが始まる。周囲は樹々に覆われて展望がない。前に進むしかない。先端が開けてきた、山頂か。景色も何もない山頂を休まず通り過ぎた。雨音がうるさくなってきた。雷鳴も大きく響く。お坊山に向かう。今日の最高峰である。途中で若い単独女性と遭遇した。こんにちは、と。甲斐大和駅に停車中の電車で偶然にも、またお会いした。話をお聞きすると、天目山から稜線を登り大谷ヶ丸、お坊山と、それも地図にない稜線を登ってきたという。通常のルートにない、道を歩くのが好きだと。凄い脚力と精神力に感心しながらお話をお聞きした。
笹雁でキープした速さは米沢山で使い尽くし遅れ気味でお坊山の山頂を踏んだ。雨は止み、雷鳴も届いてこなかった。羽虫が多く、毒針にあっちっこち刺されてしまった。小休止後、景徳院分岐に下りる。1100m地点まで下ると分岐に着く。今日は大鹿山方面にルートを伸ばしてみた。余力があると思った脚力も大鹿山の上りで使い果たした。再び雨音が強くなってきた。休まずに景徳院に下りる。登山道は枯葉が残るところもあるがほぼ問題ない。1時間が長く感じられた。辿り着いた終点地点で御か左化で迷ったが、すぐに取返し景徳院の境内に入る。景徳院入口BSで10分で🚌が来るので登山中止にしようと躊躇ったが、甲斐大和駅まで一目散で歩いた。麓は雨も上がっていた。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:441人

コメント

gijin さん
 『上手な引き算ができていない』、確かにそのように思います。登りたい山行きたい処が無尽蔵に湧いてきます。その1つ1つに「行かない理由」を考え、次の山を決定します。登山者は引き算が上手いような(笑)。子供の頃は無謀な行いが多かったと思いますが、年齢を重ねると沢山の経験から「行かない理由」も多くなってきました。
 しかし、『「不可能性」を体験することのほうがずっと大事』は同感です。体験しないとその不可能性も解るはずがありません。そこから、やってはいけないことも解ってくるように思います。持続可能な地球と人類を実現するためには「不可能性」の体験が不可欠なのでしょう。
2022/7/4 9:05
yasuji-さん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
これを掲載するにあたっては、私はもちろん、yasuji-さん、ヤマトモさんを思い描いておりました。山行も仰る通りなのですが、生活、くらしの中においても同意だろうと思います。7050問題、8060問題は深刻になってきております。不可能性の体験、すなわち多様性をしること、嬉しい敗北から出発していくことが大事だろうと思っています。しかし、いまだ多様性は華美な言葉でしかなく根なし草のようで残念です。地にしっかりと根付いてほしいと思うところです。
2022/7/4 12:17
papico823さん
こんにちは、コメントありがとうございます。
Papicoさんが嫌いな雷鳴が轟き、雨の中、足早に山行してきました。天候が不安定なのでお気を付けください。
日記に触発されて、早速、私もマイナポイント15000分、ゲットしてきました。
また、山行にお誘いいたしますので、その節は宜しくお願いいたします。
2022/7/8 13:07
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ