また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 506761 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

金剛山 カヤンボ谷 〜 サネ尾 (アケビが食べごろ?)

日程 2014年09月09日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越峠バス停横の駐車場。10台駐車できます。(無料)
平日は何時も空いています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間35分
休憩
35分
合計
5時間10分
S水越峠バス停09:4510:35カヤンボ10:37カヤンボ谷入口12:20一の鳥居12:35山頂広場13:1013:20一の鳥居13:25サネ尾入口13:2014:10カヤンボ14:50水越峠バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
カヤンボ谷:特に危険な個所はありません。
      堰堤の4段梯子は注意して登って下さい。
      分岐を間違えると、困難な行く手が待っています。
      初めての時はルートを忠実に辿って下さい。
サネ尾:特に危険な個所はありません。
    下山口が判り難い。下山時、最後が急坂です。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

アケビがたくさん。
食べごろ。
2014年09月09日 09:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケビがたくさん。
食べごろ。
2
今日も好天の予想。
2014年09月09日 10:01撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も好天の予想。
2
さわ蟹に遭遇。
逃げないで・・
2014年09月09日 10:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわ蟹に遭遇。
逃げないで・・
2
カヤンボ谷入口。
踏み跡が少しある。
2014年09月09日 10:37撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤンボ谷入口。
踏み跡が少しある。
1
入ると、すぐに沢。
2014年09月09日 10:38撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入ると、すぐに沢。
大堰堤の4段梯子。
完全に固定はされていないので昇降時は注意。
珍しいウロコ模様の堰堤。
2014年09月09日 10:54撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大堰堤の4段梯子。
完全に固定はされていないので昇降時は注意。
珍しいウロコ模様の堰堤。
堰堤上から見たところ。
高度感あります。
2014年09月09日 10:56撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤上から見たところ。
高度感あります。
1
水が少なく、
沢は伏流水に。
2014年09月09日 10:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水が少なく、
沢は伏流水に。
少し先で流れが現れる。
荒れた沢。歩行には問題なし。
2014年09月09日 11:02撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し先で流れが現れる。
荒れた沢。歩行には問題なし。
この分岐は右へ。
2014年09月09日 11:04撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐は右へ。
この日は水量が少なかった。
2014年09月09日 11:10撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は水量が少なかった。
フシグロセンノウ
2014年09月09日 11:13撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フシグロセンノウ
1
オタカラコウ
2014年09月09日 11:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オタカラコウ
イヌショウマ
2014年09月09日 11:15撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イヌショウマ
1
この分岐は左へ。
2014年09月09日 11:17撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐は左へ。
沢が無くなって、急な斜面を登ると、石柱のある分岐点。ここは右の尾根に登る。
2014年09月09日 11:26撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢が無くなって、急な斜面を登ると、石柱のある分岐点。ここは右の尾根に登る。
ベニナギナタタケのようです。
紅というより、黄色ですが。
猛毒のカエンタケではないようです。
もちろん、触りませんでした。
とるのは写真だけ。
2014年09月09日 11:48撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニナギナタタケのようです。
紅というより、黄色ですが。
猛毒のカエンタケではないようです。
もちろん、触りませんでした。
とるのは写真だけ。
2
カヤンボ谷からダイトレ道への標識
2014年09月09日 11:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤンボ谷からダイトレ道への標識
三叉路。
右、一ノ鳥居そば。
左、ダイトレ急坂の階段手前。
今回は、楽な真中の道へ。
2014年09月09日 12:01撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉路。
右、一ノ鳥居そば。
左、ダイトレ急坂の階段手前。
今回は、楽な真中の道へ。
1
最後はここに出る。
ダイトレの急な階段の上部。
2014年09月09日 12:16撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はここに出る。
ダイトレの急な階段の上部。
2
ライブカメラ。
金剛山の一日の13時に映ってみた。
右端が私。
2014年09月09日 13:00撮影 by ver.A2801055.1, HRE Inc.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライブカメラ。
金剛山の一日の13時に映ってみた。
右端が私。
5
山頂広場。
2014年09月09日 13:01撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場。
2
良い天気です。
2014年09月09日 13:02撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い天気です。
2
メマツヨイグサかな?
2014年09月09日 14:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 210 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メマツヨイグサかな?

感想/記録
by abek3

 天気が良く、気温が上がりそうなので沢ルートへ。

 今回もカヤンボ谷。本日は水量少なく、一部は伏流水となって沢が消えていた。分岐を右、左と選んで前回(8/18)と同じ尾根に取り付く。

 尾根をたどって少し進むと、サネ尾に合流。今日は、一番楽な真ん中ルートをたどってダイトレに合流した。

 山頂は青空が広がって気持ちがよい。大阪方面は少しかすんで、遠くははっきりしない。

 昼食後はお参りしてから、サネ尾を降りた。こちらは8/30に登った尾根。急だが、カヤンボには最短で着く。

 金剛の水を10L汲んで、帰宅の途についた。

 道中、アケビがたくさん生っていた。高くて手が届かない。あのまま完熟して、落ちてしまうのだろうか。
訪問者数:426人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アケビ 堰堤 フシグロセンノウ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ