また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 507401 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 アジア

韓国 紅葉の雪岳山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2014年09月19日(金) ~ 2014年09月20日(土)
メンバー , その他メンバー20人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
仁川空港から貸切バスで五色温泉泊→寒渓嶺(ハンゲリョン)から徒歩
雪岳洞から貸切バスでソウル市内
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間0分
休憩
1時間25分
合計
8時間25分
S寒渓嶺スタート地点08:4510:50北西陵線分岐11:1014:35クッチョン14:4015:30中青山荘16:1016:30大青峯(頂上)16:5017:10中青山荘
2日目
山行
5時間30分
休憩
50分
合計
6時間20分
中青山荘06:2006:40小青峯ソジョンボン06:5007:50喜雲閣山荘08:0009:10陽瀑山荘09:2011:10飛仙台11:3012:40雪岳洞G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
寒渓嶺から北西陵線までは急な登り
北西陵線からクッチョンまでは大きな岩場があり、時間の割り距離が稼げない
クッチョンから中青山荘、雪岳洞へは歩きやすい道
その他周辺情報前夜 五色温泉グリーンヤードホテル
中青山荘(山小屋)
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 食器 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
共同装備 ガスカートリッジ コンロ コッヘル

写真

前夜五色温泉(オセクオンチョン)のグリーンヤードホテルコンド部屋に宿泊。
そこからバスで標高920mの寒渓嶺(ハンゲリョン)休憩所に送ってもらいます。五色温泉が430mなので、かなり登ったことになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前夜五色温泉(オセクオンチョン)のグリーンヤードホテルコンド部屋に宿泊。
そこからバスで標高920mの寒渓嶺(ハンゲリョン)休憩所に送ってもらいます。五色温泉が430mなので、かなり登ったことになります。
1
登山口、いきなり高さのある階段でヒーヒーフーフー
百八階段と書いてありますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口、いきなり高さのある階段でヒーヒーフーフー
百八階段と書いてありますね。
百八階段はつらかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百八階段はつらかった。
山あり谷あり、下ることしばしば
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山あり谷あり、下ることしばしば
寒渓嶺から2時間20分で北西陵線分岐に出ました。
大汗かいています
大青峯まで6km
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒渓嶺から2時間20分で北西陵線分岐に出ました。
大汗かいています
大青峯まで6km
1
クッチョンはあの山のさらに向こうだそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クッチョンはあの山のさらに向こうだそうです。
1
トリカブトがたくさん咲いています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトがたくさん咲いています
1
北西陵線の分岐からここまでは大きな岩を登る道で、時間割りにはなかなか距離が稼げません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西陵線の分岐からここまでは大きな岩を登る道で、時間割りにはなかなか距離が稼げません。
クッチョン前の紅葉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クッチョン前の紅葉。
14:30やっとクッチョンです。
ここまで寒渓嶺から歩き始めて6時間かかりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:30やっとクッチョンです。
ここまで寒渓嶺から歩き始めて6時間かかりました。
頂上が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上が見えてきました
「ほら頂上が見えるよ!」と励ましています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ほら頂上が見えるよ!」と励ましています
1
頂上の大青峯が見えます。
左のコルに今夜泊まる中青山荘があります。
ちょうど樹に隠れて見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の大青峯が見えます。
左のコルに今夜泊まる中青山荘があります。
ちょうど樹に隠れて見えません。
中青峯の分岐
左の寒渓嶺(ハンゲリョン)から7.7kmは遠かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中青峯の分岐
左の寒渓嶺(ハンゲリョン)から7.7kmは遠かった
もうすぐ中青山荘というあたり、
紅葉がきれいでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ中青山荘というあたり、
紅葉がきれいでした
1
雪岳山、大青峯(テジョンボン)1708m
やっと着きました。

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪岳山、大青峯(テジョンボン)1708m
やっと着きました。

1
山荘の前、向こうが頂上
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘の前、向こうが頂上
山荘前にはこのような台が6台あって、その上に座っても可、テーブルにしても可という感じです。
日本人は椅子が欲しい〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘前にはこのような台が6台あって、その上に座っても可、テーブルにしても可という感じです。
日本人は椅子が欲しい〜。
1
韓国の友達はラーメン作り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
韓国の友達はラーメン作り。
1
今夜のメニューはモンベルアルファ米を戻し、そこへ散らし寿司も素をいれ、錦糸卵と海苔を飾るという豪華なもの(写真なく残念)
韓国の友達にも口当たりが良く好評でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜のメニューはモンベルアルファ米を戻し、そこへ散らし寿司も素をいれ、錦糸卵と海苔を飾るという豪華なもの(写真なく残念)
韓国の友達にも口当たりが良く好評でした。
1
山荘の内部。番号が配られてその番号が自分の場所。
右が女性左が男性でしたが、仕切りなどはありません。
韓国の友達の予約が早かったお陰で全員1階でした。
9時消灯、朝5時には明りがつきました。
毛布を2枚に折って寝ましたが、硬くて皆寝付けない様子でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘の内部。番号が配られてその番号が自分の場所。
右が女性左が男性でしたが、仕切りなどはありません。
韓国の友達の予約が早かったお陰で全員1階でした。
9時消灯、朝5時には明りがつきました。
毛布を2枚に折って寝ましたが、硬くて皆寝付けない様子でした
2
山荘の料金表
オンシーズン(5/1〜11/30)
8000ウオンと毛布(タムニョ)2枚で2000ウオン
合計10000ウオン
日本の北アルプスとはえらい違い。
完全予約制なので、1組の布団に2人はありえません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘の料金表
オンシーズン(5/1〜11/30)
8000ウオンと毛布(タムニョ)2枚で2000ウオン
合計10000ウオン
日本の北アルプスとはえらい違い。
完全予約制なので、1組の布団に2人はありえません。
唯一の水場で右側の蛇口しか水が出ませんでした。
洗い場もないので少し戸惑います。
顔もサッサッと洗いました。
水はおいしかったです。
「自分のゴミは持ち帰ってください」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一の水場で右側の蛇口しか水が出ませんでした。
洗い場もないので少し戸惑います。
顔もサッサッと洗いました。
水はおいしかったです。
「自分のゴミは持ち帰ってください」
6:20
東海(トンへ)からの日の出です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:20
東海(トンへ)からの日の出です。
1
恐竜陵線です。
ゴジラの背中みたいにゴツゴツで登ったり降りたり大変そう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐竜陵線です。
ゴジラの背中みたいにゴツゴツで登ったり降りたり大変そう
小青峯(ソジョンボン)過ぎたところのビューポイント
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小青峯(ソジョンボン)過ぎたところのビューポイント
朝日に照らされて紅葉がきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に照らされて紅葉がきれいです。
1
7:50喜雲閣(フィウンガク)で休憩。
皆朝ごはんにラーメンを作っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:50喜雲閣(フィウンガク)で休憩。
皆朝ごはんにラーメンを作っていました。
1
喜雲閣(フィウンガク)を少し過ぎた分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喜雲閣(フィウンガク)を少し過ぎた分岐
左へ陽瀑山荘(ヤンボク)0.9km
飛仙台(ピソンデ)4.4km
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左へ陽瀑山荘(ヤンボク)0.9km
飛仙台(ピソンデ)4.4km
9:10陽瀑山荘ヤンボク山荘で休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:10陽瀑山荘ヤンボク山荘で休憩
飛仙台(ピソンデ)3.5km
雪岳洞(ソラクドン)6.5km
長い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛仙台(ピソンデ)3.5km
雪岳洞(ソラクドン)6.5km
長い!
千仏洞渓谷(チョンブルトンケコク)を見ながらひたすら階段をくだります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千仏洞渓谷(チョンブルトンケコク)を見ながらひたすら階段をくだります。
だんだん緩やかになってきた。
韓国の友達からマッコリ、マッコリで励まされる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん緩やかになってきた。
韓国の友達からマッコリ、マッコリで励まされる
11:10飛仙台(ピソンデ)には売店2、3軒あり、とりあえずマッコリで乾いた喉を潤します。
指差す方向にはロッククライミングをしている人達がいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:10飛仙台(ピソンデ)には売店2、3軒あり、とりあえずマッコリで乾いた喉を潤します。
指差す方向にはロッククライミングをしている人達がいます。
マッコリとキムチジョン 
ほんのり甘酸っぱいくて、何杯でもいけそうです。
下山には早いのですが、おやつにマッコリで乾杯!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マッコリとキムチジョン 
ほんのり甘酸っぱいくて、何杯でもいけそうです。
下山には早いのですが、おやつにマッコリで乾杯!
1
新興寺(シンホンサ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新興寺(シンホンサ)
権金城へロープウエイ(韓国ではケーブルカー)がかかっています。土曜日なので観光客でにぎわっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権金城へロープウエイ(韓国ではケーブルカー)がかかっています。土曜日なので観光客でにぎわっていました。
12:40売票所 チケットオフィス
ここから登る時に支払います
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:40売票所 チケットオフィス
ここから登る時に支払います
さようなら アンニョンイカセヨ!
ゲートです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さようなら アンニョンイカセヨ!
ゲートです
雪岳洞からバスで10分ほどの尺山温泉で汗を流します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪岳洞からバスで10分ほどの尺山温泉で汗を流します
1
尺山温泉からバスで5分ほどのスンドゥブ・マウル(村)でもちろんスンドゥブを食べました。自分で醤油タレをスプーンでかけてます。胃に染み渡り疲れが取れました。8000ウオン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尺山温泉からバスで5分ほどのスンドゥブ・マウル(村)でもちろんスンドゥブを食べました。自分で醤油タレをスプーンでかけてます。胃に染み渡り疲れが取れました。8000ウオン
1

感想/記録

 韓国第3番目に高い山、憧れの雪岳山へ。
最高峰の大青峯へは日帰りルートもありますが、ゆっくり登れるようにと韓国の友達が中青山荘の予約を必死に取ってくれたお陰で今回の山行が実現しました。
 日本と違い国立公園内の山荘は完全予約制。半月前の9月1日9時丁度に子供まで動員して予約の電話をしたそうです。電話1人に4人まで名前も登録するそうで、6人がかりです。日本のような店員オーバーはありえず、ゆっくりとしたスペースが確保できます。毛布2枚付きで1万₩とは格安です。食事はなく自炊で雨天に備え自炊場も完備しています。ただ水場には流しがないので、水を出していいのか???でした。
 登山道は古タイヤを張り詰めた階段で歩きやすいのですが、前半のクッチョンまでは大岩が多く距離の割りには時間がかかりました。山荘から雪岳洞までメインルートのチョンブルトン渓谷は歩きやすく水墨画の世界を眺めながら歩けました。
 韓国登山の醍醐味はお疲れ様のマッコリ!。まずはビールの日本人も満足でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1136人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ