また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 5074598 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

長岡京市の境界線上を歩く

情報量の目安: A
-拍手
日程 2023年01月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち小雨
アクセス
利用交通機関
徒歩
経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:43
距離
7.5 km
登り
655 m
下り
498 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間34分
休憩
10分
合計
5時間44分
Sスタート地点10:4512:10小倉神社分岐12:12小倉山12:1312:23十方山12:3216:27柳谷観音第二駐車場16:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

ここから竹林に入ります。近くで整備作業してる人がいますので、こっそりと。
2023年01月08日 10:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから竹林に入ります。近くで整備作業してる人がいますので、こっそりと。
2
芸術的な曲線を描く竹があったりするが、
2023年01月08日 11:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芸術的な曲線を描く竹があったりするが、
荒れた竹林を進むのはやっぱりしんどい。
2023年01月08日 11:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れた竹林を進むのはやっぱりしんどい。
1
竹林を抜けて広葉樹林帯に入る。木の間隔が広がって、登る際の手がかりが乏しくなる。
2023年01月08日 11:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹林を抜けて広葉樹林帯に入る。木の間隔が広がって、登る際の手がかりが乏しくなる。
道はあったりなかったり。
2023年01月08日 11:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はあったりなかったり。
小倉神社参道につながる道にぶつかる。ここからはハイキングコースが続く。
2023年01月08日 11:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉神社参道につながる道にぶつかる。ここからはハイキングコースが続く。
小倉神社からのメインルートにつながる。
2023年01月08日 11:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉神社からのメインルートにつながる。
見たことのない椅子。ここに生えてた木じゃなく、持ってきて埋め込んだらしい。
2023年01月08日 11:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見たことのない椅子。ここに生えてた木じゃなく、持ってきて埋め込んだらしい。
脇道がある。旧小泉川につながる小川へ向かうらしい。
2023年01月08日 11:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脇道がある。旧小泉川につながる小川へ向かうらしい。
竹箒が立てかけてあった。このルートで整備用具を見たの、初めて。
2023年01月08日 12:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹箒が立てかけてあった。このルートで整備用具を見たの、初めて。
この奥にも脇道があった。どこに向かうのかは不明。
2023年01月08日 12:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この奥にも脇道があった。どこに向かうのかは不明。
小倉神社分かれの休憩所だが、休憩せずにスルー。
2023年01月08日 12:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉神社分かれの休憩所だが、休憩せずにスルー。
小倉山のちょっと東の分岐。わかりにくいが、浄土寺林道につながる。
2023年01月08日 12:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山のちょっと東の分岐。わかりにくいが、浄土寺林道につながる。
十方山。ここも素通りし、西側斜面を降りる。
2023年01月08日 12:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十方山。ここも素通りし、西側斜面を降りる。
一部、ナワシロイチゴのブッシュがじゃましてるところがあったので、地下茎ごと、除去。
2023年01月08日 12:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部、ナワシロイチゴのブッシュがじゃましてるところがあったので、地下茎ごと、除去。
沼地へ降りる。ここからが少々厄介なルートになる。
2023年01月08日 12:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼地へ降りる。ここからが少々厄介なルートになる。
丈の高い笹が生い茂り、中央に水路が走って足元はぬかるむ。
2023年01月08日 13:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丈の高い笹が生い茂り、中央に水路が走って足元はぬかるむ。
沼地でかつて何を作ってたのかは不明だけど、農機具やハウスのパイプが残っている。
2023年01月08日 13:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼地でかつて何を作ってたのかは不明だけど、農機具やハウスのパイプが残っている。
島本町のみどりの日記念の森方面へ向かう。荒れたルートながら、テープはまめにつけてくれている。
2023年01月08日 13:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
島本町のみどりの日記念の森方面へ向かう。荒れたルートながら、テープはまめにつけてくれている。
記念の森はあまり整備されておらず、適度に荒れている。
2023年01月08日 13:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念の森はあまり整備されておらず、適度に荒れている。
ところどころ、コース表示はあるんですけど。
2023年01月08日 13:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ、コース表示はあるんですけど。
府道734号に出ようとしたが、崖。
2023年01月08日 13:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
府道734号に出ようとしたが、崖。
降りられるところを探し回ってここから出た。
2023年01月08日 14:04撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りられるところを探し回ってここから出た。
ここが府道の京都府・大阪府の境目。
2023年01月08日 14:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが府道の京都府・大阪府の境目。
府道からさらに北上。竹林のフェンスかと思うが、越えていく。
2023年01月08日 14:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
府道からさらに北上。竹林のフェンスかと思うが、越えていく。
ここもテープは多数あり、たすかる。
2023年01月08日 14:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもテープは多数あり、たすかる。
再び府道734号へ。
2023年01月08日 14:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び府道734号へ。
柳谷観音までの案内地蔵。四丁とある。柳谷観音へ向かうと三丁、二丁、一丁と連なる。
2023年01月08日 14:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柳谷観音までの案内地蔵。四丁とある。柳谷観音へ向かうと三丁、二丁、一丁と連なる。
有心講先亡霊碑だけど、石像が気になっている。右は軍荼利明王?左は?
2023年01月08日 14:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有心講先亡霊碑だけど、石像が気になっている。右は軍荼利明王?左は?
境界線上にどかっと広いエリアが占有されている。やむなく大きく回り込む。
2023年01月08日 15:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境界線上にどかっと広いエリアが占有されている。やむなく大きく回り込む。
堰堤らしき大きな設備がある。迷って右側へ。
2023年01月08日 15:05撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤らしき大きな設備がある。迷って右側へ。
杉林の一本道。だけど境界線は左の山の上。楽な道を選んだ。
2023年01月08日 15:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林の一本道。だけど境界線は左の山の上。楽な道を選んだ。
1
下界が垣間見える。
2023年01月08日 15:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界が垣間見える。
舗装された道に出た。こんな道があるなんて知らなかった。
2023年01月08日 15:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装された道に出た。こんな道があるなんて知らなかった。
その道から境界線上らしきルートを発見。
2023年01月08日 15:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その道から境界線上らしきルートを発見。
府道79号に出た。知らないルートだった。
2023年01月08日 16:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
府道79号に出た。知らないルートだった。
柳谷観音の駐車場方面へ向かう。林道が縦横に走り、変わり果てていた。元の道がわからなくなった。
2023年01月08日 16:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柳谷観音の駐車場方面へ向かう。林道が縦横に走り、変わり果てていた。元の道がわからなくなった。
林道ができると、どこからともなく生えてくるトゲトゲのナワシロイチゴ。今日は時間ないので見逃しといたる。
2023年01月08日 16:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ができると、どこからともなく生えてくるトゲトゲのナワシロイチゴ。今日は時間ないので見逃しといたる。
いつもと違う出口。
2023年01月08日 16:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもと違う出口。
鍵がかかってる。
2023年01月08日 16:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍵がかかってる。
と思ったら、ちゃんとエスケイプルートを用意してある。
2023年01月08日 16:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら、ちゃんとエスケイプルートを用意してある。
1
今日はここまで。続きは後日。
2023年01月08日 16:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここまで。続きは後日。
1
撮影機材:

感想/記録

長岡京市の境界線上を歩いてみようと思いました。街中では敷地内に侵入することになるので、基本的には山中のみ。
よく見ると地理院地図とGoogleマップでは境界線の位置がかなり違ってます。Googleマップのほうが正しいと信じて、そちらを辿るよう心がけました。

けっこう距離があって、自分の体力では全ルートを一日で歩き通すのは無理と判断しました。
とりあえずは、行けるところまで行こう、ということにして出発。
三分の二ぐらいは歩けたかな、という気がします。

探索してると知らない道がいくつも出てきます。ルートもどんどん移り変わっていくし、調べる必要を感じます。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:85人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ