また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 508620 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

倉岳山・高畑山

日程 2014年09月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
JR梁川駅下車
JR鳥沢駅乗車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間28分
休憩
0分
合計
5時間28分
S梁川駅08:3909:01倉岳山登山口10:26立野峠11:03倉岳山11:38穴路峠11:45天神山12:12高畑山(楢山)13:32穴路峠分岐14:07鳥沢駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
倉岳山頂上直前・直後の急坂、高畑山から下山する場合(*1)の、下山直後から石仏(*2)までの急坂は、膝への負担が大きいように思う。
*1:頂上から北面の行程で
*2:穴路峠から下ってくる道と合流する地点
その他周辺情報鳥沢駅に向かう場合、高畑山から甲州街道までは住宅街を歩く。案内板もあるが初めての人は迷いそうになるので要注意か。甲州街道から鳥沢駅は交通量の多い道のため、これもまた要注意。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

梁川駅前から。この坂を下って右に曲がると(左手に)、桂川に架かる柳川大橋が見える。これを渡る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梁川駅前から。この坂を下って右に曲がると(左手に)、桂川に架かる柳川大橋が見える。これを渡る。
梁川大橋を渡り、これに続く道を<迷わず>進む(こと!)。
2014年09月13日 08:42撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梁川大橋を渡り、これに続く道を<迷わず>進む(こと!)。
1
梁川大橋から続く舗装道路は、この案内板が見るまで進む。
2014年09月13日 09:01撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梁川大橋から続く舗装道路は、この案内板が見るまで進む。
案内板の左手から山に入る。
2014年09月13日 09:01撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板の左手から山に入る。
山中に入るとすぐ水音が聞こえてる。月夜根沢だ。これに沿って登ることになる。
2014年09月13日 09:09撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山中に入るとすぐ水音が聞こえてる。月夜根沢だ。これに沿って登ることになる。
1
植相が奥多摩方面とは違うなと感じる。
2014年09月13日 09:17撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植相が奥多摩方面とは違うなと感じる。
1
かえるくん、山梨を救うか?
2014年09月13日 09:24撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かえるくん、山梨を救うか?
この大きな木の下に、随分きれいな(鮮度が高い?)栃の実が落ちていた。
2014年09月13日 09:43撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この大きな木の下に、随分きれいな(鮮度が高い?)栃の実が落ちていた。
1
かえるくん 2
2014年09月13日 09:49撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かえるくん 2
10:07、水場。飲用不可とのこと。月夜根沢はここら辺りまでなのだろう。ここを後にすると急に水音がなくなる。
2014年09月13日 10:08撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:07、水場。飲用不可とのこと。月夜根沢はここら辺りまでなのだろう。ここを後にすると急に水音がなくなる。
柔らかい日差し、木の間から見える景色、さわやかな気候と、言うことなしのひととき。
2014年09月13日 10:26撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柔らかい日差し、木の間から見える景色、さわやかな気候と、言うことなしのひととき。
2
10:26、立野峠。写真右下から登ってきて、これから左上に上る。
2014年09月13日 10:28撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:26、立野峠。写真右下から登ってきて、これから左上に上る。
11:03、倉岳山(990M)から北側を望見する。
2014年09月13日 11:03撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:03、倉岳山(990M)から北側を望見する。
2
倉岳山頂上から。富士山は雲の向こう。
2014年09月13日 11:03撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉岳山頂上から。富士山は雲の向こう。
2
倉岳山頂上から天神山・高畑山に向かう急坂。ステッキを使っても良かった。
2014年09月13日 11:17撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉岳山頂上から天神山・高畑山に向かう急坂。ステッキを使っても良かった。
2
向こうに見るは高畑山か。
2014年09月13日 11:33撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに見るは高畑山か。
どれくらいの急坂加減か…
2014年09月13日 11:33撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どれくらいの急坂加減か…
11:38、穴路峠。写真右側を降りて鳥沢駅に出ることが出来る。
2014年09月13日 11:38撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:38、穴路峠。写真右側を降りて鳥沢駅に出ることが出来る。
穴路峠。写真左側が倉岳山、右側が高畑山、正面向こう側が秋山村。手前(撮影者側)の道を下って鳥沢駅に向かうことも出来る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴路峠。写真左側が倉岳山、右側が高畑山、正面向こう側が秋山村。手前(撮影者側)の道を下って鳥沢駅に向かうことも出来る。
豪快な倒木。先にはまだ緑の葉がついている。比較的最近のものだろうか。
2014年09月13日 11:43撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豪快な倒木。先にはまだ緑の葉がついている。比較的最近のものだろうか。
天神山(876M)から見た北側の風景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神山(876M)から見た北側の風景。
1
高畑山から西側を望見する。写真中央、ふもとにブリティッシュガーデンゴルフ場が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高畑山から西側を望見する。写真中央、ふもとにブリティッシュガーデンゴルフ場が見える。
1
高畑山頂上の様子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高畑山頂上の様子。
2
ハナムグリ(?)。高畑山頂上にて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナムグリ(?)。高畑山頂上にて。
高畑山頂上から。富士山はやはり雲の向こう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高畑山頂上から。富士山はやはり雲の向こう。
1
ステッキを使って下山途中、木洩れ日を反射する葉が目を射る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ステッキを使って下山途中、木洩れ日を反射する葉が目を射る。
倉岳山登山口から高畑山下山途上まで、ずっといたるところにさまざなキノコが生えており、驚くばかりだった。写真のものはシロオニタケ(だと思う)。これも良く見かけた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉岳山登山口から高畑山下山途上まで、ずっといたるところにさまざなキノコが生えており、驚くばかりだった。写真のものはシロオニタケ(だと思う)。これも良く見かけた。
このキノコが一番多く見かけた。ビニール袋にたくさん詰めた人と行き違うが、食用なのだろうか。ハナイグチ? ヌメリイグチ?チチアワタケ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このキノコが一番多く見かけた。ビニール袋にたくさん詰めた人と行き違うが、食用なのだろうか。ハナイグチ? ヌメリイグチ?チチアワタケ?
倒木 3。この後少ししてくらいから、つまり高畑山頂上を下山し始めて50分くらいたったころから、膝が、両方とも、痛くなってくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木 3。この後少ししてくらいから、つまり高畑山頂上を下山し始めて50分くらいたったころから、膝が、両方とも、痛くなってくる。
案内書に「石仏」とある。穴路峠から下山する道との合流地点。
高畑山頂上からこの「石仏」まで50-60分。急坂が多く、膝にはきつい。沢の音が聞こえる。
2014年09月13日 13:32撮影 by PENTAX Optio W20, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内書に「石仏」とある。穴路峠から下山する道との合流地点。
高畑山頂上からこの「石仏」まで50-60分。急坂が多く、膝にはきつい。沢の音が聞こえる。
「石仏」から少し歩いたところで沢に降り(といっても40cm位)、しばし休憩する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「石仏」から少し歩いたところで沢に降り(といっても40cm位)、しばし休憩する。
1
かえるくん 3_3。私が立ち去るまでほとんど動かず。ザックを担いで1-2歩進んで振り返ると、早速逃げ出そうとしていた…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かえるくん 3_3。私が立ち去るまでほとんど動かず。ザックを担いで1-2歩進んで振り返ると、早速逃げ出そうとしていた…
3
高畑山登山口(?)。「石仏」からここまではほとんど平らな道である。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高畑山登山口(?)。「石仏」からここまではほとんど平らな道である。
住宅街から扇山(1138M)を望見
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅街から扇山(1138M)を望見
5
住宅街にあるもの
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅街にあるもの
甲州街道。町並みは、かつての宿場街(下鳥沢宿、上鳥沢宿)を思わせる。交通量が多くて閉口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲州街道。町並みは、かつての宿場街(下鳥沢宿、上鳥沢宿)を思わせる。交通量が多くて閉口。
1
JR鳥沢駅ホームから。倉岳山なのか、高畑山なのか不明
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR鳥沢駅ホームから。倉岳山なのか、高畑山なのか不明
2

感想/記録

倉岳山、高畑山ともに1000mに満たない低山とはいえ、なかなか魅力に満ちたハイキングhikingが楽しめる。月夜根沢の水場を右にして左折し登るあたり(立野峠の少し手前くらい)から立野峠、そして立野峠からの尾根道は、右、左の両側とも木々の間から遠くの風景が望見でき、爽快である。また、倉岳山から穴路峠、天神山を経て高畑山に至る行程はアップ・ダウンup downに富んでおり、とはいえ足慣らしには適当なもので、これも快適といえる。人の少ないのもとてもよい。難点は、久しぶりのハイキングのときだと、膝に応える急坂があること。倉岳山の場合は上りも下りも頂上付近の急坂が、高畑山は北面からの下山路の急坂が、今回は<効いたendommagé>ようだ。

訪問者数:4873人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック 水場 倒木
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ